特捜最前線 第333話「一円玉の詩!」

tokusou33301.jpg
仕事帰りにスーパーで買い物をする一人暮らしの紅林(横光克彦)。
ちなみに「デンターライオン」を手に取る場面がアップになるのは番組スポンサーだったから。

tokusou33302.jpg
そこで女店員(好井ひとみ)からお釣りとして渡された一円玉を「いらない!」と床に叩きつけるクソガキとその母親を目撃。女店員は一円玉を大切そうに拾い集める。

tokusou33303.jpg
その夜、紅林の自宅近くでタクシー運転手(江幡高志)が殺害される。所轄署の刑事(睦五郎)に迷惑がられながら事件に首を突っ込んだ紅林は、車内に一円玉が散乱しているのが気になるが、所轄の刑事は「客が落としたか捨てたんだろう。いまどき一円玉なんて紙屑同然」とにべもない。

tokusou33304.jpg
所轄が逮捕した暴力団員は売上金を奪ったことは認めたものの、殺人は否定する。納得がいかない紅林は現場付近の草むらで一円玉のぎっしり詰まったスーパーの紙袋を発見。更にその近くに佇んでいる先日の女店員・中村明子を目撃する。

tokusou33305.jpg
明子は事件や一円玉との関わりを否定するが、現場のスーパーの袋から彼女の指紋が検出される。明子は事件当夜、バイクに跳ねられた近所の少年を病院に運び込んで、同じく近所に住む松本老人(稲葉義男)とともに看病していたという。

tokusou33306.jpg
二人が知り合ったのは、上京したばかりの明子が定職屋で料金が5円足りずに困っていた時に、松本老人が助けたのがきっかけだった。その後鍵っ子の少年とも心を通わせ、老人は三人で集めた大量の一円玉を自宅に貯め込んでいた。

tokusou33307.jpg
紅林と橘(本郷功次郎)が老人宅を捜索しようとした時、明子が特命課に自首して来る。明子は明らかに老人をかばっていた。老人は明子の自首を知り犯行を自白する。

tokusou33308.jpg
事件の夜、少年の事故を知った老人は貯めていた一円玉を紙袋に入れてタクシーで病院に向かう。だが運転手は「いまどき一円玉なんてクソの役にも立たない」と一円玉での料金支払いを拒否。一円玉に自らの境遇を重ね合わせていた老人は、一円玉を蔑ろにされた怒りで運転手を殺してしまったのだ。

これがDVDセレクションに収録されている理由は、うがった見方をすれば「悪い見本」として選ばれたんでしょうか。
異常なまでに一円玉が蔑まれているんですけど、 「一円玉が紙屑同然」なんて社会常識は消費税導入前の30年前にもありませんでしたよ。現にスーパーでの買い物には一円玉が付き物だったことがこのドラマにも描かれているじゃないですか。と言うか、この脚本家って自分では滅多にスーパーで買い物をしない人だったんじゃないかとすら思えます。たまーに買い物した時にお釣りで一円玉を貰ったが、その後は買い物しないので邪魔でしょうがない、と言う人の感覚ですよ、これは。少なくとも毎日買い物している者なら一円玉に使い道ない、なんてことにはならない。まして「紙屑同然」なんて思いもよらないことです。
そう言う世間知らずな脚本家だからこそ(って決めつけてるがw)、一方で「一円玉を大切にする=年度別に分類して収集する」と言う変な発想になるんでしょうね。現実に貨幣として流通している一円玉を、まるでマッチの空き箱か空き瓶のフタか何ぞと同じのように見做しています。松本老人には一円玉に思い入れを抱く特殊な個人的経緯があるわけでもないし、とにかく「一円玉は役立たず」「老人も役立たず」と言う頭デッカチな決めつけから組み立てているもんだから話が薄っぺらく、最後まで見ても何の感情もわかない。上っ面だけ特捜らしさを出そうとすると滑ってしまう、典型のようなお話です。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 特捜最前線

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

Gメン’75 第20話「背番号3長島対Gメン」

gmen2001.jpg
関屋(原田大二郎)宛てに次々と野球選手の写真が送られてきた。最初は長島の写真、2通目は金田の写真。

gmen2002.jpg
差出人のあけみという女から電話が掛かって来て、写真は復讐を遂げる犯罪予告日だと言う。

gmen2003.jpg
あれこれ推理しているところへ黒木(丹波哲郎)が入って来て、写真に映っている長島の背番号90の「9」と金田の「34」から9月34日、つまり10月4日と解く。

gmen2004.jpg
関谷は郵便局の記録から渡辺あけみ(中原早苗)と言う女を割り出すが、誰だったか思い出せない。

gmen2005.jpg
あけみから渡された3枚目の写真は盗塁王の柴田。すると10月4日に何かを盗もうとしているのか?

gmen2006.jpg
やがて関谷は1年前の事件を思い出す。関谷は麻薬密輸容疑の暴力団幹部・渡辺(川谷拓三)を捕まえるため妻のあけみを騙して居所に案内させた。熱烈な長島ファンの渡辺は長島の現役引退試合を観戦するため後楽園球場にいた。関谷は逃亡する渡辺を撃ち、あけみの目の前で死んだのだ。

gmen2007.jpg
更にあけみからホームに滑り込む長島とセーフのゼスチャーをしている王の写真が届く。関谷は英語の"safe"には「金庫」の意味もあることから、あけみが10月4日に球場の金庫から売上金を盗もうとしていると推理。

gmen2008.jpg
そして予告当日の10月4日、巨人戦の指定席券に添えて元阪神・藤村の写真が送られてきた。だが何の意味なのかわからぬままGメンは後楽園球場に向かう。

gmen2009.jpg
指定席で待つ関谷の前にあけみが現れる。あけみの狙いは売上金ではなく、球場で暴力団が麻薬取引を行う5億円を詐取することだった。

gmen2010.jpg
一方、Gメン本部に残っていた黒木は、藤村がいた頃の阪神がダイナマイト打線と呼ばれていたことを思い出す。

gmen2011.jpg
その頃、球場ではスイッチヒッターの柴田が打席に入る。実は柴田の写真は「スイッチ」、王と長島(ON)の写真は「オン」を意味していた。あけみは五万人の観客で溢れる球場のあちこちにダイナマイトを仕掛け、そのリモコンスイッチを持っていたのだ。

gmen2012.jpg
Gメンはあけみの要求通りにあけみの部下たちが5億円詐取するのを見逃す。だが勝負はまだ終わっていなかった。試合終了後、無人の観客席でGメンと対峙したあけみは関谷の座席の下にダイナマイトを仕掛けてあると言う。

gmen2013.jpg
あけみはリモコンを高く掲げた。だが次の瞬間、銃声が響き、スタンドの上段にいた黒木の撃った弾であけみは倒れた。

サブタイトルに反して、別に長嶋茂雄とGメンが対決するわけではない。更に当時の長嶋は監督1年目で「背番号90」なのだが、やっぱり「栄光の背番号3」の方がイメージ大なのだろう(ちなみに「長"島"」となっているのは誤字ではなく、当時は当用漢字制限のため「嶋」でなく「島」で表記されていた)。
熱烈な長嶋ファンだった夫の復讐を遂げるため野球選手の写真で犯罪を予告すると言う趣向は面白いし、Gメンがその意味を読み違えて行くところも面白い。予告日が10月4日なのはこの回の放送日だったからなのだが、それにしても長嶋の「90」と金田の「34」から「10月4日」ってのは無理があり過ぎるwどうしても長嶋を使いたいなら、せめて長嶋の「3」+柴田の「7」で「10」にするとか。でも巨人には「4」がいないんだよな。
劇中の巨人は後楽園球場で大洋と対戦しているが、野球サイトで調べたところ、実際の1975年10月4日は試合がなかったようだw
にほんブログ村

関連タグ: Gメン75

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

西部警察 第1-2話「無防備都市」

seibukeisatsuop.jpg
1979年10月14日~1982年4月18日(全126話)
テレビ朝日、石原プロ

<前編>
seibukeisatsu0101.jpg
西部署捜査課に新任の木暮課長(石原裕次郎)が着任した日、米軍基地から盗まれた最新鋭多目的装甲車が都心に現れる。犯人は指紋から大門(渡哲也)が5年前に取り逃がした日下(浜田晃)の名が浮かぶ。

seibukeisatsu0102.jpg
装甲車は銀座から東京駅へ。

seibukeisatsu0103.jpg
西部署に装甲車を操る黒幕(伊藤雄之助)から電話が掛かり、「近鉄と日本ハムの試合で近鉄に勝たせろ」だの「新宿の高層ビル群を赤く塗り変えろ」だの無茶な要求ををふっかける。
巨人阪神戦ではなく、あえて近鉄日ハム戦と言う渋い選択はテレ朝の日テレ対抗意識の現れか?

seibukeisatsu0104.jpg
装甲車は近鉄が日本ハムに敗れたのを機に攻撃を開始。

seibukeisatsu0105.jpg
警察は装甲車に全く歯が立たない。

seibukeisatsu0106.jpg
この危急存亡の時に何故か裕次郎課長は真っ昼間からバーにしけこむ。

seibukeisatsu0107.jpg
そうこうしているうちに黒幕の男は「全国の犯罪者・容疑者の釈放と、全国の警官の武装放棄及び全警察活動の停止」と真の要求を突きつける。

seibukeisatsu0108.jpg
パトカーを従えて悠々と国会議事堂前を進む装甲車。そこへ場違いな裕次郎の挿入歌がかぶさって次週に続く。

<後編>
seibukeisatsu0201.jpg
警察本部の対策会議は犯人の要求を無視することを決定。一方ダイナマイトの使用許可も下りるが、

seibukeisatsu0202.jpg
装甲車には歯が立たない。

seibukeisatsu0203.jpg
装甲車はテレビ朝日を攻撃(しかし安っぽいセットの喫茶店を壊しただけ。残念!)

seibukeisatsu0204.jpg
黒幕の目的は防衛隊に治安出動させ日本の政治体制を変えることだった。木暮は防衛隊出動反対を貫くが、防衛隊の友人(今井健二)は警察力では装甲車に勝てないと言い切る。

seibukeisatsu0205.jpg
電話の声を聞いていた木暮は黒幕の正体が右翼の大物・大河内であると気づく。

seibukeisatsu0206.jpg
大門軍団は大河内の自宅へ逮捕に向かうが、大河内は直前に脱出し装甲車と合流。

seibukeisatsu0207.jpg
大門は装甲車を工場跡へ誘き寄せて高圧電流責め、油責め、放水責めを食らわせ、最後は火炎瓶責め。装甲車は爆発し、大河内は「日本よ目覚めよ!」と叫んで玉砕。

seibukeisatsu0208.jpg
その頃合を見計らって現場にやって来た裕次郎課長を先頭に大門軍団は引き揚げていく。

84年まで放送されたシリーズのpartI。壊した車の数やら使った火薬の量が自慢の派手な刑事アクションドラマだが、当時はバカバカしくて興味が持てなかった。実は演じている渡哲也自身も不本意ながら会社のために仕方なくやっていたらしい。しかしこう言う荒唐無稽なドラマもあってこそテレビの裾野が広がっていたのでしょう。
その1作目は2週にわたって都心のど真ん中に装甲車を走らせると言う今では考えられない演出で始まる。しかも治安出動による政変を目論む三島由紀夫張りの右翼が登場する、とんでもないストーリー。一見、奇異な感じを受けるが、当時は栗栖統幕議長の「超法規発言」をきっかけに有事法制論議が高まっていた頃だったのだ。前年には自衛隊員がクーデターに決起する「皇帝のいない八月」なんて映画も公開されている。そうした世相を取り込んでいる点では一種のポリティカル・フィクションになっている。
と言ってもこの場合娯楽ドラマなので政治的主張は問題ではなく、あくまで大門軍団の「軍隊並みの強さ」をアピールする題材として使われている。何せ防衛隊でなければ勝てないと言われた兵器すら倒してしまうのだから、この後にどんな凶悪犯罪が起ころうとも無敵だろう。
劇中では「近鉄のエース鈴木が日本ハムのルーキー高代にサヨナラ本塁打を打たれた」ことになっているが、映像をよく見るとゲームセットにもかかわらず近鉄の選手が守備位置を動かない(サヨナラならベンチに帰り始めるはず)。なのでまだ試合は続いているように見えるのだが、本当にあった試合なんだろうか。


にほんブログ村

関連タグ: 西部警察

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

Gメン’82 第1話「Gメン対白バイ強盗団」

gmen82op.jpg
1982年10月17日~1983年3月13日(全17話)
TBS、近藤照男プロ

関東空軍基地から横須賀基地へ在日米軍の給料と武器を移送する途中の軍用トラックがニセ白バイ警官に襲われる。
奪われたトラックは逃走途中で若い女をひき殺す。
gmen820101.jpg
彼女は捜査一課・早坂警部補(篠田三郎)の妹(好井ひとみ)だった。
復讐に燃える早坂。

gmen820102.jpg
やがて沖縄県警の沢田刑事(清水健太郎)の捜査で軍用トラックから強奪されたM16ライフルが発見される。 隠匿していたのは軍用トラックの責任者だった元大佐ジョセフ・ミラーだった。

gmen820103.jpg
津村警部補(江波杏子)と賀川刑事(范文雀)の調査でミラーと加納警部(峰岸徹)の関係が浮かぶ。
捜査本部は加納の妹の亜紀(岡まゆみ)と婚約していた早坂を捜査から外す。納得のいかない早坂は加納が沖縄にいることを知り亜紀と沖縄へ飛ぶ。

gmen820104.jpg
沖縄に到着した亜紀を加納が呼び出す。加納は米軍のハウスキーパーをしていた母が過労で倒れたときミラーから入院費を借りた。その恩義で犯罪の片棒を担ぐ結果となってしまったことを告白する。

共犯の滝口(堀田真三)が亜紀と加納を撃ち、更に滝口をミラーが撃つ。ミラーは米軍基地に逃げ込んだ。

gmen820105.jpg
黒木(丹波哲郎)と立花(若林豪)が基地に入り司令官と交渉を続けている途中でミラーが外に出てきた。逃亡するミラーを早坂らが追跡。早坂がミラーを射殺する。

7年間続いた「Gメン’75」は82年3月を以って一旦終了し、半年後、時間帯を日曜夜8時台に移しタイトルを「Gメン’82」に改めて再開。しかしこの時間帯は裏番組に同じ刑事ドラマのテレビ朝日「西部警察partII」をはじめNHK大河「峠の群像」、日本テレビ「久米宏のTVスクランブル」、フジ「オールスター家族対抗歌合戦」などがひしめいていた大激戦地帯。その結果、平均視聴率5%と惨敗して2クールも続かずに打ち切り(ちなみにうちでは「TVスクランブル」を見てました)。
レギュラーは丹波哲郎、若林豪、江波杏子、范文雀が「75」からの残留で、新メンバーに篠田三郎、三浦浩一、清水健太郎が加入。
番組のシンボル丹波と大黒柱の若林が残留したのは当然としても、女性2人を残したのはどういう意図だったのか。2人とも年齢やや高めで落ち着いた雰囲気。残すのは1人で、もう1人は若手でも良さそうなのに、あえてそうしなかったわけです。
方や新メンバーの篠田、三浦は爽やかでアクのないタイプ、清水もやんちゃで母性本能をくすぐるタイプか。キャスティング面だけ見ると一見「西部警察」=若年層、NHK大河=中高年層と重複しない主婦層あたりの取り込みを狙った布陣のようです。とは言え腐っても「Gメン」。女性が喜ぶような明るくオシャレなドラマになるはずもなし。
1話目の内容を見ると、「75」の第1話、第59-61話、第105話からいいとこどりして焼き直して、更にスカスカに薄めたような話。元からの視聴者には物足りなく初めての視聴者には重たく、中途半端な作風に映ります。
にほんブログ村

関連タグ: Gメン75

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

特捜最前線 第277話「橘警部逃亡!」

新宿中央署と合同で覚醒剤組織・山根組の撲滅作戦を行っている特命課。
だが何故かいつも失敗し、橘(本郷功次郎)が山根組末端構成員の母親(中真千子)から得た情報による手入れにも失敗。母親と息子は何者かに殺害された。
tokusou27701.jpg
その責任を痛感する橘。

橘は新宿中央署のなかにスパイがいると確信。特に疑わしいのは三羽烏と称される稲城(井上博一)、倉下(菅原一高)、宮田川(可知靖之)の3人だった。

橘はスパイを知っていると言う山根組のチンピラを捕えて新宿中央署で取り調べる。だが報復を恐れるチンピラは半狂乱となり自殺してしまう。
tokusou27702.jpg
橘は咄嗟に自分が殺したことにして逃亡。新宿中央署は橘を殺人犯として手配する。

tokusou27703.jpg
橘はスパイに関して何か知っている素振りを見せていた新宿中央署の刑事の矢部(山田吾一)を呼び出すが、待ち構えていた警官隊に包囲される。 橘はルンペンと服を取り替えて脱出し、山根組に乗り込んで組長の山根(深江章喜)に取引を持ちかける。

tokusou27704.jpg
だが信用しない山根は橘をテストするために桜井(藤岡弘)を呼び出して撃つように命ずる。
橘に撃たれ、血を吹きだしながらもんどりうって倒れる桜井!

tokusou27705.jpg
しかし弾は急所を外れていた。桜井は橘を信頼してあえて撃たれたのだ。

tokusou27706.jpg
漸く橘を信用した山根はスパイの正体を明かす。その正体は矢部だった。

橘は電話の発信音4コールで特命課に伝えようとする。
あれこれ思い付きを並べる吉野(誠直也)と叶(夏夕介)。
tokusou27707.jpg
カンコ(関谷ますみ)「4番目のなんとか、とか」。
叶「それだ!スパイは三羽烏の中にはいない、4番目の男だと言ってるんですよ!」
神代(二谷英明)「すると矢部か…」

更に船村(大滝秀治)の調べで総会屋の大物が動いていることがわかる。
紅林(横光克彦)は矢部を尾行し、一味が集まっている屋敷を突き止める。神代は直ちに警官隊を動員して屋敷を包囲し一網打尽にする。それを見届けた橘は桜井の入院している病院へ急行。
tokusou27708.jpg
無言で桜井を見つめて固く手を握り締める橘。桜井もまた無言で微笑みを返し、静かに頷く。

「特捜」は主役の神代10年を筆頭に、
桜井(77~78、79~87年)9年
橘、紅林(78~87年)9年
吉野(77~85年)8年半
船村(77~79、80~85年)7年半
叶(80~87年)7年
カンコ(79~85年)6年半
と長期勤続レギュラーが多く、特に80~85年の5年間は上記8人が不動のメンバー。特捜同様に刑事の殉職が少なかったGメンでも移動やら左遷やら1~2年で入れ替わっているのを見ても安定感が突出しています。
メンバーが常に同じと言うことはキャラクター上にも反映され、長年苦楽を共にしてきた特命課の仲間には口先だけではない深い絆が醸成されています。
特に桜井と橘は衝突しながら相互理解を深めて来た間柄。このエピソードもその信頼関係が前提にあって成り立つお話です。
それにしても山根組が桜井を標的に指名してくれて良かったです。もし船村のおやじさんだったら急所を外しても心臓発作で死んでしまうところでしたw
もう一人別の意味で活躍?するのがカンコこと高杉婦警で、何気ない一言から暗号の意味を解読する叶との連係プレーもチームワークの賜物でしょうか。
にほんブログ村

関連タグ: 特捜最前線

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR