マンガのくに(東京12チャンネル)その2

宇宙怪人ゴースト

宇宙ヒーロー・ゴーストと少年アラン、少女ケイト、猿のビッキーが宇宙の悪と戦うお話。ゴーストの黒マスク姿がどう見ても悪役ですw


ゴースト ゴースト ゴーゴーゴースト
かぎりない 宇宙に
かぎりない エネルギー
宇宙怪人ゴースト たたかえば勝つ 必ず
腕にたのみのUバンド
あふれる力はこれだ
アランも ケイトも ついてこい
ビッキーおくれるな(キーキーキーキー)
ゴースト ゴースト ゴーゴーゴースト
宇宙怪人ゴースト
宇宙怪人ゴーストー

かわいい魔女サブリナ

一見フツーの女子高校生、でも実は魔女であるサブリナが繰り広げる日常生活のお話。サブリナの吹き替えと主題歌は歌手の中村晃子さんでした。今聴くと結構シニカルな歌詞です。


笑うつもりが 笑われる
だますつもりが だまされる
どこか狂った この世の中は
魔女でもなければ 生きられぬ
あーあーあ 魔女 魔女
魔女よ 魔女よ 魔女魔女よ
私を魔女に してください
私を魔女に してください

ラムジーちゃん

正確には「ラムヂー」(Lambsy)のようです。子羊のラムジーを毎回オオカミが様々な姿に変装して捕まえようとするお話。ぴょんぴょん飛び跳ねるラムジーが可愛かったです。


ラムジー ラムジー かわいこちゃん
ラムジー ラムジー おちゃめちゃん
ラムジー ラムジー モテモテちゃん
ラムジー ラムジー あそぼうよ
へんしんオオカミ ぱっと出て
だますつもりが だまされる
ずっこけオオカミ こわいから
みちくさしないで かえろうよ

大魔王シャザーン

あまり覚えていないけど現代版アラビアンナイトみたいな話だったかな?「出てこいシャザーン」と呼ぶとシャザーンが「ハイハイサーご主人様」と登場しました。それにしてもヘンな歌詞w


とどろけ とどろけ 稲妻ゴーゴー
出て来い シャザーン 大魔王 シャザーン
へんへん へんてこりんな怪物を
とんとん とんこりんと退治する
オホホー オホホホホー
千人力が痛烈 僕らのシャザーン 強烈
ファイトでGO 行く手を守れ

怪獣王ターガン

ある惑星の王ターガンが、配下に従えた怪獣たちとともに、宇宙からの侵略者と戦うお話。中でも頼りになるのは「ヒューヒューとポーポー」と言う、いろいろな形に変形できるスライムみたいなお化け。はっきり言って「ヒューヒューとポーポー」さえいれば他の怪獣たちは要らないんじゃないかと思っていました。
主題歌は2パターンありました。


宇宙の平和を 乱すやつは 地獄の底へ つき落とせ
ターガン! ターガン! スーパー馬力の 怪獣王
行け! ダングロー!
リキラー がんばれ!
とべ! マリュー!
たのむぞ! ヒューヒュー ポーポー
ターガン! ターガン! 宇宙を守る
ターガン! ターガン! 僕らの味方

もうひとつは、


青く光ったアンドロメダは ぼくらの星の仲間たち
赤く燃えてるイカルス星は ぼくらの星のお友だち
宇宙の平和守るため 嵐の中を光のように
走れ 走れ 怪獣王

逃げろや逃げろ大レース

ネコの「オートキャット」とオートバイを走らせるネズミ「モーターマウス」の追いかけっこ。「ラムジーちゃん」とセットで放送していたようです。 主題歌を歌ったのは灘康次とモダンカンカン。


逃げろや逃げろ大レース
ニャンと言っても この僕ちゃんは ネズミ退治の大先生
別にあいつは憎くはないが これも仕事で しっかたないさ
スピード気違い かみなりネズミ モーターマウスをやっつけろ(それっ)
秘密兵器をジャンジャカつくり モーターマウスをやっつけろ(それっ)
なにがなんでも おいつめて 袋のネズミに したいけど
いつでもボクちゃん 袋のネコちゃん
「ニャーン」「バカ~ン」

突貫カメ君
リッピーとハーディー
ワニのワリー


自称正義の味方「突貫カメ君」、おマヌケなライオンとハイエナのコンビ「リッピーとハーディー」、陽気なワニ「ワニのワリー」の3本立て。これらには日本語版の主題歌がなく、英語版そのままのOPでした。何を言っているのかわからないので音だけ適当に口真似していましたw

近目のマグー

ド近眼のマグーと言う老人に周りが振り回されるお話。これも主題歌はなかったです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
スポンサーサイト

テーマ:懐かしいアニメ作品 - ジャンル:アニメ・コミック

マンガのくに(東京12チャンネル)その1

アニメーションがまだ「テレビまんが」(映画の場合は「まんが映画」)と呼ばれていた1970年代、東京12チャンネル(現・テレビ東京)では平日の夕方6時台後半が「まんがキッドボックス 」「マンガのくに」と立て続けに海外アニメ再放送枠でした。当時は他の民放各局が6時半から一斉にニュースの枠だったので、その間隙にアニメ好きのちびっ子たち(死語)を吸収しようと言う魂胆だったのでしょう。
この枠で放送された海外アニメの特徴は、殆どの作品に日本語版独自の主題歌が付いていたことです。各アニメのOPと主題歌を動画サイトから集めました。

チキチキマシン猛レース

「マンガのくに」と言えば、まずこれですね。毎回ブラック魔王(声/大塚周夫)とケンケン(声/神山卓三)が卑怯な手段でレースに勝とうとして、結局いつも最下位に終わるお話です。でも一度ぐらいブラック魔王に勝たせてやりたかったw「もぉれぇーすーう うーぅ うーうーうー」と伸ばす子供たちの歌声と、ケンケンの笑いが印象的です。


チキチキマシン チキチキマシン 猛レース
気をつけろ 爆薬だ
チキチキ チキチキ 猛レース
ぶっつけろ じゃまをしろ
炎のカーブだ ぶっとばせ
たとえ火の中 水の中
それ行けそれ抜け 猛レース
なにがなんでも 優勝だ
ゴールをめざして 11台
自慢のマシンは 傷だらけ
たのむぜ かわいい相棒よ
走っていれば この世は天国
にぎるハンドル どこへ行く
チキチキマシン チキチキマシン 猛レース

スーパースリー

3人組のロックバンド、実は諜報部員のスーパースリーが変身して悪と戦うお話。メンバーは手足がバネ状のコイル(声/関敬六)、水に変身できるフリー(声/石川進)、分身できるマイト(声/愛川欽也)。主題歌もこの3人が歌っています。


ラリホー ラリホー ラリルレロン
ラリホー ラリホー ラリルレロン
コイルはでぶっちょ ボヨヨのヨン
フリーはきどって スイスイスイ
マイトの出番だ バラッバラッバラッ
スーパースリーは 諜報部員
世界のためなら エンヤットット ドッコイショ
ラリホー ラリホー ラリホー

シンドバッドの冒険

シンドバッド少年がペットのオウムと旅をしながら悪者を退治するお話。「マジックベルト」と称されるベルトを引っ張ると上半身が筋肉モリモリになり怪力を発揮します。 でもシンドバッドが異様に強すぎて、むしろ悪者が可哀想でしたw
主題歌は2パターンあって、OPは


冒険の海だ 船出だ 風がよぶ
行く手に待つのは
怪獣 ギャング 宇宙人
マジックベルト マジックベルト
しめて立つ
冒険少年シンドバッド

EDは


冒険の海だ 船出だ 風がよぶ
胸にきらめく 青い波
行く手に待つのは 手ごわい相手
怪獣 ギャング 宇宙人
さあこいぼくは負けないぞ
マジックベルト マジックベルト
しめて立つ
冒険少年シンドバッド

とやや長めで曲調も違います。

マイティ・ハーキュリー

古代ギリシャの英雄ハーキュリー(ヘラクレス)が悪者と戦うお話。毎回物語の最後に「オリンピア~~!」と叫ぶのがお約束でした。


ハーキュリー 力は強く
ハーキュリー 正義の味方
悪いやつを こらしめて
世界中を 明るくする
ハーキュリー 力は強く
ハーキュリー ぼくらの味方
風のように 空を飛んで 暴れまわる
ああマイティ・ハーキュリー

キングコング

東映との日米合作アニメ。キングコングを生け捕りにしようとする悪の科学者ドクター・フーと戦うお話。 東宝の特撮映画「キングコングの逆襲」の元になっているそうです。


ウッホ ウホウホ ウッホッホーォ
ウッホ ウホウホ ウッホッホッ
大きな山を ひとまたぎ
キングコングが やってくる
こわくなんか ないんだよ
キングコングはともだちさ
火山も 津波も 恐竜も
キングコングにゃ かなわない
たたかえキングコング ぼくらの王者

スカイキッド ブラック魔王

「チキチキマシン猛レース」の人気キャラクター、ブラック魔王とケンケンのスピンオフ作品。 ブラック魔王を隊長とする飛行隊が敵の伝書鳩ポッピーを捕まえて機密文書を奪おうとするが、毎度毎度ポッピーにしてやられる、と言うお話。 小生意気なポッピーが憎たらしくて、いつも「捕まっちまえばいいのに」と思いながら見ていましたw
主題歌を歌っているのはブラック魔王の声の大塚周夫さん。


えらいこちゃ えらいこっちゃ
つかまにゃ そんそん
えらいこちゃ えらいこっちゃ
つかまにゃ そんそん
ソレ ソレソレ
どうした どうした どうした どうした
敵はポッピー一匹だけさ
シャバダバ シャバダバ それゆくぞ
ブラック魔王とケンケンたちも
シャバダバ シャバダバ 追いかける
あの手 この手 奥の手で
空中作戦 ソレソレ 開始 ソレ開始

ペネロッピー絶対絶命

これも「チキチキマシン猛レース」からのスピンオフで、「チキチキマシン」のミルクちゃんことペネロッピーが主人公のお話。


ペネロッピー ペネロッピー
マントメガネに 気をつけろ
ペネロッピーを いついつ何時も
マントメガネが ねらってる
ペネロッピーは 可愛い子ちゃんさ
マントメガネが 追っかける
ワン・ツー・スリー・フォー
ファイブ・シックス・セブン
七つの危険な 罠が待つ
行っちゃいけない やられちまうよ
絶体絶命 危ないじゃんか

長くなったので「その2」に続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

テーマ:懐かしいアニメ作品 - ジャンル:アニメ・コミック

ゲゲゲの鬼太郎 第35話「イースター島奇談」

kitaroop.jpg
1971年10月7日~1972年9月28日
フジテレビ、東映
声の出演/鬼太郎…野沢雅子、目玉おやじ…田の中勇、ねずみ男…大塚周夫、猫娘…小串容子、ほか

kitaro3501.jpg
占い師の福島は商売敵のペルー人占い師アレスを殴り殺して逃走。

kitaro3502.jpg
父親の遺した日記を読んだ福島は、金も命も幸福も自由にできる術を授ける地獄の使者がいると知りイースター島へ向かう。

kitaro3503.jpg
鬼太郎とねずみ男は福島に罰を与えようと後を追い、現地の宿屋に扮して待ち受けていた。

kitaro3504.jpg
やがて福島は地獄の使者アクアクの呼び出しに成功する。

kitaro3506.jpg
アクアクは福島に制裁を加えると言い残し、鬼太郎の目の前で連れ去る。

kitaro3507.jpg
日本へ戻った鬼太郎たちは福島が自首したと聞いて驚き、留置場へ面会に行くが…。

kitaro3508.jpg
あまりにも恐ろしい結末に、鬼太郎たちも震え上がった!

何度もアニメ化されていますが、自分のリアルタイムは71年版です。 ちなみに当時わが家のテレビは白黒でした。なのでウルトラシリーズもライダーシリーズも、当時の番組は全て白黒で見たわけですが、 現在は記憶自体がカラー補正されているため白黒のイメージが湧きません。
でも鬼太郎だけは別。いまだに白黒の印象が強いし、白黒だからこそ怖かったのでしょう。
特にこの「イースター島奇談」はもう怖くて怖くて、夜おしっこに行けなくなったのを覚えています。
試しに画像をモノクロ化してみると、こんな感じ。
kitaro3514.jpg
やっぱりこの方が怖いなー。

kitaro3515.jpg
真っ黒で何だかよくわからないせいで尚更地獄に引きずり込まれる感じがします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: ゲゲゲの鬼太郎

テーマ:懐かしいアニメ作品 - ジャンル:アニメ・コミック

ピュンピュン丸

pyunpyunop.jpg
1967年。NET、東映。

♪アリャリャンコリャリャン おつむのネ~ジが
コリャまったバッチリ ゆるんでる~
なんだなんだなんだピュンピュン丸は
赤いマスクのチビ丸~つれて
コリャまったちょーいとちょーいと
ドッテドッテの大事件
キビシィ~~!!

と、財津一郎が美声で歌う脱力感いっぱいの主題歌が印象的だった「ピュンピュン丸」。子供の頃は毎年夏休みに必ず再放送していたアニメ、いや当時はアニメなんてハイカラな名前じゃなかった、テレビまんがでした。
(ちなみに再放送時のタイトルは「花のピュンピュン丸」になっていました)。
pyunpyun01.jpg
ストーリー性皆無なので内容を説明してもしょうがないのですが、取り敢えず簡単に触れておくと、 舞台は戦国か江戸かわかりませんが、とにかくまだ侍や忍者のいる時代。あらゆるトラブルを解決する「なんでもOK事務所」の所員である 甲賀忍者のピュンピュン丸と仲間たちが珍騒動を繰り広げるドタバタ時代劇コメディです。
pyunpyun02.jpg
ピュンピュン丸(声:田上和枝)はいつも失敗ばっかり、でも明るくめげないギャグマンガの典型的な主人公。憧れのさゆりちゃんにはたいていの場合肘鉄を食わされます。
pyunpyun03.jpg
ピュンピュン丸の弟・チビ丸(声:加藤みどり)は「ビエ~~」と言う泣き声が大地を割り山を崩すほど強烈な破壊力の持ち主。それにしてもあの声がサザエさんと同じ人だったとはびっくりだモン。
pyunpyun04.jpg
ヘルメットのようなおかっぱ頭が特徴的なケメ子(声:曽我町子)は人間離れした怪力の持ち主。大好きなピュンピュン丸をしつこく追い回すワさ。
pyunpyun05.jpg
伊賀忍者のさゆりちゃん(声:白石冬美)は美人で優秀なくのいち。ただ敵に追われている最中でもお化粧直しに余念がなくて捕まったりする困った一面も。
pyunpyun06.jpg
OK事務所の所長(声:八奈見乗児)は白ヒゲが手のように自在に動く特技?の持ち主。計算高い割りに事務所はさっぱり儲かりません。

これらに加え、毎回ゲストキャラの怪人三面相やOK事務所のライバル風魔一族、あんみつ剣士、日光からやってきたニコニコ忍者などが登場。時代考証なんかもちろん無視して怪獣に戦車、ロケット、テレビ、コンピュータと何でもありーの奇想天外でナンセンスなギャグ満載の作品でした。
ところがどっこいちゃんよ!なんと本放送時には視聴者から「ふざけている」とクレームが来て打ち切りになってしまったとか。いつの時代もわからずやの大人はいるもんだ。しかし再放送の度に人気を得たと言う経緯を持っている、かの「ルパン三世」や「ヤマト」同様の「早すぎた名作」なのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

テーマ:懐かしいアニメ作品 - ジャンル:アニメ・コミック

ルパン三世

lupinop.jpg
「ルパン三世」第一シリーズ(1971年10月~72年3月、全23話)を何十年振りかで再見。
この作品はもともと大人向けとして企画され、本放送時には視聴率不振だったそうだが、無理もない。当時の大人はアニメなんか見なかったし、大部分の子供は裏番組の「カルピスまんが劇場」(「アンデルセン物語」「ムーミン」)見てたもの。私が初めて見たのも数年後の再放送時だった。「ど根性ガエル」とか「新オバケのQ太郎」とかやってた夕方6時の再放送枠だ。

1話目を見た時は文字通り「息を呑んだ」と言ってもいい。
だってそれまでアニメ(なんて言葉はまだなかったかな。昔は「テレビ漫画」と言った)のお色気シーンは、パンチラか、せえぜえ「キューティーハニー」ぐらい。まだ「健康的なお色気」と言う程度しか知らなかった。なのにこの番組は一気に「大人のエッチな世界」にまで引き上げて?くれたのだ。
何しろ、スケベそうなハゲ親父が「コースは山あり谷あり、意外な落とし穴が」とか言いながら、磔にされたグラマーなお姉さん(峰不二子)の身体をマジックハンドで撫で回しているのである!なんてイヤラシイんだ。今ほど性的なものが氾濫していなかった時代の小学生にとってはかなり刺激的な光景だった。

と言うわけできっかけはエッチなシーン目当てに見始めたようなもんだったが、無論それだけではない。作品そのものが非常にダークでハードで頽廃的な雰囲気。たまにテレビで垣間見たことがあるフランスのギャング映画のようなカッコよさだ。中でも「魔術師と呼ばれた男」「脱獄のチャンスは一度」「殺し屋はブルースを歌う」などにはシビレた。これらを含む前半期のエピソードはさすが大人向けに作られただけあって、今見ても面白い。一方、子供向けにややシフトした後半期のエピソードは、イマイチ。特に不二子のキャラが変わって、ただの添え物になってしまったのがつまらん。聞けば後半期の演出をしていたのは、あの宮崎駿だったとか。どーりで。私、この人嫌いなんでね。

声優さんは、ルパンの山田康雄さん、次元の小林清志さん、銭形の納谷悟朗さんは以後もずっと同じだったが、峰不二子の二階堂有希子さん、五右衛門の大塚周夫さんは第一シリーズのみ。でも私はこの2人の方が好きだ。特に不二子は二階堂さんじゃないとダメ。萌えない。あのクールでドライな声と口調こそ大人のエロスに満ちている。後でご主人が「ハンターーチャーーンス!!」の柳生博さんだと知った時は驚いたが。キャラクターも、色仕掛けでルパンを騙して働かせて、最後にお宝だけ横取りする後年の計算高い不二子と違って、自らが非常に行動的だった。
五右衛門も、チャールズ・ブロンソンの大塚さんが声を当てていることからも明らかなように、硬派で無骨な、より男臭いキャラクターだった。第二シリーズ以降で声優さんが替わってしまったのは、やはり路線変更の影響なんだろうか。
lupinop01.jpg
lupinop02.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR