8時だヨ!全員集合(荒井注時代)



1969年から85年まで放送され国民的人気番組と言われたザ・ドリフターズの「8時だヨ!全員集合」(TBS)。
でも私が好きだったのは、まだ荒井注さんがいて、加トちゃんこと加藤茶さんがメインのオチを取っていた時代だけです。なので注さんのいない(志村けんメインの)ドリフのVTRを見ると、いまだに"これはドリフじゃない"と反射的に思ってしまいます。志村が加入してからの方が、はるかに長いのですけどね。幼児期の原印象は、なかなか変わらないもんです。
注さんが抜けた頃から裏番組の「欽ドン」、更にNHKの「刑事コロンボ」や「土曜ドラマ」へと流れて行ったので、志村けんがブレイクして以降の全員集合は殆ど見ていません。たまに見ても、加トちゃんが志村の引き立て役に甘んじている姿に違和感を覚えるばかり。
そもそも、加トちゃんと志村とではタイプが逆です。加トちゃんは基本的に「弱者」「いじめられっ子」の役割。それゆえ「権力者」のいかりや長介さんに抑圧される加トちゃんに子供たちはシンパシーを抱いたし、その加トちゃんが長さんに逆襲してやり込める姿にカタルシスを感じたのです。これに対して志村は、彼自身が強者であり、リーダータイプの「ミニいかりや」なんですね。従って長さんとの関係も単に現リーダーと次期リーダーの覇権争いにしか見えないので、面白くも何ともなかったし、むしろ志村に虐待される長さんが可哀相に思えてしまいました。いい悪いは別にして、志村の加入以前と以後でドリフ、全員集合は全く質の違うグループ、そして番組になってしまったと思います。
志村の加入以前は、長さんと互角に渡り合っていたのが荒井注さんでした。従って注さんは子供たちにも人気がありました。何しろ、絶対的人気を誇る加トちゃんも敵わない権力者の長さんに臆せず、ふてぶてしく対等に歯向かって行くキャラクターなのですから(最終的には頭が上がらないにしても)。注さんの人気の高さは、当時ドリフで加トちゃん以外に流行ギャグを持っていたのが注さんだけであることからも窺えます。元祖逆ギレ芸とも言える「なんだバカヤロウ」。そしてあの"This is a pen"。たぶん私ぐらいの年代の大部分は、注さんの"This is a pen"で英語を初めて覚えたと言っても過言でないでしょう。
この"This is a pen"はフレーズだけが有名になりすぎたので、そもそもどういうシチュエーションで発せられたギャグだったのかを忘れている人も多いかと思いますが、実際はこんな感じでした。
国連のような国際会議の場で、各国代表が居並ぶ真ん中に座っている日本代表の荒井注さん。各国代表は盛んに議論していますが、英語の喋れない注さんはずっと沈黙したまま。やがて白熱してきた各国代表は、ひとり黙りこくっている注さんに気がつき、「JAPAN!」「JAPAN!!」と連呼しながらいっせいに詰め寄り発言を求めます。緊迫した雰囲気の中で返事に窮した注さん、やにわ立ち上がると、何を言い出すかと思ったら万年筆を手に取って「This is a pen!」
…とまあ、文字で書いてもなかなか面白さが伝わらないのですが、「自己主張が苦手」「英語が苦手」と言う日本人のイメージを風刺した題材に加えて、普段はふてぶてしい荒井注さんが追い詰められて苦し紛れに初等英語を発すると言う落差に妙味があるので、仮に他の人が演じてもあまり面白くないんですね。
それにしてもメンバーから散々ハゲをからかわれ続けていた注さんですが、そのたたりか、晩年の長さんや後釜の志村の方がよっぽど禿げ上がっちゃったのは皮肉です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
スポンサーサイト

クレージーの待ッテマシタ! & クレージーの奥さ~ん!

クレージーキャッツ繋がりでこの番組も思い出した。
「クレージーの待ッテマシタ!」(1972~73年)と「クレージーの奥さ~ん!」(1973~76年)。
フジテレビで平日に毎日放送されていた、5分間コント番組である。
記憶では、「待ッテマシタ!」と同じ枠で直接の後番組として「奥さ~ん!」が始まったような気がしていたが、調べてみると、「待ッテマシタ!」は夜の20時56分から21時、「奥さ~ん」は昼間の15時55分から16時の放送だったらしい。いずれもグループとしてのクレージーが様々なシチュエーションで風刺コントを演じるものだったと思うのだが、あまりはっきり覚えていない。
「待ッテマシタ!」の方は、「クレージーの、待ッテマシタ!」のタイトルコールに続き、「♪パッパラッパ パッパッパラパ~ パッパラッパ パッパッパラパ~」と言うトランペット(と言うより、谷啓さんのトロンボーン?)のテーマ曲で番組が始まったことだけは記憶している。
「奥さ~ん!」の方は、タイトル通りクレージーの面々が奥さんに扮して日常コントを繰り広げ、最後に植木等さん扮する謎のオヤジが乱入してハラホレヒレハレ…と言う、例のパターンで終わる設定が多かったような気がする。時間的に、寄り道をしなければちょうど学校から帰宅する時間帯だったので、何度か見たことはあるのだが、あまり強い印象に残っていない。
ちなみにクレージーキャッツの、グループとしてのレギュラー番組はこの「奥さ~ん!」が最後になったらしい。だったらもっとよく見ておけばよかった…なんて30年も経ってから思ってもしょうがないのだが、これも映像が残っていないのか、あまり取り上げられることのない幻の番組ではある。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

8時だョ!出発進行

クレージーキャッツの谷啓さんが亡くなった。
これで谷さん、ハナ肇さん、植木等さん、安田伸さん、石橋エータローさん…5人が逝ってしまい、残るメンバーは犬塚弘さんと桜井センリさんだけになってしまった。
亡くなったことは残念だが…、ただビデオ等の映像によって、往年の谷さんやクレージーの活躍は今後も未来永劫、楽しむことはできる。
尤も、残っていない映像も数多くある。そこで思い出したのが、「8時だョ!出発進行」(1971年、TBS)のこと。後年、当時の子供たちが「あれ何だったの?」と思い起こすことになる、不思議な番組、いや出来事だった。
と言うのもその頃、既に人気番組になっていたザ・ドリフターズの「8時だョ!全員集合」が突如最終回を迎え、翌週からクレージーキャッツ出演による同種の公開コント番組「8時だョ!出発進行」に代わってしまったのだ。これは「全員集合」ファンだった子供たちにとっては衝撃的な「事件」だった。
確か、「全員集合」の最終回にはクレージーが、そして「出発進行」の第1回目にはドリフが、それぞれゲスト出演していた。つまりクレージーとドリフ、植木さんとカトちゃんによる、今にして思えば「夢のコント共演」もあったのだ。
…が、当時幼かった私には、その「価値」がわかるわけもない。何しろ、楽しみにしていた「全員集合」が終わってしまい、何だかあまり馴染みのないオジサンたち(=クレージー)に代わってしまったのだから。
おぼろげだが、「出発進行」のクレージーは「全員集合」を受け継いだ、ドリフと同じようなノリでコントを演じていたように記憶している。しかしそれは幼心にもオジサンたちが「無理して」演じているようにしか見えなかった。それもそのはず。
もともとクレージーは「おとなの漫画」や「シャボン玉ホリデー」、或いは映画の「無責任シリーズ」のように、風刺を含んだ、洒落た「大人の笑い」で人気を博してきたグループ。一方、ドリフはどう見たって「子供向け」である。例えばうちの親なども、御多分に漏れず世のPTAと同様にドリフは毛嫌いしていたが、クレージーのことは面白いと言って認めていた。しかし子供にとっては大人が認めるようなものはだいたいつまらないに決まっている。私もクレージーの面白さがわかるようになったのは、だいぶ後になってからだった。と言うわけで「出発進行」はイマイチ人気が出なかったらしく、僅か半年で終わってしまったのである。
ちなみに、「出発進行」の放送期間中、ドリフは日本テレビで「全員集合」と殆ど同工異曲の公開コント番組「日曜日だョ!ドリフターズ!!」に出演していた。だがこちらの方は殆ど見た記憶がない(たぶん裏番組の「カルピスまんが劇場」見てたんだろう)。そして「日曜日だョ!ドリフターズ!!」も半年で終わり、「出発進行」の後番組には「全員集合」がまた戻って来たのだ。なので、後で思い返して「あれって、一体何だったの?」と首を捻ってしまったのも、無理はないと言うものである。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

新日本紀行

1963年10月から82年3月まで放送された、NHKの紀行番組。
子供の頃、NHK大好きだった私にとっては忘れられない番組のひとつです。
別に毎週欠かさず観ていると言う訳ではなかったのにもかかわらず、テレビでやっている時はテーマ曲に吸い寄せられるように必ず観てしまいました。
そう、この番組と言えばやはり富田勲作曲のテーマ曲です。
心を洗われ、何故か理由もなく涙がにじんできてしまうような、日本人の琴線に触れる音楽を背景に映し出される、古きよき日本の姿。
この番組は、高度成長期の発展する日本において、失われていく様々な風景や物、そして人間のあり方などをあますところなく淡々と記録し、しみじみと映し出していたと思います。

さあ、それではあの懐かしいテーマ曲をもう一度聴いてみましょう。。。

(これは多分、2003年に放送されたテレビ50周年記念番組の中で演奏された時のものですね)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

みんななかよし(NHK教育)

http://www.youtube.com/watch?v=AFKpL3yNMC0
イントロとサビの部分の口笛にどことなく哀愁を感じるこのメロディ。小学生時代に道徳の授業で見ていたNHKの番組「みんななかよし」です。懐かしい。これは1985年頃までやっていたそうなので、知っているのは30代半ばぐらいまでの世代かな?冬(秋?)だと言うのに半ズボンの男の子がいるあたりに時代を感じます。ちなみにこれは小学中学年(3、4年生)向けの番組で、高学年(5、6年生)になると番組が変わり「明るいなかま」と言う同じような道徳番組を見せられていました。
ところでこの歌詞なんですが…

口笛吹いて 空き地へ行った
知らない子がやって来て「遊ばないか」と笑って言った
ひとりぼっちはつまらない 誰とでも仲間になって仲良しになろう
口笛吹いて 空き地へ行った
知らない子はもういない みんな仲間だ仲良しなんだ

私、これはてっきり「知らない子(よそ者)を無視する歌」だと思っていました^^;
だってぇ…見も知らぬ相手からいきなり「遊ばないか」(ニヤリ)って言われたら不気味ですもん。なのでその場は無視してやり過ごし、後で改めて空き地へ行ってみると、さっきの子はどっかへ行ってしまったので、ヤッター知らない子はもういない、みんないつもの仲間だけだー\(^O^)/と言う意味かと。その方が子供の頃の生活感情に即していたんですけど…って、そう思ったのは私だけ?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR