「太陽がいっぱい」の吹き替え

pleinsoleil02.jpg
もう先月ですけど、声優の野沢那智さんが亡くなりました。72歳。今の時代には、まだまだ若過ぎましたね。合掌。
声優として持ち役はいろいろあるんでしょうが、70年代のテレビ洋画世代にとって野沢那智さんといえば、やはりアラン・ドロンです。アラン・ドロンの声が野沢那智さんであることは、オードリー・ヘプバーンの池田昌子さん、マリリン・モンローの向井真理子さん、チャールズ・ブロンソンの大塚周夫さんらとともに、切り離せないものでした(ドロン本人の声なんてダーバンのCMを見るまで知りませんでした)
しかし調べてみると、ドロンの吹き替えが野沢那智さんで独占的に統一されるまでには、結構いろいろな方がやっているみたいなんですね。例えば70年代初期は堀勝之祐さん、後期は久富惟晴さんがかなりの作品を吹き替えているし、他にも山田康雄さんや富山敬さんなんかが担当されたこともあるようです。
代表作「太陽がいっぱい」に関してみると、野沢那智さんを含めて5つの吹き替えバージョンが存在します。

(1)1969年 TBS版      ドロン:石立鉄男 ロネ:堀勝之祐 ラフォレ:斉藤昭子
これが本邦初の吹き替え版でしょうか。堀勝之祐さんがモーリス・ロネに回り、俳優の石立鉄男さんがドロンの声です。あの「チー坊!」の石立さんがドロンの吹き替え…って、かなりの違和感があります。ただ、テレビでコミカルな役柄が定番になる前の石立さんって、生真面目で暗い若者役を演じることが多かったようです。なのでこの吹き替えの起用もそういうイメージを当て込んだキャスティングだったのでしょう。この石立版はVHSで発売されたことがあるそうなので、機会があれば聞いてみたいものです。

(2)1972年 フジテレビ版  ドロン:野沢那智 ロネ:堀勝之祐 ラフォレ:上田みゆき
これが最初の野沢版ですね。DVDにも収録されているので最もポピュラーなバージョンでしょう。私がテレビで最初に見たのもたぶんこれだったんだろうと思います。那智自身さんも30代前半と若いこともあって、役柄の雰囲気には一番合っていると思います。

(3)1977年 日本テレビ版  ドロン:松橋登  ロネ:中尾彬  ラフォレ:二宮さよ子
これも当時見ていたんでしょうが、残念ながら記憶にはないです。ただ松橋さんも屈折した役柄が持ち味でしたから、ドロンの声のキャスティングとしては納得できる起用です。ロネが中尾さん…と言うのは不思議な気もしますが、当時の中尾さんはまだプレイボーイとして浮き名を流していた頃ですから、「女たらし」のイメージを当て込んだのでしょうか。二宮さんは時代劇で遊女役とかが似合う女優さんなので、清楚なマリー・ラフォレのイメージが湧かないです。「気丈な女性」と言う感じだったのかしら。

(4)1984年 テレビ朝日版  ドロン:野沢那智 ロネ:有川博  ラフォレ:榊原良子
二度目の野沢バージョン。これは比較的最近(といっても26年前か^^;)なので覚えているし、このバージョンで何度か再放送もされていると思います。ロネ役の有川さんも二枚目系の俳優さんです。 2人とも当時40代なので、ちょっと大人のバージョンと言う感じでしょう。

(5)2008年 テレビ東京版  ドロン:野沢那智 ロネ:池田秀一 ラフォレ:岡寛恵
三度目の野沢バージョン。これは知らなかったのですが、2年前と言うと那智さんも70ですか…。う~ん。20代当時のドロンの声を当てるには、さすがにちょっときつかったのかな。どうなんでしょう。。。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
スポンサーサイト

インフォシーク終了

「インフォシーク iswebライト」、終了してしまっていたんですね。知らなかった。
http://isweb.www.infoseek.co.jp/info/information.html
私もここにホームページを持っていましたが、さっき見たら見事に消えていました。尤も長いこと放置していたから、あまり惜しくはないですが、お気に入りに入れていた他の方のサイトが無くなってしまったのが残念。移転していれば再会の可能性もあるでしょうが、そうでないサイトはもう見ることが出来ません。
それにしてもインフォシークのような無料HPレンタルスペースは今後漸次消えていく運命なんでしょうか。 10年以上前に私がインターネットを始めた頃は、旧ジオシティーズ、tripodなどにホームページを作っている人が多かったです。しかしジオはYahooに統合され、米ジオは昨年終了。tripodもインフォシークに統合され、そのインフォシークも今般終了。 Webサイト型のホームページは徐々に廃れ、今ではブログが全盛で、更にはツイッターなんて代物まで出現しました。
Webサイト型のホームページとブログとの違いは、まず端的に言って利用者の「敷居が高い」と言うことでしょう。何せWebサイトの場合、何も無いところから自分で全部作らないといけないんですから、面倒くさいです。しかしその反面、面倒な思いをしてまで作り上げたホームページには、その分だけ内容の濃い、有意義なサイトが少なくなかったとも言えます。なのでネットを始めた頃、ホームページを開くのは選ばれた人の特権に思えたし、いずれ自分のホームページを持つのは小さな夢の一つでした。
ブログの場合、登録ひとつで誰でもすぐ始められるし、内容も深く考えることなく思い付きを書き並べて垂れ流していればいいんですから気楽なものです。ましてツイッターの登場はますますそれを助長しているでしょう。勿論有用な情報を載せているブログもありますが、悪化が良貨を駆逐するの例えどおり、どーでもいい刹那的な情報の洪水に押し流されてしまっている可能性が大です。自分でもブログをやっていて文句は言えませんが、ブログが流行りだして以降、ネットで必要な情報を抽出検索することが難しくなったと思うことしきりです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR