赤いさそりの美女 江戸川乱歩の「妖虫」

サイトに移動しました。
http://tvmovie.web.fc2.com/bijo/bijo18.html
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 天知茂 江戸川乱歩

岸辺のアルバム

kisibenoop.jpgkisibeno01.jpg
1977年6月24日~9月30日にTBSで放送(原作・脚本・山田太一、全15回)

物語。東京・多摩川沿いの一戸建てに住む田島則子(八千草薫)は良妻賢母型の専業主婦。
夫(杉浦直樹)は商社マン、娘(中田喜子)は大学生、息子(国広富之)は受験を控えた高校生。
一見、平凡な幸せを絵に描いたような家庭である。
だが夫は仕事一筋、子供たちはそれぞれ手を離れ、気が付いてみると家の中にいるのは則子一人。
そんな或る日、見ず知らずの男(竹脇無我)から電話がかかってきて・・・

1974年に、台風による多摩川の決壊で民家19棟が倒壊・流出した水害事件にモチーフを得て描かれたアンチホームドラマ。OPでは、実際のニュース映像が使われています。
これは本放送ではなく、大学に入って一人暮らしをしている時に再放送で観ていました。当時、多摩川じゃないんですけどやはり大きな川沿いにあるアパートに住んでいたので、台風の時などはリアル・岸辺のアルパムになるんじゃないかとヒヤヒヤしていた思い出があります。

それはともかく、物語は、主人公・則子に掛かってきた一本の電話から始まります。
倦怠期の主婦の孤独な心の隙を突くかのような男の言葉に、やがて電話で雑談を交わすようになり、次には喫茶店で実際に会うようになり、そしてついにはホテルへ・・・。
自分以外、誰もいない家の中で、観てもいないテレビを付けっ放しでひとり昼食を食べているシーンや、夕暮れまでミシンに向かって内職の洋裁を縫っているシーンが延々続き、則子が男からの電話に傾斜していく心理がじっくり描かれていて、このあたりは昭和の演出だなあと思います。今だったらこういう描写はまどろっこしくて端折ってしまうだろうし、そもそもインターネットがある現在、外部とのコミュニケーションの手段が電話だけってことはありませんね。
一方、エリート商社マンだった夫は、会社の業績不振で武器の密売や外国人女性の売春に手を染めており、更に娘は外人と付き合い、果てはレイプされて妊娠中絶。そんな家族の汚い内情を知った息子は家を飛び出し・・・。
と、表向き「幸せな、いい家庭」を演じていた家族が実はドロドロで、崩壊寸前であることが暴露されていきます。
そして最終回。東京都下を襲った台風の猛威が多摩川を決壊させ、家族の入れ物である「マイホーム」が濁流に呑み込まれてしまいます。その直前、家族4人は協力してアルバムを・・・おそらく「偽りの幸せな家庭の記録」であるアルバムを、流されて行くマイホームから必死に助け出します。
最後は、全てを失った家族が、唯一残された家族の記録であるアルバムを抱いて、夕暮れの川辺をとぼとぼ歩いていくシーンで終わります。
のどかで美しい「岸辺のアルバム」と言うタイトルとは相反する、家族の醜い、情けない実情が次々暴かれて行った挙句に、最後は反語ではない「家族の絆」を意味するものとして終わる、感動のラストシーンでした。

しかしその後・・・80年代になると、同じTBSドラマでも「主婦の不倫をファッション化」したといわれる「金妻」や、やがてはトレンディだかなんだか知りませんが人間の内面を描かずにチャラチャラした上辺だけの、中身カラッポのドラマばかりになってました。このあたりからテレビがだんだんダメになって行ったと思ってしまうのは、私だけでしょうか。

にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR