『小説吉田学校』と『自民党戦国史』

自民党の麻生派と山東派が合流して新派閥を結成するらしい。

麻生・山東派、合流へ…細田派に次ぐ第2派閥に(読売新聞)
麻生・山東派が合流へ=今国会終了後、谷垣Gからも―自民(時事通信)

尤も合流と言えば聞こえはいいが、事実上は麻生派が山東派を吸収合併すると言うことである。ある意味、歴史的な出来事だ。と言うのも「三木派の系譜を継ぐ自民党結党以来の派閥」が消滅するからだ。
「三木派」とは三木武夫元首相が結成した派閥である。自民党最左派に位置づけられ、1970年代は「三角大福中」と呼ばれた五大派閥の一角を占めていた。 その後、河本派-高村派-大島派-山東派と代替わりする中で弱体化し派閥の性格も変わってしまったが、今も三木派の流れを汲む派閥であることに違いはない。
一方の麻生派は池田勇人元首相が創設した宏池会(現・岸田派)から分裂した一派だ。その源流は麻生の祖父・吉田茂元首相である。三木は、吉田とその弟子たち「吉田学校」の政治家とは対立関係にあった。その両者が合併するのである。昭和の派閥オタク的には感慨深い。
そこで思い出すのはかつて自民党の派閥抗争史を描いたベストセラー『小説吉田学校』(戸川猪佐武)と『自民党戦国史』(伊藤昌哉)である。

1970年代は自民党の派閥抗争が最も激しかった時代だった。1972年の「角福戦争」に始まり74年の「田中金脈」、76年の「三木おろし」、78年の「大福戦争」、79年の「四十日抗争」、そして1980年の「ハプニング解散」。主役は三木武夫、田中角栄、大平正芳、福田赳夫、そして中曽根康弘の5人の実力者だ。彼ら「三角大福中」がそれぞれ派閥を率い時に味方となり時に敵に別れ、離合集散しながら毎年のように自民党を二分する党内抗争が勃発し、新聞やテレビで「田中派が」「福田派が」と語られない日はなかった。現実に日本の政治を左右していたのは派閥による権力闘争なのだ。ところが当時、自民党の派閥史を解説した本は皆無に等しかったと言っていい。政治史の本はあったが学者が難しい理屈を並べているだけで派閥のことは無視していたからだ。
yoshidagakko.jpg 唯一と言っていいのは、戸川猪佐武の『小説吉田学校』(流動出版)だった。昭和20年代の吉田茂と鳩山一郎の抗争に始まり、40年代の田中角栄と福田赳夫の抗争や直近までの派閥抗争史が小説仕立てでわかりやすく描かれていた。小説と言う形式をとっているが、基本的には事実を書いているわけだし、そして何より人物描写が面白い。 口をヘの字にへし曲げた頑固な吉田茂とか、三白眼の三木武吉、凄みを利かせる河野一郎、茶坊主の大麻唯男など、実物を目の前にほうふつとさせるかのようだった。後に大下英治などの亜流が「小説○○」と言う形の政治本を書いても面白くないのは、単なるレポートに過ぎず「小説」になっていないからだ。
ちなみに当時の出版元だった「流動出版」とはいわゆる総会屋系出版社である。経営者は右翼系でありながら『新左翼運動史』『現代革命運動事典』など左翼関係の本も出版していた。従ってマイナー出版社であり、『小説吉田学校』も最初は多くの眼に触れることはなかっただろう。
ところが1981年(昭和56年)、なんと『小説吉田学校』が既刊全7部に加え新たに第8部も書き下ろされた上で角川文庫に収録されたのである。しかもこの種の政治本としては異例のベストセラーとなり、1983年(昭和58年)には映画化までされてしまった。これにはびっくりだったが、言い換えればそれだけ自民党の派閥抗争に対する世間の関心が高かったのだろう。
jimintosengokushi.jpgそして翌1982年には自民党派閥抗争史を書いた本がもう一冊出版される。
それが伊藤昌哉の『自民党戦国史』(朝日ソノラマ)だ。この本もベストセラーになり、後に伊藤昌哉はTV番組「トゥナイト」の常連コメンテーターとなった。
ともに自民党派閥抗争史を描いているが、2冊は対照的な内容になっている。
『小説吉田学校』は小説と言う形式で外から客観的に派閥抗争を書いているかのように見えて、実は戸川猪佐武(元読売政治記者)は大の田中角栄シンパなので、角栄寄りの記述になっている。一方『自民党戦国史』の伊藤昌哉は池田首相の秘書官を務め、池田の死後は大平正芳の私的相談役として派閥の内側にいた人だ。しかも大平と田中が盟友関係でありながら伊藤自身は大のアンチ田中であり、むしろ田中のライバル福田赳夫と近しかった。福田内閣時代は大平との連絡役として官邸に送り込まれていたこともある。
つまり両書は派閥の内と外、アンチ田中と親田中と言う対照的な立場で書かれている。言い換えれば両方を読み比べることでより真実に近づけるのかもかもしれない。
『自民党戦国史』で個人的に一番興味を惹いたのは、伊藤の目を通して描かれた政治家たちの生の姿だ。表向き政界の実力者として気丈にふるまっている彼らも実は弱気で常に不安なのだ。特に驚いたのは、金光教の信者である伊藤の口を通じて伝えられる「神様のお告げ」を大平も福田も熱心に聞きたがっていたことである。と言っても別に彼らが神頼みで政治をやっていたわけではない。ただ最高権力者として常に決断を迫られている彼らは常に不安でもあり、何かにすがりたい心情の表れなのだろう。
それにしても今になって読み返すと、40年前の政治の話なのでさすがに時の流れを感じる。当時は「福田派総会で気勢を上げる若手の森喜朗、小泉純一郎」とか「田中派のヤングパワー小沢一郎」が後に首相や政界の大御所になるとは夢にも思わなかった。そう考えると「三角大福中」の一人でありながら今なお健在で憲法改正に執念を燃やす99歳の中曽根康弘は殆ど妖怪じみている。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ:

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

怪人二十面相

nijumensou.jpg前に書いたように、ポプラ社の「少年探偵・江戸川乱歩全集」旧版27巻以降(大人小説のリライト物)は5冊しか持っていないのですが、26巻まで(オリジナル少年物)は、当時のものが今でも21冊ばかり手元にあります。念のため記すと、欠けているのは18『魔法博士』19『灰色の巨人』20『魔人ゴング』23『悪魔人形』25『黄金の怪獣』の5冊です。全部揃わなかったのは、単にお小遣いが足りなかったからですが、この5冊を特に除外して買わなかった理由はよくわかりません。何となくつまらなそう、或いは表紙や挿絵が気に入らない(定番の柳瀬茂氏じゃない)、と言ったことからでしょうか。
それはさておき、先日からその21冊のうち何冊かチョイスして読み返していました。当たり前の話ですが、少年時代に読んでいた時のような感興はなかなか甦って来ません。特に後半期の作品、つまり怪人、電人、宇宙人などが跳梁跋扈する話は少し退屈です。どんな奇怪な化物が現れても、その正体が怪人二十面相であることはバレバレだし、宇宙人やロボットにしては、やることがみみっちい上に、最終目的は所詮明智小五郎と少年探偵団への復讐なんですから、ガックリです。この情けなさは、世界征服を謳いながら幼稚園バスを襲うショッカーの怪人を彷彿させるものがありますね^^;
それに比べると、戦前に書かれた初期の作品はまだしもグレードが高いです。だいたい、ポプラ社版を比較してみても、後半作の多くは大きな活字でページを組んで全体のぺージ量を増やして、薄い中身を誤魔化しているのですが、初期作品は小さい活字で1ページにびっしり。分量も内容も濃いです。
中でも『怪人二十面相』は第1作目と言うことで、子供向けとは言え乱歩も力が入っていたのでしょう、面白さは群を抜いています。

そのころ、東京中の町という町、家という家では、ふたり以上の人が顔をあわせさえすれば、まるでお天気の挨拶でもするように、怪人「二十面相」のうわさをしていました。

と、こんな書き出しで始まる『怪人二十面相』は、最初から二十面相と呼ばれる怪盗の存在を明示しています。単なる愉快犯に堕落してしまった後半期と違い、この頃の二十面相は美術品しか狙わず、犯行の際には必ず「予告状」を送りつけ、血を見るのが嫌いな正真正銘の「怪盗紳士」。その二十面相が羽柴家の財宝に目を付けるところから物語は始まるのですが、一方で、我らが名探偵・明智小五郎はまだ姿を現しません。明智は外国出張中と言うことで、代わりに「りんごのようなほおをした」美少年の助手・小林少年が登場します。この小林少年の活躍でひとまず盗難は阻止され、やがて中盤になって漸く明智が外国から戻って来て、登場します。しかもそこへ、外務省の役人に化けた二十面相が、大胆不敵にも明智を東京駅まで出迎えに現れるのですから、ボルテージは最高潮に上がります。ステーション・ホテルの一室で、二人っきりで明智と差し向かいになった二十面相は、さも親しげに語りかけるのです。

「明智さん、ぼくは、どんなにかきみに会たかったでしょう。一日千秋の思いで待ちかねていたのですよ」

対する明智も負けていません。

「ぼくこそ、きみに会いたくてしかたがなかったのです。汽車の中で、ちょうどこんなことを考えていたところでしたよ。ひょっとしたら、きみが停車場に迎えに来ていてくれるんじゃないかとね」

ああ、なんと格調の高い名場面でしょうか!…と、読んでいるこっちも思わず乱歩の語り口調になってしまうような^^;明智と二十面相との初コンタクトシーンの描写です。名探偵と怪盗が、表面はにこやかに談笑をかわしながら、腹の中で火花を散らす、息詰まる心理戦…。このあたりのくだりは、今読み返していても思わずワクワクしてくるのですから、子供時代に初読した時には、さぞかし心を躍らせたことでしょう。余談ですが、私はこの中の「一日千秋」と言う言葉を知って気に入ってしまい、当時、国語の作文では意味もなく連発していたような気がします^^;
物語の後半は、いよいよ明智と二十面相、「巨人」と「怪人」との、知力を尽くした直接対決。傍若無人にも国立博物館のお宝を全て頂戴すると予告し、真っ向から明智に挑戦して来た二十面相の恐るべき策略とは?迎え撃つ明智の秘策は?そして小林少年と少年探偵団の活躍は?…と言う訳で、最後まで盛り上がりにこと欠きません。
ちなみに「少年探偵団」はこの第1作目で、物語前半の登場人物・羽柴少年の音頭で小林少年を頭に仰いで結成され、ラストシーンの国立博物館前での二十面相捕縛に活躍しています。シリーズ定番の「明智先生ばんざーい、小林団長ばんざーい」による〆も既に始まっています。後年、上野の博物館に行った時には「ああ、ここで二十面相が逮捕されたのかぁ」と感慨深かったです^^;

にほんブログ村

関連タグ: 江戸川乱歩

文庫本あれこれ

現在は絶版のもの、版は重ねているが装丁が異なるものがあります。

o0250018712884252435.jpg
坂口安吾『不連続殺人事件』と『復員殺人事件』(角川文庫)
『不連続』の表紙は映画のスチール。たぶん10年以上この表紙が続いたんじゃないかと思うのですが、ATGのマイナー作品な上、あまりテレビで放送されたこともないので(私は一度観ましたが)殆どの読者に何の場面だかわからなかったのではないかと思うのですが^^;
『復員』は絶版みたいですね。

o0250018712884252436.jpg
三島由紀夫『仮面の告白』と『音楽』(新潮文庫)
新潮文庫の三島作品と言えばタイトルと名前を大書きしただけのシンプルな装丁が定番でしたが、最近のものはだいぶカラフルなデザインになっているようです。
ちなみにこちらは角川文庫の三島作品ですが、
o0250018712884252437.jpg
…なんで同じような装丁だったんでしょうか(笑)

o0250018712884252441.jpg
カミュ『太陽の讃歌』と『反抗の論理』(新潮文庫)
新潮文庫はこういうシンプルな装丁が多かったですね。現在は絶版です。
しかし俺、こんなの本当に読んだのかな^^;

o0250018712884252446.jpg
安部公房『幽霊はここにいる・どれい狩り』と『緑色のストッキング・未必の故意』(新潮文庫)
これも今、絶版なんですね。知りませんでした。うかうかしてると、みんな絶版になっちゃいますね。。。

o0250018712884252451.jpg
岡本綺堂『半七捕物帳』(旺文社文庫)
受験で有名な旺文社は昔、名作物を中心に文庫を出版していました(現在は廃刊)

o0250018712884252454.jpg
田河水泡『のらくろ漫画集(1)』(講談社・少年倶楽部文庫)とつげ義春『腹話術師』(講談社漫画文庫)
漫画の文庫本化のはしりとなったのが、たぶんこの「少年倶楽部文庫」ではなかったかと思います。
以後漫画を扱う出版社からは続々漫画文庫が創設されました。

にほんブログ村

関連タグ: 三島由紀夫

ミステリーあれこれ

別に珍しいものはありませんが、お慰みに載せときますね。

o0187025012884238950.jpg
『江戸川乱歩傑作選』(新潮文庫)
現在でも出版されていますが、装丁が違います。

o0187025012884238981.jpg
海野十三『美しき鬼』(ポプラ社)は「名探偵シリーズ」の第9巻。内容は海野十三の『蝿男』をリライトしたものです。右は『深夜の市長』(桃源社)

o0187025012884239008.jpgo0187025012884239015.jpg
『久生十蘭全集』(三一書房)第7巻(「十字街」等収録)と『魔都』(社会思想社・教養文庫)
久生十蘭、結構好きでしたね。

o0150020012884252402.jpgo0150020012884252392.jpg
o0150020012884252388.jpgo0300022512884239017.jpg
空前のブームとなった角川文庫の横溝正史作品。

o0187025012884239026.jpgo0187025012884239029.jpg
『横溝正史の世界』(徳間書店)と『探偵小説五十年』(講談社)
エッセイ集もでました。

o0187025012884239036.jpg
『死仮面』(カドカワノベルス)
こちらは横溝死去の直後に出された新刊。
「さよなら」の文字が悲しい…

o0187025012884239046.jpg
小栗虫太郎『黒死館殺人事件』(桃源社)
うー。実はこれ、いまだに読んでいない。。。

o0187025012884239051.jpgo0187025012884239063.jpg
『新青年傑作選』
戦前の探偵小説誌「新青年」の傑作選。左は立風書房版、右は角川文庫版

o0187025012884239078.jpg
『宝石推理小説傑作選』(いんなあとりっぷ社)
戦後の推理雑誌「宝石」の傑作選。
にほんブログ村

関連タグ: 江戸川乱歩 横溝正史

昭和54年版「江戸川乱歩全集」(講談社)

o0150020012884246772.jpgo0187025012884246773.jpg
現在では江戸川乱歩の全作品(小説、少年物、随筆、評論)を網羅した全集が文庫廉価版で容易に手に入りますが、私が乱歩を読み始めた当初は、ポプラ社の少年探偵シリーズのほかには春陽堂文庫版と角川文庫版、それと新潮文庫の『江戸川乱歩傑作選』があるぐらいでした。
しかし昭和54年に講談社から乱歩の全集(全25巻)が出版され始めました。
しかもこれはその10年前の昭和44年に出版されその後は絶版になっていた全集を増補した「決定版」とのこと。乱歩ファンとして買わずにはいられません。毎月980円×2冊ずつ配本で1960円ですから、その頃いくら小遣いを貰っていたか忘れましたが、当時の中学生としちゃ、結構高い買い物でしたね^^;
尤もこの全集、「決定版」と言いながら実は少年物と評論・随筆は一部しか収録されていません。なので数年後に同じ講談社から旧版をさらに増補した全集が、しかも文庫廉価版で出たときには、「騙された」と思いました^^;まあ、後から出る方がだんだん内容が充実していい物になっていると言うのは、よくある話ですが。
全集の内容は、1~15巻が「小説」、16~22巻が「評論・随筆」、23~25巻が「少年物」となっており、各巻毎に中島河太郎の「解題」と、著名な作家評論家らの「解説」が付き、イラストは古沢岩美、永田力、横尾忠則の各氏(ただし横尾氏のイラストは昭和44年版全集からの使い回し)でした。
o0187025012884246775.jpg
第1巻『屋根裏の散歩者』挟み込みの「月報」1。横溝正史が乱歩の思い出を書いています。

o0250018712884246777.jpg
全巻が揃った場合の箱の背の絵柄はこうなります。

o0187025012884246782.jpg
第3巻の箱帯に「江戸川乱歩ポスター」プレゼントの告知がありました。
応募しなかったので、どんなポスターが貰えたのか知りませんが…。

にほんブログ村

関連タグ: 江戸川乱歩
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR