「江戸川乱歩の美女シリーズ」の常連脇役たち

サイトに移動しました。
http://tvmovie.web.fc2.com/bijo/byplayer.html

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 天知茂 江戸川乱歩
スポンサーサイト

顔役

1971年/勝プロ製作・ダイニチ配給/勝新太郎監督
出演/勝新太郎、山崎努、太地喜和子、若山富三郎、前田吟、山形勲、大滝秀治、織本順吉、藤岡琢也、深江章喜、伴淳三郎ほか
物語。大淀組(組長、山形勲)と入江組(組長、江幡高志)の抗争が激化。はみだし刑事の立花(勝新太郎)は徹底捜査を唱える課長(大滝秀治)の言葉を信じて暴力団の壊滅作戦にとりかかり、大淀組代貸しの杉浦(山崎努)をパクる。だが何者かの圧力によって突然捜査の打切りが決定する。怒った立花は警察手帳を叩きつけ一人署を飛び出す…

勝新太郎製作・監督・脚本・主演によるワンマン映画。一度もビデオ化されていない珍作ですが動画サイトで見ることが出来ました。
内容はありきたりなアウトロー刑事物ですが、勝新の奇抜な演出が炸裂。手持ちカメラで撮っているので映像は常に揺れていて不安定だし、おまけに極端なアップを多用し、場面転換の時でも状況説明的な引きのカットが全く入らないので、一体どういう話なのか、そもそも何を撮ってるのかすらもよくわからない、と言う状態が延々続きます。劇中音楽も単調な繰り返しのテーマが時々鳴る以外は全く入らないし、まるで素人の実験映画のよう。そういう撮り方をすることで、ドキュメンタリー的な効果を狙ったのかもしれませんが、でも出ているのは大部分俳優だし、しかもキッチュの怪物のような勝新なんですからお笑いですが。こっちとら今はタダで見てるからいいようなものの、お客から金取って興行で上演するしろもんじゃないでしょう。アマチュアの自主制作映画会で発表するのがお似合い。
ちなみにこれ、権利が東宝に流れた時のフィルムなのか、最初に東宝マークが出てきますが、封切り時の配給は大映末期のダイニチですよね。
面白いのは、終盤若山富三郎扮する大物ヤクザの仲介で抗争していた二つの組が手打ち式を行うシーンだけが何故か手持ちカメラをやめて固定カメラのきちんとした普通の構図になっていること。ひょっとしたら若山が一喝して実兄の権威で勝新の馬鹿げた撮り方を止めさせたのかもしれません。誰か押さえつける人がいる時は勝新の狂気と常識のバランスが取れますが、そうでなくなるとロクなことにならないのはその後の歴史が証明しています。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 勝新太郎

暗黒街の対決

1960年/東宝/岡本喜八監督
出演/三船敏郎、鶴田浩二、司葉子、河津清三郎、平田昭彦、田崎潤、中丸忠雄、佐藤允、中谷一郎、夏木陽介、天本英世、ミッキー・カーチスほか
物語。新興の大岡組(組長・河津清三郎)と古手の小塚組(組長・田崎潤)が争っている地方都市に左遷されて来た札付きの汚職刑事・藤丘(三船敏郎)。組し易しと見た大岡は早速藤丘を抱き込む。だが藤丘は大岡組に加担すると見せる一方、大岡に妻を殺され復讐を誓う元小塚組幹部の村山(鶴田浩二)にも近づく。やがて小塚組が大岡組に全滅させられ村山も狙われるが、その時村山を救ったのは藤丘だった。藤丘の行動を怪しんだ大岡は弁護士の天堂(平田昭彦)を通じて密かにその身元を調査すると…

東京から左遷された悪徳刑事、実は暴力団対策のエキスパートが活躍する和製ギャング映画。現代版「用心棒」と言う評判ですが、そんなに似ていないと思います。「用心棒」と違って片方のヤクザは早々に壊滅してしまうし、そのために三船が特に何をするってわけでもない。同じ原作者(大藪春彦)の「野獣の青春」(日活、鈴木清順監督)の方がよっぽど骨格は「用心棒」に近いですね。
ストーリー自体もはっきり言って大して面白くない。むしろ、トレンチコートをびしっと着こなした三船さんのダンディな男振りとか、常にステッキを振り回している平田昭彦さんのキザでクールな悪党振り、黒ずくめの殺し屋で普段はキャバレーの男性コーラスで歌っている天本英世さんの怪演、あるいは西部劇調の軽快な演出なんかを楽しむ映画でしょう。
鶴田さんは和製ギャングばかりの中でひとり古風な任侠やくざで、三船さんと奇妙な友情を結ぶ役どころ。一応三船さんに次ぐ準主役なんですが、何となく影が薄いと言うか浮いていると言うのか、この映画のリズムには合っていない感じがしました。鶴さんの持ち味ってのは基本的に女々しい奴が精一杯強がっている男の哀感なんで、こういう東宝の明朗アクションには異質じゃないかしら。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎

大盗賊

1963年/東宝/谷口千吉監督
出演/三船敏郎、浜美枝、水野久美、草笛光子、有島一郎、田崎潤、中丸忠雄、佐藤允、天本英世、船戸順、若林映子ほか
物語。堺の豪商、呂宋助左衛門(三船敏郎)は海賊の嫌疑で処刑される寸前に日本を脱出。海を渡って新天地を目指すが、途中で黒海賊(佐藤允)に襲われ南国の浜辺に流れ着く。その国では宰相(中丸忠雄)が国を乗っ取ろうと企んでいた。助左は姫(浜美枝)を助けて立ち上がる・・・。

三船敏郎扮する呂宋助左衛門が南の国で大暴れする痛快冒険活劇。
南の国って言っても一体どこなんだか。アラビア、シャム、中国、古代ローマ、その他もろもろが入り混じったような衣装に風俗のデタラメな設定。第一、商人の呂宋助左衛門がなんで椿三十郎さながらのスーパーマンなのかわかりませんが、そこが三船さんたるゆえん。これほど荒唐無稽でスケールの大きな娯楽映画は今じゃ到底作れないし、その主人公がハマるのもやはり、三船さんしかいないでしょう。ラストで騒動を片付けた後に王室への仕官を振って悠然と去ってしまうところも、まるで三十郎。
その三船さんとタッグを組むのが、女好きの久米仙人有島一郎と、女山賊の水野久美。飄々とした有島さん、男勝りでセクシーな水野クーミンもはまり役。
対する敵役の中丸忠雄と徒党を組む佐藤允、田崎潤、そして魔法使いの妖婆役がなんと天本英世(当時38才、勿論男)。声は吹き替えのようですが、痩身で指先が長いのでぴったりです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎

やさぐれ姐御伝 総括リンチ

1973年/東映/石井輝男監督
出演/池玲子、内田良平、根岸明美、安倍徹、名和宏、遠藤辰雄、嵐寛寿郎、愛川まこと、芹明香ほか
物語。神戸港に着いた猪の鹿お蝶(池玲子)は麻薬の運び屋と間違われて拉致され拷問を受けた挙句に、殺しの濡れ衣を着せられるが、危ういところを譲二(内田良平)という男に救われる。やがてお蝶はヤクザが女スリの秘所に麻薬を隠し、横浜から神戸に運ばせていたことを知る…

東映ポルノと言われた70年代B級娯楽映画のひとつ。OPで主題歌をバックにヒロインが、番傘に仕込んだドスを振り回して立ち回りをするところは女性仁侠映画によくあるノリなのですが、何故かだんだん着物が一枚ずつ脱げていき最後にはスッポンポンになってしまうという、意味不明の演出。しかも主人公はのっけから拉致され裸にされ、股間に指を突っ込まれて…って、いやこういう映画とはよく知らないでうっかり?見ちゃったんで、ちょっと度肝を抜かれました^^;
内容は意外と複雑で、麻薬を巡って二組のやくざ、女スリのグループ、「女囚さそり」の梶芽衣子もどきのスケ番グループなどが入り乱れて争うのですが、はっきり言ってよくわかりません^^;最後は死体置き場みたいな陰気な場所で、女たちが素っ裸になりながら悪い男どもをやっつけたのち(これがタイトルの総括リンチなんでしょう)、再び主題歌をバックに夕陽に向かって凱旋するシーンでエンド。
主演の池玲子は1953年生まれなので当時20歳だったことになりますが、とてもそうは見えない貫禄と脱ぎっぷりの良さ。尤もwikiを見たら、実際は1954年生まれだったそうなので、じゃあもっと若い(19歳)のかとびっくり。
ちなみに「総括リンチ」ってタイトルは、当時連合赤軍が仲間を「総括」の名の下に大量リンチ殺人を行い世間を驚かせた、その事件から取っているのでしょう。今だったら不謹慎だと言われかねないネーミングですが、何でもアリなのが当時の娯楽映画らしいところです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

ルパン三世 第3話「さらば愛しき魔女」

lupin0301.jpg
物語。青い月夜。モーターボート上で恋人のように戯れるルパンと不二子。ルパンのワルサーを手に取った不二子が、ふいに一艘のモーターボートを狙撃する。大破したボートから美女リンダ(声・武藤礼子)を助け出したルパン。そこへ犯罪組織キラー・イン・キラーズ(隊長・スターン、小林修)が2人を襲うが、次元が救う。だがリンダは消えていた。ルパンと次元は、キラー・イン・キラーズの基地のある島に乗り込む。リンダはキラーズの命令で「第三の太陽」と言う花を使った武器の研究をさせられているハインライン博士(千葉耕市)の助手だった。博士の人体実験の結果、哀しい魔女になってしまっていたのだ…!

初期のエピソードは全て好きなので、評価するとしたら全てに「A」以上のランクを付けたいんですが、、、これだけは、うーん、涙を呑んで「B」またはせえぜえ「Aマイナス」ってとこですかねえ。好きなシーンもあって捨て難いのですが、何せストーリーがわけわからなさ過ぎ。初期エピソードは大胆な省略による構成が絶妙の雰囲気を作り出しているのですが、しかしあまりに度を越して雰囲気にだけ偏重すると、どうしようもない話になってしまうと言う典型ですね。
まずリンダが「魔女」って、どういう意味なのか。
勿論、比喩なんでしょうし、「第三の太陽」なしでは生きられなくなってしまった体が普通の人間ではないことを示唆しているまではわかりますが、具体的なことが何も語られません。そもそも核分裂理論の研究に何で人体実験が必要だったのかも、さっぱりわかりません。ただ「魔女」と言う忌まわしい響きが、それとは裏腹のリンダが醸し出す花のような可憐さを際立たせているのみです。
一方、ルパンが何考えてんだかも、よくわかりません。
もともとルパンが島に乗り込んだのは、ただひたすらリンダのためでした。そのリンダから「私を守って」とお願いされて、安請け合い。その時点では戯言と思ったにしても、後でリンダが「第三の太陽」なしでは生きられないことがわかりました。ところが終盤では頭からリンダの存在が欠落してしまったかのように、博士の言うまま「第三の太陽」を焼き払ってしまいます。じゃあルパンにとって、リンダって、いったい何だったの?って感じ。リンダが死ぬ段になって、今更思い出したかのように目を潤ませていますが、なんかちょっと白々しいんですよねえ。
更に不可解なのは、不二子の言動。
冒頭シーンでいきなりリンダの乗ったモータボートを狙撃するのは、「キラー・イン・キラーズと手を組んだふりをしていた」と言う台詞で説明がつきますが、それにしたって無茶苦茶。しかも後でリンダと何やら会話を交わしています。スターンは、リンダから「第三の太陽」の場所を聞き出そうとしていると推測していますが、リンダが大切な「第三の太陽」の場所を簡単に教えるのは変な話。だとしたら、何の話をしていたのか?ひょっとしたら不二子とリンダの関係には、表には出ていない何かがあったのかもしれません。
もともとこの一件にルパンが関わったのは、例のごとく不二子がきっかけです。不二子がリンダのボートを撃たなければ、ルパンがリンダと出会う事もなかったのですから。しかもその直後リンダは思わせぶりにすぐ姿を消してしまいました。してみると、不二子とリンダは最初からグルで、ルパンを島におびき寄せるための芝居を仕組んだとも考えられます。ただ、その目的がわかりません。まあ、不二子の方は、ルパンを利用して「第三の太陽」を手に入れるつもりだったのかもしれませんが、リンダにとってのメリットは何なのか。言葉通り、ルパンに自分を守ってもらいたかったのか?リンダの本音、正体は全くつかめません。そう言うところだけは、まさに「魔女」なんですけどね。
いずれにしろ今回もまた不二子に振り回されたルパンですが、それ以上に気の毒なのは、とばっちりを食った次元。最後も、不二子のせいでミサイルが墜落、漂流するハメになってしまい、「だから女には気をつけろとあれほど言ったのに」と愚痴を垂れる次元に、「わかった、わかりましたよ!なんだい、ガミガミ言うなってんだい」とぼやくルパン。とか何とか言い合ってはいても、次元はルパンを放っちゃ置けないわけだし、そんな次元にルパンも甘えていると言う関係がほほえましいのですが、その傍らで当の不二子は全く悪びれた様子もなく、のんびり日光浴、と言う構図が3人の関係を象徴しているエンディングでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

ルパン三世 第2話「魔術師と呼ばれた男」

lupin0202.jpg
物語。マシンガンで乱射され倒れる男(=パイカル、声・江角英明)…だが次の瞬間には、何事もなかったかのように立ち上がる。場面変わってルパン邸。ルパンと次元の耳に、囁くような不二子の歌声が聞こえる。不二子は昨夜、炎に包まれてふいにルパンたちの前に現れたのだ。そこへパイカルが現れ、不二子をさらって行く。ルパンと次元が応射するが、パイカルには通じない。逆に指先からの火炎噴射で火達磨にされる。パイカルとはいったい何者なのか。何故、不二子をさらったのか?ルパンと次元は、昨夜不二子と遭遇した場所へ手がかりを探しに行った帰り道、車のダッシュボードから三枚のマイクロフィルムを発見する…。

誰もが認める(?)「ルパン三世」3大エピソードのひとつ(あとの二つは「脱獄のチャンスは一度」と「殺し屋はブルースを歌う」)。初期ルパンの特徴である、非常に複雑な話でありながら、描写はシンプルでストレートです。
まず冒頭でいきなり蜂の巣にされるパイカル。よく考えてみたら、パイカルは何故襲われたのか、襲ったのは誰なのか。このあとの物語には全然関係ないんですね。でもこのシークエンスがあるのとないのとでは、印象が大違い。魔術師と呼ばれる不気味な男の出現を予告するとともに、この動と暴力が、次のシーンをコントラストする役目を果たしています。
のんびり釣り糸を垂れているルパンと、銃の練習?に励む次元。前回とは全く一変した、静かで、アンニュイなムードの中、微かに聞こえて来る不二子の歌声…。

お願い 傷つけて 傷つけて 冷たく捨てる夢を
マシンガンが 吠える 吠える 地獄に向かって
明日 逢うときは さようなら
いま 別れの言葉は 何もない

頽廃的で、どこか不吉なメロディ、そして歌詞です。よく聞き取れなかったのですが、ネットで検索したらすぐわかりました。いや便利な時代になったもんです。
ちなみにこれ歌ってるのも二階堂有希子さんなんですかね?それとも、劇伴スキャットをやってる伊集加代子さん?
まあ、どちらでもいいんですが、その歌声とともに映し出されたのは、例によって昭和のちびっ子の視線を釘付けする、不二子のオールヌードのシャワーシーン… 尤も後姿ですが。この後にも、不二子がパイカルをベッドに誘ったり、更にパイカルに服を破られ、下着姿で吊るされたりと、純真な昭和のちびっ子たち(クドい)には刺激的過ぎたシーンが登場します。
それはさておき、物語はパイカルの魔術、すなわち「指先からの火炎放射」「空中浮遊」そして「不死身の肉体」の謎、更に不二子がパイカルから盗み出したマイクロフィルムの正体を巡り、ルパンとパイカルの対決が展開します。それはそれとして面白いのですが、ここでは省略。それより昭和のちびっ子も平成のおじさんも今なお悩ませる謎は不二子の態度、つまりパイカルとルパン、「2人の男を同時に愛してしまった」と言う不二子の心情についてです。
もともとこの一件は、パイカルから色仕掛けでマイクロフィルムを奪った不二子がルパンの元へ逃げ込んできたことが始まり。ルパンにとっちゃ、パイカルと対決するメリットは何もありません。
一方のパイカルも、ルパンにはマイクロフィルムの秘密が解けないと安心しているせいか、何が何でも対決してフィルムを取り戻すって感じじゃないんですよね。だいたい不二子が知らせるまで寝てたぐらいだし^^;そう、全ては不二子が2人を対決に仕向けているのです。それも「愛」という口実の下に。…その真意は何でしょうか?
一見、愛と言う甘い言葉で巧みに2人を操り、共倒れさせて、マイクロフィルムを独り占めする目論見だったようであり、いやそうではなくて、やはり「2人を愛してしまった」と言う言葉にも一端の真実があったようにも思えるし…謎です。
おそらく初期のエピソードが大人向け、或いは難解と言われるのは男と女の関係が軸になっていること、とりわけ男にとって女の心情が謎であり、その恣意に男が翻弄されているように見えることを客観的に描写しているからなんでしょうね。
「こっちへいらっしゃい、坊や」「また来るわね、おばかさーん」
魔性の美女、不二子の台詞には、二階堂さんの硬質でドライな口調がよく合います。
パイカルの声を演じたのは、日活の悪役俳優として活躍した江角英明さん。無表情、無感動…江角さんのモノトーンな台詞回しがパイカルの個性を際立たせています。考えてみればシリーズ中で、不二子の魔性ゆえに身を滅ぼしたのは(9話のプーンを別にすれば)このパイカルだけ。炎に包まれながら川底に落下していく最期は印象的でした。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:

ルパン三世 第1話「ルパンは燃えているか…?!」

lupin0101.jpg
物語。飛騨スピードウェイで開催されたカーレースに出場したルパン三世(声・山田康雄)。レースを餌にルパンをおびき寄せたのは、世界的犯罪シンジケート「スコーピオン」のコミッショナー、ミスターX(滝口順平)。事故死に見せかけ、敵対するルパンを抹殺する計画だった。だが、ルパンもそれは百も承知。レース中に相棒の次元大介(小林清志)と入れ替わってスコーピオンの拠点ホテル・ミラクルに乗り込み、叩き潰す策を立てていた。先に潜入していた峰不二子(二階堂有希子)が捕まってしまうが、ルパンは動じない。そのルパンのマシンを、宿命のライバル銭形警部(納谷悟朗)が追う…

「♪ルパァ~ン、ルパァ~ン、ルパァ~ン、ルパァ~ン(ダッダッ)、ルパンザサァ~ドゥ」
とチャーリー・コーセイが歌う「ルパン・ザ・サードの歌」とともに始まった、記念すべき第1話。「サード」のところの発音が良すぎて、何言ってんだかよくわからないところも子供の頃は渋くて格好良く思ったのですが、意外にもこのOPは1話から3話までと9話、計4回しか使われていません。でも「ルパン三世」のOPと言えばこれ!と言う強烈な印象を今に残しています。
物語には1話目らしい紹介的な前置きは何もなく、いきなり本筋から始まるクールなスタート。初めて見た時は、てっきり、既に始まっていてもう何話か過ぎているんだと思いました。ブラウン管(死語)のこちら側にいる視聴者には初回でも、劇中のルパンたちにとってはこれが「日常」、と言う乾いた空気の中で、さりげなく、しかしハードな冒険が始まります。
疾走するルパンのマシン。丘の上でのんびり寝転がっている次元。ルパンを追う銭形。そして、スコーピオンに捕まる不二子。
ルパンは不二子を「オレの恋人」と言いながら、捕まったと聞いても「ま、いいでしょ」とクールな対応。銭形との関係には多少説明的な描写が入りますが、次元とルパン、不二子とルパンについては多くを語りません。ただ、微妙なやりとりだけで関係を暗示しています。
考えてみたら、この回のルパンは別に物を盗むわけじゃないし、またルパンも次元も、全く銃を抜かないんですね。ルパン=大泥棒、次元=早撃ち0.3秒のガンマンと言うキャラクターでありながら、その特徴が全然出てこない初回と言うのも珍しい。
尤も、単に盗んだり、ぶっ放したりするだけがルパンの能ではない。罠をかいくぐり次元と入れ替わってホテル・ミラクルに潜入し、電気コードのたった一撃でスコーピオンを壊滅。敵の裏をかき頭を駆使する面が描かれています。
更に不二子も初回から「謎の女」の本領発揮。単独行動でミラクルに忍び込んだ不二子はそもそも何が目的だったのか、後のOPでのルパンの台詞じゃありませんが、この時点でもう「女盗賊か女スパイか」よくわかりません。黒のピチピチシャツで磔にされ、マジックハンドで服を引き裂かれて玩ばれる姿は、この作品を夕方の再放送で初めて知った昭和のちびっ子たち(死語その2)の目を釘付けにした衝撃のシーン。「コースは山あり谷あり、意外な落とし穴が…」と言うミスターXの台詞も、忘れられない名文句(?)です。
台詞と言えば、救出された不二子に次元が言う「よう、赤頭巾ちゃん」ってのも印象的でした。危険に晒された不二子を、あえて可憐な少女に見立てて揶揄している、次元一流の言い回しでしょう。でも気をつけなければならないのは次元のほうで、不二子の手には金槌が。
若干、地味にも思われた淡々としたストーリー展開は終盤に一転、派手なカーチェイスと爆発シーンで一気に盛り上がります。最後は、宿命のライバルを称するだけでイマイチ役割のはっきりしなかった銭形に三枚目的なオチを付け、そして小悪魔チックな不二子の裏切りと、その裏切りを「女のアクセサリー」と許しながら例のマジックハンドを持ち出すルパンでエンド。キザで、ちょっとエッチなエンディングにこの作品のエッセンスが表れていました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR