濡れ髪剣法

雷蔵さんのバカ殿(1958年・大映・加戸敏監督)

物語。遠州佐伯藩松平家の若殿・源之助(市川雷蔵)は剣の腕が大の自慢。許婚の姫(八千草薫)の前で家来たちをコテンパにしてみせるが、姫は若殿の家来たちがお追従でわざと負けているのを見抜いていたので、自分の近習(小堀明男)と立ちあわせて若殿をコテンパに負かしまう。己れの愚かさを恥じた若殿は、お城を飛び出して修行の旅に出るが…

市川雷蔵主演の明朗時代劇。
家来からちやほやされていた若殿は、許婚の姫に得意の鼻っ柱を折られて面目丸潰れ。一念発起して一人修行の旅に出ますが、世間知らずな若殿はトンチンカンな言動を繰り返します。茶店で無銭飲食をして婆さんに頭を柄杓で殴られたり、股引を袴だと思って平気で穿いていたり。まるでバカ殿(笑)尤も、そこは地が気品のある雷蔵さんのことですから、どんな珍妙な姿でも可愛らしいです。
やがて口入れ屋の弥助(荒木忍)に拾われた若殿は、江戸で新しい生活を始め、その間に剣の腕もぐんぐん上達。しかし、ひょんなことから自分の藩の江戸屋敷に奉公することになった若殿は、江戸家老安藤将監(香川良介)のお家乗っ取りの陰謀を知り…と言うのが中盤以降のストーリー。
若殿の言動が面白いのは前半までで、後半になると、ただのお家騒動物になってしまい、ユーモアの要素は減ってしまうのが残念です。尤も若殿がいつまでもバカ殿のままじゃ話が進まないし、成長した若殿が見事逆臣を成敗し名実ともに立派な殿様になってメデタシメデタシと言う展開にならなきゃ雷蔵さんのファンも納得しないでしょうけどね。
前半でバカ殿時代の雷蔵さんは、本当に剣がヘタそうに見えます。しかし後半、修行を積んでからはメキメキと腕を上げ…たことになっているのですが、実際にはそれほどにも見えません。後年はともかく、初期の頃の雷蔵さんはチャンバラがあまり上手くないですね。
若殿の軟弱振りにイライラしているおきゃんな姫を演じた八千草薫が可愛い。
無銭飲食した若殿を助けるきっぷのいい芸者さん役が阿井美千子。「悪名」シリーズでも勝新を助ける旅館の女将を演じていましたが、おっとりした顔立ちでいながらしっかり者の役が様になる純和風美人。
姫の近習を演じたのは「空の大怪獣ラドン」に出ていた小堀明男。この人、黒澤明監督の「生きる」で志村喬の兄を演じていた小堀誠の息子なんですってね。
出演はほかに、中村玉緒、藤原礼子、潮万太郎など。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵
スポンサーサイト

黒の爆走

田宮二郎の「黒」シリーズ第7作目(1964年・大映・富本壮吉監督)

スピード違反のバイク三人組を追跡していた白バイ警官の津田拓也(田宮二郎)は、そのうちの一台を公園に追い詰めるが、バイクは遊んでいた子供を轢き逃げして逃走する。責任を感じた拓也は恋人の麻子(藤由紀子)の手を借りて犯人の捜索を始める…

白バイ警官に扮した田宮二郎の活躍を描く活劇物。って、どこが「サラリーマンサスペンス」なんだという感じですが、私は田宮さんのファンなので許します。
とは言え、田宮二郎が正義感溢れる無鉄砲な白バイ警官役ってのは、やはりちょっとミスマッチだなあ^^;当然バイクアクションシーンが数多く出てくるのですが、田宮さんがバイクの免許を持っていると言う話は聞いたことないから、それらは全て吹き替えとセット撮影ですしねえ。まあしかし、この当時はまだ本格的に体を張ったアクションスターによるアクション映画なんて概念はなかったんで、観客もそれは納得づくで見ていたんでしょうが。
お話は、バイククラブの矢沢(千波丈太郎)ら三人組に目を付けて接近した田宮が、恋人の藤やその兄で刑事の藤巻潤が止めるのも聞かずに無茶な潜入捜査を敢行。しかし正体がばれそうになりピンチに…というところにサスペンスらしい展開がありますが、ストーリーライン自体は至って単純で平凡です。
それより個人的に見所は田宮と恋人役藤由紀子のイチャイチャ、デレデレ振り。この2人がやがて結婚することを思うとほほえましいですが、一方では、暴走気味の田宮を心配する藤の姿が何やらその後の2人の結婚生活を暗示するかのようでもあります。
出演は他に滝瑛子、大辻司郎、中条静夫ら。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 田宮二郎

京マチ子のコスプレ七変化(1957年・大映・市川崑監督)

物語。雑誌記者の北長子(京マチ子)は汚職警官(菅原謙二)のガセ記事を書いたとして会社をクビになる。悲観した長子に隣人の赤羽スガ(北林谷栄)が、自分の失踪ルポを書いて弱小週刊誌の社長(潮万太郎)に売りむ企画を持ちかける。長子は失踪中の費用調達のため赤羽の紹介で銀行支店長・白州(山村聰)を訪ねる。白州と部下の千木(船越英二)は銀行の金を横領する計画を立てており、その罪を長子に被せようと謀る…

非常にスピーディでお洒落なコメディタッチのミステリー。
女性記者の京マチ子が1ヵ月間失踪して読者に発見させる懸賞の企画から物語が始まり、それ自体も面白そうだったのですが本筋はそこにはなく、1ヵ月後に彼女が失踪から戻ってみると、2500万円の横領事件とそれにまつわる殺人事件の濡れ衣を着せられていて、その犯人と真相を追うというストーリーです。
当時は「週刊新潮」が創刊され週刊誌ブームと言われ始めた頃の時代ですね。常にセンセーショナルな話題を求めるジャーナリズムの風潮をちょっぴり風刺していますし、マスコミの寵児だった若き日の石原慎太郎(当時25歳)まで何故か出演していてマヌケな顔で歌を披露しています。が、見所はそこではなくて、警察に追われつつ真犯人を追う京マチ子の次々繰り出す変装と言うかコスプレと言うか。
京マチ子の変装と言うと「黒蜥蜴」を連想するのですが、本作でもケバい商売女からダサい田舎娘まで七変化。特に田舎娘に化けた時は観ているこっちもしばらく誰だかわかりませんでした。カン高い声で速射砲のようにポンポン喋るのも印象的。
ちなみにタイトルの「穴」と言うのは、事件全体と解決の鍵となる事柄を象徴しているようですが、ちょっと凝り過ぎていて内容とあまり合っていませんでしたね。
京マチ子の味方の様なフリをして彼女を陥れようとする色悪に扮するのがミスター大映・船越英二。ゲジゲジ眉毛と口ヒゲはいかめしいがドジな警部に菅原謙次。フケ役でない実年齢相応の北林谷栄が見られます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川崑

傷だらけの山河

kizudarakeop.jpg
山本薩夫監督の社会派人間ドラマ(1964年・大映・山本薩夫監督)

物語。有馬勝平(山村聰)は鉄道、不動産、百貨店などを手がける西北グループの総帥。これまで非情な手段で事業を拡大してきた。関東開発の香月(東野英治郎)とは長年の競争関係にある。勝平には家族のほかに妾が3人とその子供たちがいる。或る日、勝平は会議にお茶を出しにきた会社の事務員・福村光子(若尾文子)を気に入り4人目の妾にする…

カネに、事業に、女にと貪欲な実業家とその一家を描いている点で、同監督による後年の「華麗なる一族」(1974年)を連想させる作品です。
主人公・有馬勝平には本宅に長男(北原義郎)、次男(高橋幸治)、そして娘婿(船越英二)がいて、長男だけは社長として会長の勝平を助けていますが、次男は精神病院に入退院を繰り返す社会的廃人。妻にコンプレックスを抱いている娘婿もやがて事業上の失策で勝平から縁を切られてしまいます。更に、妾の2人の子供も父親を疎んじていて離反。
しかし家族が崩壊して行っても勝平の欲望は衰えを知らず、勲章を貰い、学校経営に乗り出し、更に4番目の妾・若尾文子に逃げられても5番目の妾・滝瑛子を手に入れてご満悦。家族や他人がどうなろうと、あくなき事業欲で遮二無二突き進みます。ただ、それを演じているのが見かけは温厚で上品な山村聰だけにあまり悪辣な感じはしません(佐分利信だったらもっと憎々しい感じが出たでしょうが)。演出の意図はさておき、良きにつけ悪しきにつけこう言う人物が戦後日本を発展させてきたのが現実なのだと納得させられます(ちなみにモデルは西武グループ創始者の堤康次郎だと言われています)。
若尾が父親の妾とも知らず愛してしまい精神に異常を来たす繊細な次男の役が高橋幸治。「太閤記」の信長様でブレイクのするのはこの翌年なんですけど役柄は正反対。尤も、何せあの特異な風貌ですからどっちにしろノーマルな役柄ではありませんね^^;
山村に若尾を譲り渡す代わりにパリへ留学させてもらう情けない画家の夫の役が川崎敬三。それまで貧乏だった若尾が、愛人になった途端ゴージャスな毛皮を着てトーテムポールみたいな帽子を被っているのには笑えました。
20160620183323.jpg
20160620183753.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 山本薩夫

女王蜂の逆襲

スカした色男の天知茂(1961年・新東宝・小野田嘉幹監督)

物語。滝壺に落ちて死んだ叔父貴の金竜の弔問に鬼怒川温泉へやって来た関東桜組二代目の珠美(三原葉子)は、息子の慎介(御木本伸介)から黒部組が温泉の元湯の権利を狙っていると聞き金竜の死因に不審を抱く。珠美たちが黒部組に乗り込んだ時、無鉄砲の政(天知茂)と名乗る流れ者が助太刀に入り…

女王蜂と異名をとるやくざの女親分を主人公としたシリーズの第4作目。
私が観たのはこれと第2作(主演は久保菜穂子)だけですが、どちらも筋立ては殆ど同じで、女親分と悪いやくざが対立、そこへ正体不明の風来坊が絡んできて…と言うもの。
ただ新東宝オールスター出演でハチャメチャなノリだった第2作に比べると、本作の方はのんびりした温泉街を舞台にキャストも地味な話なのでやや退屈。
唯一の見所は、物語の核となる風来坊を演じている天知茂先生の破天荒な活躍。その名もなんと「無鉄砲の政」。

いつもなら人類の苦悩を一人で背負ったかのような深刻な表情を崩さない天知先生が、本作では八の字眉で陽気に「あっしは…」とかちんぴら言葉で喋り出すだけでまず笑えます。更に、芸者(池内淳子)と寝巻き姿でイチャイチャ、デレデレしているときの表情は必見。
普段はスタン・ハンセンみたいなカウボーイ・ハットに黒革のジャケットをはおっていて、登場の度にウエスタン調の牧歌的なBGMがかかるのは、小林旭の日活アクション映画を意識したものでしょうか。しかし、いかんせん小柄な天知先生、アクションシーンで短い足を振り上げてもイマイチ様にならないのは少し玉に瑕。最後には、流れ者のやくざと見せかけてその正体は潜入捜査の刑事だった…とかならまだしも、実は地質調査所の技師だったと言う、意味不明な驚天動地のオチも用意されています。
ちなみにこの映画、80分程度の時間の中で格闘シーンが7回か8回、出てくるんですけど、殆ど意味がないというか、フィルム数稼ぎに長回しやってんじゃないかと思うぐらい無駄な格闘がだらだら続きます。

天知先生にばかり目が行ってしまったのですが、主役はあくまで三原葉子。新東宝を代表するセクシー女優としてカルトな人気を誇るらしいんですが、本作ではお色気シーンがなかったし、顔立ちは平凡で台詞も棒読み調なので魅力薄。池内淳子は天知先生にメロメロになる芸者さん役で、今まで中年以降のしっかり者の奥さん役とかしか観たことなかったのでこういうキャピキャピ弾けた役は新鮮でした。一方、御木本伸介は重厚と言うか、貫禄が若い頃から同じなんですね(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 天知茂

黒の超特急

田宮二郎主演の「黒」シリーズ第11作目にして最終作(1964年・大映・増村保造監督)

物語。岡山の不動産屋・桔梗敬一(田宮二郎)の許へ東京の中江(加東大介)と言う男が訪れる。中江は、近く自動車工場ができるので、旧家の息子で地元に顔が利く桔梗にその用地買収の仲介をして欲しいと言うのだ。しかし中江の真の狙いは買い叩いた土地を新幹線用地として新幹線公団に高く売りつけることだった。そのため3年前から公団秘書の田丸陽子(藤由紀子)を買収して理事の財津(船越英二)を誘惑させ、第二次新幹線計画の情報を聞き出していたのだ。その事実を知った桔梗は中江を強請るため上京するが…

最終作では原点に戻り第1作と同じ梶山季之原作、増村監督、そして田宮主演の布陣。
この映画は観ているのがちょっと辛かったです。大金を掴んでのし上がろうとあがく主人公がだんだん田宮さん自身に見えてしまったし、しかもその犠牲になる役が実の奥さん、つまり後の田宮夫人である藤由紀子さんなんですから、尚更。現実がオーバーラップしちゃいましたね。。

それはともかくとして、物語は最初に加東大介が持ち込ん来る話が美味過ぎるので、それ自体が詐欺なのでは?と観る者を緊張させますが、何もなく無事取引が終了。…と思わせておいて、実はその裏があったというふうに進みます。
自分が利用されたと知った田宮は、用済みで捨てられた藤を抱き込んで加東を強請りにかかります。ここから田宮・藤コンビと加東・船越一派の騙しあいが始まるのですが、金に執着する度合いはどちらも劣らず悪対悪の戦い。ただ思慮の浅い若僧の田宮に対して加東の側には船越の舅の大物代議士・石黒達也が控えているので巨悪の度合いでは遥かに上手。結局、罠にはまって藤が殺されてしまい、それを知った田宮は「俺は人殺しをしてまで金儲けしようとは思わない」と翻意して、加東を警察に逮捕させてしまうのですが…本来ならここで正義感など出さずに最後まで悪のままで行った方が物語としての首尾一貫性があったかもしれません。ただ主人公が田宮本人に見えてしまった私個人的には、奥さんがひどい目にあったんだから田宮さんが怒るのも当たり前だよなあ、と妙に納得してしまったのでした。

田宮二郎は、犬シリーズや悪名シリーズの軽妙で明るい役の方が個人的には好みですけど、こういう野心に燃えるギラギラした田舎青年の役はやはり田宮の独壇場でしょう。今更ながら気づきましたけど、このモチーフはアラン・ドロン(「太陽がいっぱい」)なんですね。加えてドロンとは違う、日本的な泥臭さもまた魅力のひとつ。
藤由紀子の役は、シリーズ初期なら叶順子がやっていた役でしょう。叶順子がこの時点では既に引退してしまっているため、シリーズ中期以降のヒロインだった藤由紀子を増村監督もそのまま使っているわけですが、感情を押し殺したぶっきら棒な口調や陰々滅々たる雰囲気は叶順子とそっくり同じ演技をつけています。ただ叶順子なら(或いは若尾文子なら)もっとふてぶてしさが前面に出そうなところなのに、藤由紀子の場合は少し線が細いせいか日陰者の女のか弱さ、儚さが見え隠れしてしまっているように思います。しかし加東に絞め殺されるシーンではスカートがまくれて太ももが露わになり、凄まじい絶叫を上げる女優魂を発揮しています。
加東大介は東宝喜劇じゃコミカルな役をやっていましたが、ここでは削いだような鋭い眼を生かして凄みのある悪役を好演。船越英二は、加東の愛人トラップにかかり強請られる気弱なエリートで第1作「黒の試走車」と同じような役柄。相変わらず情けない色男をやらせると光ります(そう言えば和製マルチェロ・マストロヤンニって言われてたんですよね)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 田宮二郎

黒の商標(トレードマーク)

宇津井健主演による「黒」シリーズの第5作目(1963年・大映・弓削太郎監督)

物語。国際レーヨンの偽造商標を使ったシャツがスーパーに出回り、調査のため出張した井出(夏木章)が列車の中で殺される。会社は単なる物取りの犯行として扱ってしまうが、納得の行かない杉野(宇津井健)は単独で調査を始める。杉野は偽物を持ち込んだブローカーの垣内(高松英郎)を追って大阪に赴く。友人の繊維問屋・神後(早川雄三)から、藤兼商会がレーヨン原反を秘かに横流ししたのではないかという情報を得た杉野は、合繊課長庄司(南方伸夫)を追及しようとするが、その前に庄司は死んでしまう。杉野は神後の紹介で情報通の経営コンサルタント田子(浜村純)を訪ねる。田子は事件の黒幕にある人物がいると示唆する。しかしその翌日、田子が謎の失踪。杉野は田子の娘・雪子(藤由紀子)と犯人を追うが…

正直言ってこれはあんまり面白くなかったです。
前半は偽ブランド商品の出所を追跡する、いかにもサラリーマンサスペンスらしい展開だったのですが、後半になると、黒幕のスーパー社長・三島雅夫の正体を探ろうとして捕まる藤由紀子、仲間割れを起こして殺される高松の愛人・江波杏子と三島雅夫、更に藤由紀子を殺そうとする高松英郎と、追う宇津井健の間で繰り広げられる迫力のないカーチェイス…と、一気に話が活劇ミステリー調になってしまい、何だか出来の悪い2時間ドラマを観ているような気分になりました。
危ない事は藤由紀子に任せっ切りのデクノボーな主人公、宇津井健も冴えません。この頃の宇津井ってかなり肥満気味で、巨体を揺らしながらのっしのっし歩いてくる様はとてもサスペンス物の主人公とは思えないし、贅肉のたぷたぷした上半身を晒す着替えシーンでは、そんなもん見たくねーよとツッコミ入れたくなりました。いつもは高学歴系コワモテが似合う高松英郎も今回はただのちんぴら悪党役で魅力がないし、江波杏子に至ってはいてもいなくても同じような役。
つまらない物語を僅かに救っているのは清楚で可憐な藤由紀子の存在。三島雅夫が席を外した隙に鞄の中を漁る場面ではハラハラドキドキ。その後も暗闇の中を逃げ回ったり、縛られてトラックの荷台に放り込まれたり。華奢な体で頑張ってくれました。彼女の活躍に免じて、話の出来の悪いのも大目に見ようかな、なんてね^^;


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR