浮かれ三度笠

1959年/大映/田中徳三監督
出演/市川雷蔵、本郷功次郎、中村玉緒、左幸子、宇治みさ子、かしまし娘、伊沢一郎、小堀阿吉雄 ほか
物語。将軍吉宗(伊沢一郎)は尾張宗春(小堀阿吉雄)を懐柔するため、甥の与一郎と宗春の息女菊姫(中村玉緒)を縁組みさせようとした。その頃、偶然に宗春謀反の連判状を手に入れた江戸の菊姫は、父を諌めようと腰元の渚(宇治みさ子)とともに出奔し尾張に向かい、更に与一郎まで姿を消す。菊姫を捜し出すよう命じられた楠見兵馬(本郷功次郎)は、途中で与三郎と名乗る旅がらす(市川雷蔵)と知り合い道連れになる…濡れ髪シリーズの3作目。

タイトルは「浮かれ」ですがこれも濡れ髪シリーズの第3作。例によって内容上の繋がりはありませんが前作に続き雷蔵&本郷&玉緒のトリオが出演。
今回は雷蔵さんが旅がらすの与三郎こと実は若殿の与一郎で、本郷さんは真面目で女が苦手な若侍役。役柄のバランスは前作より安定しています。
この二人、そして身分を隠して旅する菊姫と渚、女やくざで実は女隠密のお吉(左幸子)、更に与一郎探索を命じられた隠密の黒手組とふくろう組一党が偶然宿で一緒になってしまい、それぞれ身分と目的を秘す彼等が珍妙なやり取りを繰り返すのが前半のお話。
台詞の中に当時流行したギャグなんかがちりばめてあるようなんですが、今見ると何が何だかよくわかりません。反骨の女優で知られた左幸子さんもこういう他愛もない娯楽映画に陽気な役で出ていたことがあるんですね。
終盤は謀反を企てる宗春を死を賭して諌めようとする菊姫、与三郎を庇って死ぬお吉の愁嘆場などがあり、ややシリアスな展開を見せます。最後は、騒動が無事落着した後で嫌々与一郎と見合いすることになった菊姫が、与一郎が実は与三郎だったと知り驚くハッピーエンドの結末。
玉緒ちゃんはシリーズ1作目では脇役でしたが2作目は準ヒロイン、そしてこの3作目ではついにヒロインへと3段出世。宇治みさ子さんは次郎長シリーズの法印大五郎役で知られた名脇役田中春男さんの娘で、この方も昨年亡くなりました。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵
スポンサーサイト

濡れ髪三度笠

1959年/大映/田中徳三監督
出演/市川雷蔵、本郷功次郎、淡路恵子、中村玉緒、楠トシエ、中田ダイマル・ラケット、千葉敏郎 ほか
物語。将軍家斉の第三十八番目の若君長之助(本郷功次郎)は岡崎藩に預けられ居候生活を送っていたが、急遽、甲州鷹取藩相続を申し付けられ、家斉との対面のため江戸に向かう。だが自分の娘の生んだ家斉の若君を鷹取藩主にしようとする老中堀尾備前守は長之助を亡き者にせんと暗殺団を送る。偶然刺客から長之助を救った渡世人の半次郎(市川雷蔵)は江戸までの警護を頼まれるが…濡れ髪シリーズの2作目。

今日14日、本郷功次郎さんが心不全で亡くなったとのこと。驚きました。数年前に脳梗塞で倒れられてから活動こそありませんでしたが、その後回復されたと聞きお元気だとばかり思っていたのに…。本当に残念です。

本郷さんと言えばリアルタイムで見ていたのはテレビの「特捜最前線」、橘警部役なんですが、ここ数年ずっと昔の映画ばかり見ていたせいで、最近は逆に大映の映画スターと言う印象のほうが強くなっています。当時は雷蔵、勝新に続く第三の男と言う存在で大作「釈迦」の主演や現代劇の恋愛物などもありますが、やはり代表作は(ご本人は不本意だったかもしれませんが)ガメラ、大魔神でしょうか。

この作品は本郷さんデビュー1年目、21歳の時の出演作と言うことで、若い、と言うよりまだあどけない顔立ちの方が目立ち、後年の男っぽいイメージからは似ても似つきません。台詞回しもやや舌ったらずだし、初々しい姿が見られます。
物語は、「濡れ髪剣法」に続くシリーズ第2作、と言っても内容上の繋がりはなく、前作では雷蔵さんが世間知らずな若殿役だったのが、今回は本郷さんが若殿で雷蔵さんはそのサポートをする役。若殿のトンチンカンな言動を雷蔵さんがたしなめるわけですが、これは正直言ってちょっと面白くない。と言うのも前作は本来はしっかり者の雷蔵さんが世間知らずな若殿を演じているギャップが面白かったんですが、今回は子供っぽい本郷さんが若殿で、雷蔵さんがしっかり者の渡世人では、見た目通りなので意外性が何にもないです。
ストーリーも身売りされる田舎娘おさき(中村玉緒)の身の上話などが絡んできてややしめっぽさが目立ちます。本郷さんも若いが玉緒ちゃんも若い。
最後は、渡世人の半次郎とともに道中する間にすっかり庶民の生活に馴染んだ本郷さんの若殿が、このまま一緒にいたいと言うのを半次郎が懇々と諭す。それで立派な殿様になる…のかと思ったら、結局殿様の座を投げ捨てて半次郎たちを追ってくるところで終わり。一応ハッピーエンドな結末なのはいいんですが、ただそうなるとその前の半次郎の説諭の場面が全然意味をなさないものになってしまうので、物語の構成上はちぐはぐな感も残ります。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵

午後の曳航

1976年/アメリカ・日本/ルイス・ジョン・カリーノ監督
出演/サラ・マイルズ、クリス・クリストファーソン、ジョナサン・カーン、アール・ローデス、ほか
物語。イギリスの小さな港町。未亡人の母アン(サラ・マイルズ)と暮らす13歳のジョナサン(ジョナサン・カーン)は「首領」と呼ばれる少年(アール・ローデス)を中心に秘密のグループを作り大人たちに支配された醜悪な世界の破壊を目指していた。或る日ジムは逞しい海の男、航海士のジム・キャメロン(クリス・クリストファーソン)と出会い「英雄」として見て憧れる。だがやがてジムが母と結婚して他の堕落した大人たちと同じになろうとしているのを知って幻滅。仲間とともにジムを誘い出して処刑する…

三島由紀夫の原作小説を翻案した外国映画で、舞台は原作の横浜をイギリスの小さな港町に変えています。原作は大昔読んだので細部は忘れてしまいましたが、ストーリーは概ね同じのようです。でも上っ面を撫でただけで、中身はまあ別物のようですね。まず少年たちが幼稚で、すぐ喧嘩をしたり感情的になったり、いかにも子供なのが減点。ここは、見かけは子供でも常に冷徹かつシニカルに世界を考察しているのでないと意味がないでしょう。それと原作以上にやたら主人公の母子密着度が強すぎるので、単にマザコン少年が母親を奪った愛人を憎悪しているつまらない話にしか見えません。ジムが地味で、こんなもっさりした男のどこに英雄の面影を見出してあこがれたのかさっぱりわからないので、尚更です。なんかテーマを取り違えているんじゃないでしょうか。。良かった点は重厚な海と空の色、格式のある港の佇まい。この雰囲気は日本が舞台だったら出せなかったでしょう。あと首領役の子供は美少年で印象的だったのですが、調べてもこれ以外では特に活躍していないようです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 三島由紀夫
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR