刑事コロンボ 逆転の構図

1974年/米ユニヴァーサル/1975年12月20日NHK総合
物語。わがままな妻に嫌気がさしていた写真家のガレスコ(ディック・ヴァン・ダイク/声・新田昌玄)は刑務所帰りのダシュラー(ドン・ゴードン/声・筈見純)の仕業に見せかけ妻を偽装誘拐し殺害。ダシュラーも殺害し、更に自分の足を撃ち悲劇の夫を演じる。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)はガレスコの計画殺人と睨むが決め手がなく、最後に思い切った罠を仕掛ける…シリーズ27作目。

「犯人のキャラクター」「十分な動機」「計画性」「コロンボとの対決」そして「鮮やかな結末」など、シリーズの要素を総て含んだ代表作の一つ。「逆転の構図」と言う邦題も素晴らしいです。
今回の犯人は、悪妻に悩まされている夫と言う、ちょっぴり同情したくなる設定。実際、この奥さんは顔立ちも憎たらしいし言動もヒステリックで言葉にいちいち毒を含んでいるので、殺されてもあんまり気の毒な感じがしません。かと言って犯人が憎たらしくないと言うわけでもなく、親切めかして刑務所帰りの男に仕事を与えるふりをして利用した挙句に、罪を着せて射殺してしまう冷酷非情で緻密な完全犯罪を企てている悪人です。吹き替えている新田昌玄さんは舞台出身の俳優さん。古武士のような謹厳な顔つきと揉み上げに特徴があり、大河ドラマにも常連で出演していたので顔を見れば思い出す人も多いはず。
このシリーズでは完全犯罪のはずが第三者の計算外の行動によって綻んでしまうケースがしばしばありますが、今回も、誰もいないはずの廃車置場で酔っ払いのホームレスが一部始終を聞いていたことからコロンボに疑惑を持たれてしまいます(ちなみにこのホームレスの声は、初代マスオさんの近石真介さんですね)。例によって小さな疑問と手がかりを積み上げてねちねちと迫ってくるコロンボにいらだちながらも、巧みに言い逃れる犯人との対決は満点。コロンボ自身がホームレスに間違われてしまう小ネタも面白く、120分バージョン(正味95分)だといつも余計なエピソード入れてだらだら長くしている感が免れないのですが、今回に限っては無駄なところがありません。
最後も、写真家としての犯人のプライドを刺激して罠を仕掛け、犯人自身に"自白"させる、シリーズの王道的な結末。一瞬の間から「君、今の目撃したね?」「今の行動をちゃんと目撃したね?」「君も今の彼の行動を目撃したね?」と畳み掛ける、コロンボの駄目押し3連発のインパクトが強烈です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
スポンサーサイト

刑事コロンボ 死の方程式

1972年/米ユニヴァーサル/1973年9月1日NHK放送
物語。薬品会社の先代社長の道楽息子ロジャー(ロディ・マクドウォール/声・野沢那智)は伯父で現社長のデビット(ジェームス・グレゴリー/声・大木民夫)に会社を追放されそうになり、葉巻ケースに仕掛けた爆弾で事故に見せかけ爆殺する。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)はロジャーを犯人とにらむが証拠が見つからなかった…シリーズ8作目。

これは最初のシリーズが好評を博したことから急遽追加で慌しく制作されたもの。なので出来がイマイチと言うことで評価が低いらしいです。個人的には結構好きなんですが。少なくとも子供の頃最初に見た時は結末にドキドキさせられました。
時限爆弾を仕掛けて自動車ごと爆殺すると言う殺害方法はシリーズ中で最も大味で荒っぽいです。それが爆破によるものか事故によるものかはすぐわかるし、また怪しいのはロジャーしかいないのも最初から明白。にもかかわらず爆発で全て吹っ飛んでいて手がかりが何一つないと言うお手上げの情況なので、コロンボがひとつひとつ物証を積み重ねていく推理プロセスの面白さがまるでありません。更に犯人がやたら陽気でおしゃべりな若僧(シリーズ最年少?)なので、コロンボとの対決ムードが全然盛り上がらないのも欠点です。尤も、犯人役のマクドウォールは若く見えますが、実際はピーター・フォークと同い年(当時44歳)だったんですね。「猿の惑星」に出演していたそうですが、素顔もモンキー顔!もしルパン三世を実写化するならうってつけです。吹き替えているのは野沢那智さん。アラン・ドロンの渋さを封印して、はじけています。
コロンボが仕掛ける最後のどんでん返しも、とってつけたような強引な代物。ただそのスリルは他に例を見ないほどで、ロープウェイと言う空中の密室でじわじわと追い詰められて狂乱に陥る犯人の姿は圧巻です。
なお、この「死の方程式」と言う邦題はちょっとおかしいでしょう。内容に即して言えば、せめて「死の化学式」にしないと。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

刑事コロンボ 歌声の消えた海

1975年制作/米・ユニヴァーサル/1976年1月9日NHK放送
物語。メキシコ行き豪華客船の専属歌手ロザンナ(プウピー・ボッカー/声・中村晃子)から不倫関係を妻にばらすと強請られた中古車ディーラーのダンジガー(ロバート・ヴォーン/声・西沢利明)は、航海中にロザンナを殺害。ロザンナに振られたバンドマンのロイド(ディーン・ストックウェル/声・上田忠好)の仕業に見せかける。偶々乗船していたコロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)は船長(パトリック・マクニー/声・柳生博)から極秘に捜査を依頼される…シリーズ29作目。

今回はなんと豪華客船内が舞台と言うことで、いつもと雰囲気が違います。
貧乏刑事のコロンボにそんな優雅な旅をする金があるはずもなく、くじ運の強いかみさんが懸賞で当てた旅行の途上という設定。そんな時に殺人計画を実行してしまった犯人側からすると、まことに運の悪い巡り合わせというほかありません。
かみさんが一緒のプライベートな旅と言うことなので、ひょっとしていよいよ初めて登場するのか… とちょっぴり期待させておいて、やっぱり出てこないと言うのはお約束の展開。実際のかみさんの登場は「ミセス・コロンボ」まで待たなければならなかった…と言うのはともかくとして、かみさん放ったらかしてコロンボが捜査に没頭しているのはかなり不自然な話です。
犯人の職種が中古車ディーラーなのもイマイチな設定。大勢の顧客を豪華な船旅に招待するぐらいだから相当な大物ディーラーなんでしょうが、セレブ感が乏しいです。コロンボの捜査はまず容疑者にされたロイドの犯行ではないということの証明に費やされるため、犯人との対決ムードに欠けるのも残念。折角ロバート・ヴォーンと言う大物を起用していながら、勿体無い話です(ヴォーンは「さらば提督」にも出演していますが、この時も何だかつまらない使い方でした)
事件解決の経路もぱっとしません。医務室の使い捨て手袋の数が管理されているとわかっているのに、もう一枚盗んで濡れ衣工作をするのは間が抜けていて、馬鹿なんだか利口なんだか得体の知れない犯人でした。
ヴォーンの声をあてているのはお馴染みの矢島正明さんではなく、時代劇や刑事物で神経質なインテリ系悪役を演じることの多かった西沢利明さん。小池さんの劇団の後輩でもあります。ロザンナの声が歌手の中村晃子さんなのは、歌手の吹き替えだから?でも歌は吹き替えていないんですが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

刑事コロンボ アリバイのダイヤル

1972年/米ユニヴァーサル/1974年5月18日NHK放送
物語。巨大スポーツ企業ワグナー社のゼネラルマネージャー、ハンロン(ロバート・カルプ/声・梅野泰靖)は乗っ取りをたくらみ、やる気のない二代目オーナーのエリック(ディーン・ストックウェル/声・森功至)をプールで撲殺。飛び込みの失敗による事故死に見せかける。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)はプールサイドに水道水が不自然に撒かれていたことから他殺と確信し、ハンロンを犯人と睨む。だが、犯行時刻、ハンロンはフットボール試合場のオーナー室にいたアリバイがあった…シリーズ12作目。

これはいろいろと穴も多い話なんですが、タイトル通りアリバイ崩しにテーマが集中している点ではすっきりしています。
犯人は犯行現場付近からかけた電話を、あたかもオーナー室からかけたように見せかけアリバイを工作します。コロンボは、本当にオーナー室からかけたのなら「聞こえないはず」の外部の物音が含まれていないかと電話の録音テープに耳を傾けますが、それらしい音は何もきこえません。ほかに証拠は何もなく、焦燥するコロンボ。だが実は、本当にオーナー室にいたのなら「聞こえるはず」のある音がテープに含まれていなかったことに気づき、これが決め手となります。その証拠を突きつけられて愕然とする犯人と、してやったりと言う表情のコロンボ。そのカットから問題のテープが空回りするカットへと繋ぐインパクトのあるエンディングは非常に印象に残ります。
穴も多いというのは、例えばオーナーを殺したからと言って即会社が自分の物になるわけではないでしょうし、オーナーの奥さんといい仲らしいから実権は手に入るにしても、動機がちょっと弱い気がします。
殺人計画も偶然や運に頼りすぎです。アイスクリーム屋に変装して犯行現場を往復するのは目立ちすぎてリスクが大きいし、被害者が確実にプールに入っている保証もありません。
それはまだいいとしても、コロンボが事故死ではなく他殺と気づくきっかけになった水道水の設定には無理があり過ぎ。真夏の炎天下、プールサイドの水が犯行後1時間も蒸発せずそのまま残っているのはあり得ない話でしょう。
一方、氷の塊を凶器として使うのは、なかなか面白い発想です。氷柱(ツララ)で刺殺するのは推理クイズなんかにありがちなネタですが、氷の塊で撲殺した後、その塊をプールに投げ込んで溶かしてしまうというのは結構独創的なのではないでしょうか。
ハンロンを演ずるのは常連犯人役のロバート・カルプ。傲慢でやり手のゼネラルマネージャーを好演しています。吹き替えの梅野泰靖さんは「男はつらいよ」シリーズでは博の兄役なんかを演じていますが、ちょっとへらへらした語調にいかにもコロンボを小馬鹿にしている雰囲気がよく出ています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

刑事コロンボ ホリスター将軍のコレクション

1971年/米ユニヴァーサル/1973年7月14日NHK総合放送
物語。退役将軍のホリスター(エディ・アルバート/声・久松保夫)は軍施設建設の落札で不正を働いていたことが発覚しそうになり、共犯のダットン大佐を殺害。ちょうどその時、海上のヨットからホリスター邸を見ていたヘレン(スザンヌ・プレシェット/声・鈴木弘子)は殺人を目撃したと警察に通報しコロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)が捜査に乗り出す。たが将軍に懐柔されたヘレンはやがて証言を否認する…シリーズ5作目。

シリーズで1、2を争う迷作と言うか珍作の候補はこれでしょう。私も子供の頃最初に見た時から妙な話だな~と思っていました。
コロンボと犯人の対決や、推理と結末の意外性がメインではなく、ファザコンで男性恐怖症のバツイチ女性が父親のような頼もしい男性に心惹かれ、そして夢破れるまでのお話です。犯人と思っていた相手に惹かれて行く主人公(とあえて言いますが)の気持ちもよくわかりませんが、ジャガイモみたいな顔した爺さんのくせに若い娘を誘惑できると最初から疑わなかったホリスター将軍の自信にもびっくり。将軍、軍人一筋の堅物なのかと思ったら凄腕のプレイボーイだったのね。赫々たる軍歴と名誉に輝く英雄も裏を見れば実はカスだった、と言う痛烈な軍人批判は、ベトナム戦争末期の泥沼で軍への風当たりの強かった当時のアメリカの世相を反映しているのでしょうか。
ホリスター将軍を演じているエディ・アルバートは、面影は全然残っていませんが「ローマの休日」でグレゴリー・ペックの相棒の髭面のカメラマンだった人です。「ローマの休日」では結構若く見えましたが1906年生まれなので当時47歳で、この「ホリスター将軍」出演時には65歳。その後も長生きして2005年に99歳で亡くなりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

刑事コロンボ 悪の温室

1972年/米ユニヴァーサル/1974年5月4日NHK放送
物語。浮気な妻を引き止めるため金が必要だったトニー(ブラッドフォード・ディルマン/声・山田康雄)は信託扱いになっている資産を引き出すため、叔父のジャービス(レイ・ミランド/声・臼井正明)と組んで自分自身の狂言誘拐を企てる。だがジャービスはトニーを殺害して身代金を横取りする。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)はジャービスを犯人とにらむが…シリーズ11作目。

これは惜しい。狂言誘拐を利用する殺人計画と言うプロットはよかったので、もう少しひねれば傑作になったでしょうに、構成が甘いのでイマイチな内容。
まず犯人の動機が不明です。結構金持ちで悠々自適の隠居らしいのですが、だったら何で金が必要だったのか。人間の欲に限りはないと言えばそうなのですが、劇中で納得のいく理由付けが欲しかったところ。ジャービス役のレイ・ミランドは憎々しくて好演だったのに、中途半端なキャラクターが印象を損なっています。
次に犯人の行動が行き当たりばったり過ぎ。最初の計画は殆ど完璧だったのに、その後のことは何も考えていなかったらしく、途中の思いつきで墓穴を掘ってしまいました。それも別にコロンボが罠を仕掛けたわけでもなく、第三者の勘違いがきっかけなのはいただけません。
コロンボが、殺人課のくせにまだ殺人の起こらない前から捜査に密着している理由もわからず、ご都合主義っぽい展開です。結局のところ得をしたのは被害者の浮気者の奥さんと言う結末にもすっきりしませんね。
レイ・ミランドはアカデミー賞をとった名優ですが、ヒッチコックの倒叙ミステリー「ダイヤルMを廻せ!」でも妻を陥れる憎たらしい犯人役を演じたことがあります。この映画のラストで、いったん犯人として逮捕された妻が現場に戻されてくる設定が今回にちょっと似ているので、もしかしたらオマージュだったのかも。山田康雄が、情けない夫ですぐ殺されてしまう役の声と言うのはちょっと意外です。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

刑事コロンボ 断たれた音

1973年制作/米・ユニヴァーサル/1973年4月13日NHK放送
物語。チェスの世界チャンピオン、クレイトン(ローレンス・ハーヴェイ/声・小笠原良知)に、病気で引退していた前チャンピオンのデューディック(ジャック・クルッシェン/声・松村彦次郎)が復帰して挑戦。勝ち目がないと悟ったクレイトンは、ホテルのゴミ処理場にデューディックを突き落として殺害を図る。だがデューディックは奇跡的に命を取りとめ、意識不明の重態で病院に運ばれる。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)はクレイトンを犯人と睨むが…シリーズ16作目。

これは子供の頃に見たとき、ラストでコロンボと犯人がやたら怒鳴りあっていたシーンだけ強烈に印象に残っていました。
今回の犯人は、耳の不自由なチェスの名人。彼は試合に負けることを恐れて対戦相手を殺害しようとしますが、動機として少し弱い感じもあります。ただよく見るとこの対戦相手ってソ連、またはその傘下の東欧諸国の人間らしいですね(「コーチ」の名目で監視役が同行しているところなどがいかにも共産主義国っぽい)。つまりこれは単なるチェスの試合ではなく、米ソの代理戦争、国家の威信を賭けた試合なのでしょう。ただでさえ神経質そうな犯人が、相当のプレッシャーが感じていてもおかしくないわけです。対戦相手は、一見ケンタッキーフライドチキンの人形みたいな顔をした人の良さそうなおっさんなので、この人が殺されてしまうのはちょっと可哀相になります。しかし犯人目線で見ると、相手の余裕に満ちた笑みや態度がいかにも自分を見下しているようで、ますますイライラさせる原因にもなっているんですね。
いつもは殺人が起こってコロンボ登場となるのに、今回は殺人が未遂に終わり、被害者は意識不明の重態となってまだ生きていると言う点に特徴があります。従って犯人は警察の目をかいくぐりながら、被害者の意識が回復する前に再度犯行に及ばねばならない、と言うスリルが中盤を支配します。
一方でコロンボは、犯人が何故最初の殺害に失敗したのか、と言う点に着目して、犯人は聴覚障害者以外にあり得ない、と推理します。そこから最初に書いた、ラストの怒鳴り合いシーンに繋がるのですが、犯人を執拗に挑発していらだたせるコロンボの心理的テクニックが相変わらず冴えています。状況証拠ばかりで決め手に欠ける気もしますが、ラストのコロンボの決め台詞によって、強引に納得させられてしまいます。
考えてみたら身障者が犯人で、しかもその障害を逆手に取るというのはすごい話です。少なくとも今の日本ではうるさい連中が多くて作れないでしょう。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

刑事コロンボ ルーサン警部の犯罪

1976年/米ユニヴァーサル/1977年12月17日NHK放送
物語。人気テレビ番組「刑事ルーサン」の主演俳優ウォード・ファウラー(ウィリアム・シャトナー/声・山城新伍)は元愛人でプロデューサーのクレア(ローラ・アルブライト/声・岩崎加根子)に昔の秘密をネタに強請られていたことから、強盗の仕業に見せかけて殺害。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)はウォードを犯人と睨むが、犯行時間には友人とテレビの野球中継を見ていたと言うアリバイがあった…シリーズ38作目。

人気刑事ドラマの主人公、つまり劇中劇の敏腕警部役の犯した犯罪にコロンボが挑むという、言わば楽屋落ち的な設定がミソであり、このドラマの全て。正直言って、話の中身はあまり面白くないです。アリバイ工作には録画ビデオを使うと言う、当時としては斬新だったのかもしれませんが、今となってはありきたりの手法です。それはいいのですが、名警部役の俳優が現実の事件の中でも警部になり切って自分自身の犯罪をコロンボと協力して推理すると言う設定が馬鹿馬鹿しくて空回りしています。シリーズ中盤以降の「コロンボ」はトリックをおざなりにして設定頼みの展開が多いので、その設定がぐだぐだだと、どうしようもなくなってしまいますね。
犯人役シャトナーはテレビドラマ「宇宙大作戦」のカーク船長役として著名らしいですが、私はそのドラマをあまり見たことがないのでよく知りません。山城新伍の吹き替えははっきり言ってヘタクソなんですけど、役柄の設定が大根役者と言うことなので、山城のぎこちない台詞回しが上手い具合にはまっていました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

刑事コロンボ 二つの顔

1973年/米ユニヴァーサル/1974年7月20日NHK放送
物語。資産家のクリフォード・パリス(ポール・スチュワート/声・杉田俊也)が若い婚約者との結婚前夜、死体で発見された。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)は、クリフォードの甥で料理研究家のデクスター(マーティン・ランドー/声・滝田裕介)の犯行と睨む。だがコロンボの前に双子の兄、ノーマン(マーティン・ランドー二役)が現れる…シリーズ17作目。

「刑事コロンボ」は倒叙推理ドラマなので、物語は犯行シーンから始まり、視聴者には最初から犯人がわかっているのが通例。でも、これだけはわからない。と言うのも、犯人は双子だから。従って視聴者は、犯人の顔はわかっているのにそのどっちが犯人なのかと戸惑います。もっとも、目の肥えた視聴者ならすぐピンと来るだろうし、兄弟の性格が真逆でお互いいがみ合っているなど最初からヒントはちりばめられているわけですが、私は昔見たことがあったにもかかわらず中盤まで気がつきませんでした。
そういう意味では倒叙物であることを逆手に取った面白い試みなんですが、、、ただ結果的には何のことはない、単なる普通のミステリーになってしまっているので、最後にコロンボが犯人をトリックにかけてギャフンと言わせる、このシリーズならではの醍醐味は皆無です。物語の構成も、コロンボが、事件とは直接関係のない料理番組に出演するシーンが延々続いたりして散漫です。
事件以外の見所は、パリス家の家政婦からがさつでだらしないコロンボの言動がとことん嫌われまくっている点。犯人以外からこんだけ嫌われているコロンボと言うのは他にないのでは?
滝田裕介は医療ドラマの先駆け「ベン・ケーシー」などで吹き替え歴も豊富なベテラン。このドラマでも、性格の違う兄弟の特徴を巧みに演じ分けていました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

刑事コロンボ ハッサン・サラーの反逆

1975年/米ユニヴァーサル/1976年12月25日NHK放送
物語。スワリ王国のアーマド・カマル国王(バリー・ロビンス/声・坂部文昭)のロサンゼルス訪問を控えた領事館において警備隊長が殺される。犯人の総領事代理ハッサン・サラー(ヘクター・エゾリンド/声・井上孝雄)は共犯者のハビブ(サル・ミネオ/声・宗近晴見)も殺害して彼の犯行に見せかける。コロンボ(ピーター・フォーク/声・小池朝雄)はハッサンの犯行と確信するが、外交官特権が立ちふさがる…シリーズ33作目。

アラブ系の外国領事館内における総領事代理の犯罪。外交官は不逮捕特権に守られているので、犯人とわかっていてもコロンボは手を出せません。その困難な壁を乗り越えてコロンボは犯人をどうやって逮捕に持ち込むのか?が物語の焦点。この点ではコロンボの上司が犯人だった「権力の墓穴」ともちょっと共通しますが、本作の場合の解決法は極めて単純ですがスケールは大きい。 1度見てしまうとなんてことない話ですが、初見の時はあっと思わされたものです。
被害者役の1人、サル・ミネオはこのドラマに出演した翌年、強盗に刺されて不慮の死を遂げたそうなので、日本で放送された時にはもうこの世にはいなかったことになります。サル・ミネオと言えば映画「理由なき反抗」でジェームス・ディーンと共演したことで知られますが、ディーンは事故死だったし、同じく共演のナタリー・ウッドは溺死、ニック・アダムスは睡眠薬死と、「理由なき反抗」に出演した面々はあまりいい死に方をしていないようです。
ハッサン・サラーの声、井上孝雄は映画「アラビアのロレンス」の吹き替えでロレンスの声を演じたことで印象に残っています。このドラマでハッサンの吹き替えに起用されたのもやはり、アラブ=井上さんと言う連想だったからなのでしょうか。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR