レッド・サン

1971年/フランス・イタリア・スペイン共同制作/テレンス・ヤング監督
出演/チャールズ・ブロンソン、三船敏郎、アラン・ドロン、ウルスラ・アンドレス、キャプシーヌほか
物語。1870年、日米修好の任務を帯びた日本国全権大使一行が同乗した列車がリンク(ブロンソン)とゴーシュ(ドロン)の強盗団一味に襲わる。ゴーシュは日本の帝から大統領に献上する黄金の太刀を奪った上、リンクを裏切って強奪した金品を持ち逃げ。宝刀奪還を命じられた黒田重兵衛(三船敏郎)はリンクと手を組み、ゴーシュの行方を追う。当初は反発しあっていた二人だが、旅を続けるうちに不思議な友情が芽生える…。

三船敏郎、チャールズ・ブロンソン、アラン・ドロンと言う、日米仏の三大国際スターが豪華共演した夢のような作品。尤も、その割りに評価や知名度がイマイチのようなんですね。特に「七人の侍」のミフネと「荒野の七人」のブロンソンが共演する西部劇なんて、もっとウケてもよさそうなのに。
三大スターと言ってもドロンは敵役の脇役。専ら三船&ブロンソンのロード・ムービーに終始し、まあそれ自体は決してつまらなくはないんですけどイマイチ単調で、期待に反して盛り上がりに欠ける面もあります。でも三船さんは悪くないです。昔の映画にありがちな、日本のサムライが妙竹林に描かれたところはあまりなく(これは三船さんが厳しくチェックしたからでしょう)、やはり三船さんはどこへ行ってもあの豪快で逞しい三船さんで、ブロンソン、ドロンと伍して堂々と渡り合い、まさに世界のミフネの貫禄十分。旅の途中で娼婦屋に泊まった三船&ブロンソン。三船さんは娼婦をストイックに拒むのかと思いきや、ニタリと笑って招き入れるなど、日本映画での三船さんのキャラクターだったらあり得ないようなシチュエーションが見れるのもご愛嬌。最後に後ろからドロンに斬りかかった三船さんが逆に撃たれて白目を剥いて死んでしまう結末だけはちょっと納得できない気もしますが、そこは西部劇と言うことで我慢しましょう。
ちなみにこれは子供の頃にテレビで見た時は吹替え版でしたが、三船さんの声は誰か別人が(今調べたら川合伸旺さんだったらしいのですが)日本語に吹き替ていました。今回は字幕(英語)版を見ましたが、オリジナルでは三船さん本人が英語で台詞をしゃべっていました。ところがドロンの英語は吹き替えなんですね。口の動きは台詞と合っているけど声はドロンじゃありません。と言うことは三船さんより英語が下手だったんでしょうか。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎

赤穂城断絶

1978年/東映/深作欣二監督
出演/萬屋錦之介、千葉真一、渡瀬恒彦、近藤正臣、峰岸徹、原田美枝子、岡田茉莉子、西郷輝彦、金子信雄、丹波哲郎、三船敏郎ほか
物語。赤穂藩主の浅野内匠頭(西郷輝彦)は江戸城中で吉良上野介(金子信雄)に刃傷に及び、内匠頭は切腹、お家は断絶。城代家老の大石内蔵助(萬屋錦之介)は藩士から誓紙血判を集め、時節到来まで隠忍自重することを約し、ひとまず開城のむねを発表するが…。

大ヒットした「柳生一族の陰謀」に続く時代劇大作映画の第二弾。しかし前作と違って古臭い素材が受けなかったのか興行的には失敗した模様。新機軸としては赤穂浪士たちの討ち入りを「幕府への反逆」と解釈した点、近藤正臣演じる浪士がなかなか決起の日が来ないことに耐え切れず脱落して妻の原田美枝子ともども破滅してしまう様を描いた点など。上野介の内匠頭いじめは端折っていきなり松の廊下から話が始まったり、内蔵助が垣見何某を偽って江戸まで道中する話するとか赤垣源蔵の徳利の別れの話のような忠臣蔵で定番のエピソードはあまり出てきません。
例によってヨロキンは歌舞伎がかった大芝居ですが題材が題材なだけに「柳生一族」の時ほどの違和感はありません。反対に不破数右衛門役の千葉ちゃんはキャラが浮きまくり。東映にとっては”外様”の峰岸徹(堀部安兵衛役)とか森田健作(間十次郎役)あたりが活躍するのは意外。三船さんは吉良の隣屋敷の旗本土屋主悦役で顔見世の出演。
ちなみに深作監督の当初の計画では金子信雄が大石でヨロキンが吉良だったとか。あーそっちの方が見たかった。

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎 千葉真一 東映

元大統領危機一髪 プレジデント・クライシス

1996年/アメリカ/ピーター・シーガル監督
出演/ジャック・レモン、ジェームズ・ガーナー、ダン・エイクロイド、ジョン・ハード、ブラッドリー・ウィットフォード、ローレン・バコール ほか
物語。共和党の元大統領クレイマー(ジャック・レモン)と民主党の前大統領ダグラス(ジェームス・ガーナー)は長年の宿敵関係。或る日クレイマーは在任中の汚職の濡れ衣を着せられ、その罪を暴こうとしたダグラスも消されそうになる。事件が現大統領ヘイニー(ダン・エイクロイド)の陰謀と知ったクレマーとダグラスは、大統領側に追われ国中を逃げ回るハメに。犬猿の仲の二人の珍道中が始まった…

これは日本未公開ですが自分は飛行機の機内上映で見たことがあります。尤も途中で寝てしまい、あまり覚えていなかったりもするので、もう一度見たいと思っていました。
内容は、無実の罪で追われるハメになった元大統領二人のロード・ムービー。性格から何から全て正反対の二人が喧嘩しながらアメリカ中を逃げ回りつつ、現大統領の策略を暴こうとするポリティカル・コメディ。現職の大統領ではなく元大統領が主人公と言うところが興味深いです。
日本とは制度も違いますが、日本の首相は退陣後も権力にしがみ付いて院政や長老政治を敷こうとするのに対して、アメリカの大統領は現職を退くと同時に過去の人。回顧録を書いたり企業の広告塔になったりして金と名誉には恵まれるものの、かつて世界の超大国のトップだったにしては何となく寂しい存在になってしまうんですね。ただ、全国民の選挙で選ばれた大統領だっただけに、退任して4年や8年経った程度では誰も忘れていないし、党派を超えてそれなりに尊敬もされている。この映画でも、逃げ回る元大統領二人とひょっこり出会った人々が、すぐ元大統領だとわかってびっくりするシーンが度々あります。日本だったら1年か1年半でくるくると交代する元首相は数年経ったら顔と名前が一致しなくなるケースが多いし、バカにされこそすれ尊敬されることなんざ殆どないでしょう。
お話はコミカルな中にも移民、失業、同性愛などアメリカが抱えるシビアな政治問題を織り交ぜ、現実を初めて知った元大統領二人がしゅんとなるシーンがあったり、現大統領と対決すべくホワイトハウスに乗り込んだ二人の前に大どんでん返しが待っていたり、スリリングに展開。笑いながらアメリカの政治や大統領制について学べるし、芸達者なジャック・レモン、ジェームズ・ガーナーに加えてクレイマー夫人役でローレン・バコールが出ていたりで豪華な顔ぶれ。なかなか楽しめる映画です。

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ:
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR