国盗り物語(その2)

信長編の登場人物です。

nobunaga02.jpg
織田信長/高橋英樹
物語後半の主人公。

mituhide02.jpg
明智光秀/近藤正臣
後半もう一人の主人公。
本放送で本能寺の変は最終回の1回前に描かれ、最終回は光秀の死を以て完結。物語がトップクレジットの主役である信長ではなく光秀の死で終わることもこのドラマが光秀も加えて「主人公3人」である所以です。

nouhime02.jpg
濃姫/松坂慶子
信長の正室。本能寺まで信長と運命をともにする。
光秀とは従兄妹同士で幼馴染、なおかつお互いほのかな思いを抱いていた間柄。と言うことで光秀が信長に仕えて再会後も接点があり、うろ覚えですが最後は本能寺で光秀が濃姫の亡骸と痛ましい対面をするシーンもあったような気がするのですが、総集編にまとめる場合はそのへん枝葉になってしまうのかバッサリ切られています。

omaki01.jpg
お槇/中野良子
光秀を不遇の時代から支えた最愛の妻。

hideyosi01.jpg
羽柴秀吉/火野正平
信長の家臣。
日吉丸時代から信長に召し抱えられるまでの経緯も描かれていたはずですが総集編では端折られています。 しかも妻の寧々(太地喜和子)は登場シーンすらカットされている有様で、太地喜和子と言う有名女優が演じていたにも拘らずおそらく歴代大河で最も不運な寧々w。

toshiie01.jpg
前田利家/目黒祐樹
信長の家臣。

katuie01.jpg
柴田勝家/宍戸錠
信長の家臣。

nagahide01.jpg
丹羽長秀/北村晃一
信長の家臣。

kazumasu01.jpg
滝川一益/今福正雄
信長の家臣。

koroku01.jpg
蜂須賀小六/山田吾一
野武士の出で秀吉が日吉丸時代の主人。のちに秀吉の側近。

hanbe01.jpg
竹中半兵衛/米倉斉加年
斎藤家から織田家に転じ秀吉の参謀。

kanbe01.jpg
黒田官兵衛/江守徹
半兵衛亡き後の秀吉の参謀。

kazutoyo01.jpg
山内一豊/東野孝彦
信長の家臣。

chiyo01.jpg
千代/樫山文枝
一豊の妻。どんな時も明るく夫を励ます。
ちなみに樫山文枝は良妻賢母の代名詞「おはなはん」として当時知らない人でも知っている存在だったのでこの役は誰もが納得するキャスティング。

fukutomi01.jpg
福富平太郎/和崎俊哉
道三の家臣だったが濃姫の嫁入りに従い、以後織田家の家臣。

kagamino01.jpg
各務野/吉行和子(右)
美濃から従ってきた濃姫の侍女。
総集編ではクレジットされているにも関わらず顔が映っているのはここだけw

ranmaru01.jpg
森蘭丸/中島久之
信長の小姓。
余談ながら4年後の「花神」(1977年)では中島=牧野忠訓(殿様)、高橋英樹=河合継之助(家臣)となり主従関係が逆転していました。

yaheiji01.jpg
明智弥平次光春/三ツ木清隆
光秀の従弟。

toshimitu01.jpg
斎藤利三/亀石征一郎
光秀の家臣。

fujitaka01.jpg
細川藤孝/伊吹吾郎
足利幕府譜代の家臣。光秀とはともに幕府再興に奔走して以来の親友。

ieyasu01.jpg
徳川家康/寺尾聰
三河の戦国大名。信長の同盟者。
まさか41年後にも同じ役をやるとは。

うーんまた長くなったのでもう1回続きます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 国盗り物語
スポンサーサイト

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

国盗り物語(その1)

kunitoriop.jpg
原作/司馬遼太郎
脚本/大野靖子
音楽/林光

1973年に放送されたNHK大河ドラマ。一介の油商人から身を起こして美濃一国を奪い取った一代の梟雄・斎藤道三(平幹二郎)と、道三から天下制覇の夢を受け継いだ2人の弟子、織田信長(高橋英樹)と明智光秀(近藤正臣)の姿を描いた壮大な戦国ドラマです。 主人公が3人、しかも後半だけで2人と言うのも異例ですが、信長に抵抗した紀州鉄砲隊の雑賀孫市(林隆三)や信長の命を狙う伊賀忍者の葛籠重蔵(露口茂)なども絡んだ群像劇になっており一粒で四度も五度も美味しい内容でした。出演者は39歳の平幹は別として、高橋英樹29歳、近藤正臣30歳、松坂慶子(濃姫役)21歳、火野正平(秀吉役)24歳、寺尾聰(家康役)26歳、江守徹(黒田官兵衛役)29歳など大半が20代で、後年の大物俳優たちの若き日の躍動感あふれる演技も見所の一つ。
しかし…現在は総集編しか残っていない!
まあそれすら残っていない他の初期大河に比べればましとは言え、総集編は所詮大まかな粗筋をまとめているに過ぎません。本来の面白さを10分の1も伝えていないのが残念ですが、愚痴ってもしょうがないので取り敢えず総集編の中から登場人物を挙げてみます。

まずは道三編。

dousan01.jpg
斎藤道三/平幹二郎
物語前半の主人公。妙覚寺の元・学僧。京一番の油屋・奈良屋(のち山崎屋)の入り婿となり得た巨万の富を足がかりに智謀の限りを尽くして美濃一国を奪い取る。

omaa01.jpg
お万阿/池内淳子
奈良屋の女主人。道三の京の妻。道三が美濃に行ってしまうので必ずしも毎回登場しなかったと思いますが一応前半のヒロイン。

miyoshino01.jpg
深芳野/三田佳子
土岐頼芸の側室。のちに道三の側室。道三の運命を変えるもう一人の前半ヒロイン。

omi01.jpg
小見の方/山本陽子
明智一族の娘で幼い時から道三の元で養育され正室になる。
総集編ではあっと間に臨終シーンになってしまいますがw本編では当然ながらもっと出番は多いです。

yoriyoshi01.jpg
土岐頼芸/金田龍之介
美濃の守護・政頼の弟。道三の力で守護の座に就くが、やがて兄同様に追放される。
総集編には命からがら逃げ出した頼芸が小舟の上で愚痴をこぼすところまでしか収められていませんが、本編では実はその船の船頭が道三だった、と言うオチがありました。

nichiun01.jpg
日運上人/鈴木瑞穂
美濃常在寺の住職。道三が学僧時代の学友。道三を兄・長井利隆に紹介し美濃仕官の橋渡しをする。

nagai01.jpg
長井利隆/安井昌二
土岐家の重臣。日運の兄。道三を頼芸に推挙する。

masayori01.jpg
土岐政頼/仲谷昇
頼芸の兄。美濃の守護。頼芸を守護に就けんとする道三により追放される。

akabe01.jpg
赤兵衛/山谷初男
妙覚寺の元・寺男で、道三に付き従って寺を飛び出して以来の家臣。
総集編ではカットされてますが、本編では道三の死後も生き延び京のお万阿に道三の最期を報告します。

mimiji01.jpg
耳次/谷啓(左)
道三の間諜。
名前通り道三の耳となり目となって働きますが、総集編にはこのカットのみで台詞もありません。 こういう脇役の活躍が面白いのに…だから総集編だけではなかなか伝わらないんですよね。

sugimaru01.jpg
杉丸/永井秀和(右)
奈良屋の手代。お万阿を慕い晩年まで仕える。
でも総集編では耳次同様に台詞なしで映っているだけw

mitutuna01.jpg
明智光綱/御木本伸介
光秀の父。小見の方の兄。

mituyasu01.jpg
明智光安/久米明
光綱の弟。兄とともに道三の美濃覇業を助ける。

doku01.jpg
猪子兵助/常田富士男(左)、堀田道空/松本克平(右)
道三の家臣。

yoshitatu01.jpg
斎藤義龍/若林豪
道三と深芳野の子。実は土岐頼芸の子。

michitoshi01.jpg
長井道利/森幹太
義龍の家臣。義龍に出生の秘密を漏らす。

genta01.jpg
小牧源太/小林昭二
道三を討った義龍の家臣。

nobuhide01.jpg
織田信秀/千秋実
尾張の戦国大名。道三の中年期以降のライバル。

nouhime01.jpg
帰蝶(濃姫)/松坂慶子
道三と小見の方の娘。尾張の信長に嫁ぐ。

mituhide01.jpg
明智光秀/近藤正臣
明智光綱の子。少年時代から道三の薫陶を受け後継者と期待される。

nobunaga01.jpg
織田信長/高橋英樹
信秀の子。舅の道三から天下獲りの夢を託される。
本放送では1回目に信長と濃姫の婚礼が描かれ、以後は道三が往時を回想する形で物語が展開して14回で再び婚礼に戻り、18回で道三の死が描かれ、19回から名実ともに信長編に入ります。ちなみに本編にあった「うつけ」っぷりの具体的な描写(父・信秀の葬儀など)が総集編にはなく、守役の平手政秀(田崎潤)の登場シーンもカットされてますw

長くなったので2回に分けます。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 国盗り物語

テーマ:懐かしドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR