配役クレジットあれこれ・その3

映画界の専属制が崩壊して各社のスターが共演するようになると、クレジットの順番が難しくなってくる。誰が格上なのか、わからないからだ。「トメ」だの「中ドメ」だの、場合によっては「(特別出演)」の肩書きをつけたりして、主役以外でも別格であることを示すようになる。
オールスター出演の大作映画を得意とした山本薩夫監督の作品では、クレジットはたいてい、「出演順」とか「アイウエオ順」になっていた。スターに序列をつけられなかったのだろうか。

田宮二郎主演のテレビドラマ「白い巨塔」(1978年)では、財前又一役の曾我廼家明蝶だけ何故か「特別出演」がついている。ほかにも中村伸郎とか小沢栄太郎とか新劇界の大物が出ている中で、この人だけ「特別」な理由がイマイチよくわからない。関西喜劇界の大御所と言うことで別格なのだろうか。
しかし、注意してよく見ていると、時々明蝶さんのクレジットに「特別出演」が付かないときがある。
船尾教授役で佐分利信が出ている回である。
佐分利信と言えば戦前からの大スターで日本映画界の重鎮。このドラマの主演・田宮さんが大映でまだ無名の通行人役だった頃も、佐分利さんはあの小津映画で主役を張っていた。従って明蝶さんが「特別出演」なら、佐分利さんには「超・特別出演」とでもつけなければ格が吊り合わないが、そういうわけにもいかない。
…という理由でおそらく佐分利さん出演の時だけ、さりげなく明蝶さんの「特別出演」を削ったのだろう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
スポンサーサイト

配役クレジットあれこれ・その2

私は大映ファンかつ天知茂ファンなので、大映映画における天知先生のクレジット序列が気になる。
「長脇差忠臣蔵」(1962年)は大映の若手の(長谷川御大クラスの大物は出演しない)オールスター映画だが、このキャストロールは、

市川雷蔵
本郷功次郎
勝新太郎

宇津井健
小林勝彦
大瀬康一
丹羽又三郎
林成年
友田輝

島田正吾(新国劇)

藤村志保
近藤美恵子
(以下、女優陣。略)

天知茂
名和宏

という具合になっている。
主役の雷蔵さん、ワンシーンのみの出演ながら雷蔵さんと並ぶスターなっていた勝新、及び二人に次ぐ社内スターの本郷さんが一番手グループなのは序列通り。
二番手グループには、新東宝出身の外様ながら大映専属になっていた宇津井さん以下、大映の準主役級スターが並び、客演の大物・島田正吾を間に挟んで女優グループが連なる。天知先生はその次に漸く表示されている。
敵役とは言え、主演の雷蔵さんと一対一のタイマンで勝負する重要な役どころにしてはランクが低い気もする。
しかし、これも「非専属」なるがゆえの扱いの差だったのであろうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 藤村志保
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR