大映俳優列伝(59)竹村洋介、森矢雄二

kyoto0213.jpg
この大映俳優列伝ではなるべくメジャーではない俳優も取り上げたいと思っているのだが、プロフィールが不明な脇役俳優のことは、何か取っ掛かりがないと書くのが難しい。田中三津子の回で「これからのセックス 三つの性」(1964年)と言う映画に触れたので、その繋がりで今回は竹村洋介と森矢雄二を無理矢理押し込んでみる。
以前も触れたように「これからのセックス 三つの性」はベストセラーになった家庭の性の啓蒙書『性生活の知恵』で知られる謝国権の原作によるものだが、実はその「性生活の知恵」も大映で61年に映画化されている。
こちらは五話形式のオムニバス物で、主演は第1話が竹村南海児と三浦友子、第2話が花野富夫と奈良ひろみ、第3話が森矢雄二と園敦子、第4話が入江洋佑と藤江津子、第5話が夏木章と有島圭子、と言う組み合わせで、普段は脇役の俳優ばかりである。
この第1話主演の竹村南海児と言うのが竹村洋介の前名である(下の名前は「なみじ」と読むのだろうか)。60年からの2年間は竹村南海児の名で出演しているが、「性生活の知恵」以外は殆ど端役である。62年から洋介に変え、「黒の試走車」(62年)「背広の忍者」(63年)「黒の切り札」(64年)など田宮二郎のサスペンス物に多く出演しているが、やはり端役である。64年、久しぶりの大役がまたしても謝国権原作のオムニバス物「これからのセックス 三つの性」第3話への主演だったのである。
尤も、真に大役と呼べるのは「白い巨塔」(66年)の柳原弘役だけだろう。後に何度もテレビ化されているので知っている人が多いと思うが、田宮演じる主人公・財前教授の誤診事件の鍵を握る登場人物である。原作の前半のみで終わっている映画版ではそれほど比重が大きくないのだが、重要な役柄であることに変わりない。
しかしこれで格が上がると言うこともなく、翌67年「兵隊やくざ 俺にまかせろ」を最後に姿を消してしまうのである。ちょっと小太りの、気弱で真面目そうな面立ちが個性とも言えない特徴だった。
なお77年に東映の「惑星大戦争」やTV「新幹線公安官」に出演した同名の俳優がいるが、別人のようである。

gamera0170.jpg
「性生活の知恵」第3話に主演したのが森矢雄二である。大映は縁故入社が多かったが、彼も大映技術部長の息子だったと言う。1959年から70年まで70本前後出演しているが、やはり「性生活の知恵」以外は殆ど端役である。ひ弱そうな外見で、「妻は告白する」(61年)「痴人の愛」(67年)などで主人公の同僚社員の役が多い。目立つ役と言えば「兵隊やくざ」(65年)で軍隊を脱走して自殺する初年兵、「陸軍中野学校」「陸軍中野学校雲一号指令」(66年)の2作で演じた中野学校生ぐらいだろうか。
あと「ガメラシリーズ」に登場するアナウンサー役は全て森矢が演じている。特別に滑舌がいいわけではないので何故だかわからないが、「にせ刑事」(67年)でもアナウンサー役だった。
映画出演は70年の「でんきくらげ 可愛い悪魔」が最後だが、テレビ室制作のドラマ「ザ・ガードマン」(TBS)には71年までゲスト出演している。その後も74年に大映テレビの「白い牙」18話(日本テレビ)にゲスト出演歴があるので俳優を続けていたのだろうが、いつ辞めたのかわからない。

大映映画の世界
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(58)田中三津子

gardman10452.jpg
1958年(昭和33年)9月に公開された「一粒の麦」(吉村公三郎監督)は当時"金の卵"ともてはやされた集団就職の少年少女たちを描いた作品である。主演は先生役の菅原謙二と若尾文子だが、若尾は出番が少なく、大部分は12人の少年少女を演じた金沢義彦、田中三津子、松山英太郎、小笠原まり子、中根勇、高島稔、木下雅弘、安城啓子、杉本五十八、如月敏子、小林信介、肥山昭枝による群像劇である。
この中で有名なのは前進座・河原崎國太郎の息子で後年テレビの「肝っ玉かあさん」や「大岡越前」などで活躍した松山英太郎だけで、あとは日活の脇役だった木下雅弘と東宝の怪獣映画「地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン」(72年)に出演した高島稔がかろうじて知られているぐらいだろう。だが、年数だけで言えば松山に次いで長く活動したのは田中三津子である。
プロフィールは不明で、データベース上の最初の出演作は幕内力士・房錦の半生を本人主演で描いた「土俵物語」(1958年3月)である。その後「巨人と玩具」の端役を経て出演したのが「一粒の麦」で、他の仲間と共に福島から上京して病院の女中に就職する少女を演じている。設定上は中卒だから15~16歳だったことになるが、恋人役の木下雅弘の実年齢が当時20歳だったりもするので実際はいくつだったのかわからない。
以後倒産まで在籍しているのだが、これと言った役に恵まれず、主人公の友人とか同僚のOLとか平凡な脇役が多い。クールな美貌の持ち主だと思うがあまり重用されなかった。
ただ1本だけ主役を演じたことがある。以前にも成田純一郎や日高晤郎の回で取り上げた「これからのセックス 三つの性」(64年)と言う未ソフト化の3話オムニバス物で、その3話目の主役が竹村洋介と田中三津子なのである。あらすじは、子供は生まない主義で堕胎したばかりの竹村・田中夫婦の許に叔父から子供が生れたら莫大な財産を相続させるという話が舞い込み、慌てて妊娠しようとする…と言う話だったようである。
末期には時代劇の「秘録おんな寺」(69年)「怪談累が渕」(70年)や怪獣映画の「ガメラ対大魔獣ジャイガー」(70年)にまで動員されている。若手が次々辞めて同世代の女優が手薄なためか、便利使いされたような感じである。
倒産以前からテレビ出演もするようになり「ザ・ガードマン」(TBS)「特別機動捜査隊」(NET)「大江戸捜査網」(東京12チャンネル)などにゲスト出演。69年の怪奇ロマン劇場「四谷怪談」(NET)では田村高廣が伊右衛門で田中がお岩を演じている。73年「ファイヤーマン」第7話(日本テレビ)で宇宙生物学者を演じたのを最後に出演記録はない。

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(57)高野通子

nidoumareru0112.jpg
大映は時代劇、文芸物、サスペンス物、特撮物まで網羅するジャンルの幅広い会社だったが、一方で全くダメだったのが喜劇である。そして喜劇ほどではないが、青春映画もあまり得意なジャンルではないだろう。倉石功によれば、「青春物に重きを置いていなかった永田雅一社長の鶴の一声」で中止になってしまった作品もあると言う。そのため大映から青春スターは生まれ難かったようである。
劇団若草から大映入りした高野通子も青春映画でヒロインを演じたもののぱっとしないまま消えてしまった。
若草在籍中の57年(昭和32年)5月に日活映画「倖せは俺等のねがい」で映画初出演。俳優・宇野重吉の第三回監督作品で、フランキー堺と左幸子の新婚夫婦の許に親のいない4兄弟が転がり込んでくる話である。その4兄弟に若草の子役が扮し、高野通子は長女を演じた。
大映には同年の「地上」で舞妓役、「十七才の断崖」に叶順子の妹役で出演。59年2月の松竹映画「吹雪と共に消えゆきぬ」を経て3月の「情炎」以降は大映専属となる。ただ61年頃までは出演クレジットに「劇団・若草」のカッコ書きがついていることがあるので、いつ正式に大映入りしたのかは不明である。
60年、田中絹代監督の「流転の王妃」では"天城山心中"の愛新覚羅慧生(劇中では英生)を演じているが、何故か各種映画データベースには名前が載っていない。
61年に歌謡曲をモチーフにした「北上夜曲 北上川の初恋」で六本木真とともに初主演する。次いで「命みじかし恋せよ乙女」にも六本木真とのコンビで主演。未見だが、あらすじを読む限りどちらも古色蒼然とした悲恋物だったようである。
同年暮れに公開された「新 源氏物語」では紫の上役に抜擢されている。「源氏物語」は51年にも長谷川一夫の光源氏で映画化されているが、今度は市川雷蔵主演で再映画化したものだ。尤も今回は川口松太郎の現代語訳が原作だが、10年前に紫の上を演じたのは乙羽信子だったのだから、スター候補生としてそれなりに期待されていたのだろう。
その後も「若い奴らの階段」(61年)「すてきな16才」「かっこいい若者たち」(62年)「若い樹々」(63年)などの青春映画に出演している。だが、姿美千子や高田美和の台頭で脇役に回ることが多くなっている。「高校三年生」(63年)では黒縁メガネの地味な三枚目役だった。
映画出演はそれが最後で、以後はテレビに転じ「太閤記」(NHK)「特別機動捜査隊」(NET)「銭形平次」(フジテレビ)「大奥」(フジテレビ)などにゲスト出演している。71年以降は出演記録がない。

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(56)苅田とよみ

uchujintokyo0102.jpg
野球繋がりで今回は苅田とよみである。
何故野球に関係があるのかと言うと、父親が苅田久徳だからである。
苅田久徳はプロ野球創成期の名選手である。1934年(昭和9年)の大日本東京野球倶楽部(読売ジャイアンツの前身)設立に参加し、澤村栄治がベーブ・ルースやルー・ゲーリックを相手に好投したことで知られる日米対抗戦に出場した。翌35年2月から7月までのアメリカ遠征にも参加し、娘のとよみは、その遠征から帰国する2週間前に生まれている。以後 東京セネターズ、東急フライヤーズなどで51年までプレーして初代盗塁王や最高殊勲選手を獲得し、兼任監督も務めた。69年野球殿堂入り。
とよみが映画界入りした経緯はわからないが、おそらく球界に顔が広かった永田雅一大映社長との直接の縁ではないかと思う。
56年、「宇宙人東京に現わる」でデビュー。高度な科学力を持つ友好的宇宙人パイラ人が地球の危機を救うために来訪する内容の日本初の特撮カラー映画である。川崎敬三、見明凡太朗、山形勲らが出演し、苅田ともみは人気スター歌手・青空ひかりと、彼女をモデルにパイラ人が人間に変身した姿の天野銀子の2役を演じている。東京撮影所所長だった永田秀雅によれば、パイラ人から銀子に変身するシーンの特撮には丸1日を擁し、とよみはこの日だけで3キロ近く痩せたと言う。演技は硬いが、エキゾチックな美貌が異星人らしさを醸し出していた。
印象が残るのはこれ1作だが、それで辞めたわけではない。大映と正式に契約し専属女優になっているのだ。出演作は「宇宙人東京に現わる」を含めて11本だが、そのうちの「スタジオは大騒ぎ」と「スタジオはてんやわんや」は大映のプロモーションビデオのようなものなので、実質は9本である。
「東京犯罪地図」(56年)では川崎敬三の恋人役、「狙われた土曜日」(57年)ではヒロインを演じたがそれ以外は脇役に回っている。58年、「猫は知っていた」を最後に退社し、そのまま女優を引退した。なお、永田がオーナーの大毎オリオンズでコーチをしていた父親の久徳もこの年限りで退団している。

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(55)橋本力


大映のほかにプロ野球団を所有していた映画会社は東映(東映フライヤーズ)と松竹(松竹ロビンス)である。尤も松竹は大映への対抗心で球団を持っただけなのであまり熱意がなく、初代のセ・リーグ優勝球団になったのに4年で撤退している。
一方、大映の永田雅一は采配にまで介入するほどの野球好きである。同じく野球の好きな東映社長の大川博とは犬猿の中で、フライヤーズの投手から東映の俳優に転向した八名信夫によると、映画五社の社員による草野球大会の際には、大川から「絶対に大映に勝て」と厳命の電話が掛かって来たと言う。
その八名と同じように、オリオンズの選手から大映の俳優になったのが橋本力である。
名前を聞いて、顔を見てもわからないかもしれないが、「大魔神」と言えば、知らぬ者はおるまい。その中の人(スーツアクター)だったのが橋本である。
daimajin0011.jpg
1933年(昭和8年)生まれ。函館西高校在学中に野球部員として甲子園大会に春夏連続出場を果たし、53年に毎日オリオンズ(58年から大毎オリオンズ)へ入団。1年目から一軍に出場し、5年目の57年には119試合に出場して外野手のレギュラーを獲得している。
だが59年、怪我で二軍落ちする。この際に、「一刀斎は背番号6」にアドバイザー兼選手役で出演している。と言ってもどこに出ているのか確認できないノンクレジットの端役だが、撮影でダイビングキャッチを演じた際に鎖骨を折ってしまう。これが原因でオフに自由契約となり現役を引退するが、気の毒に思った大映本社の意向で俳優に転身。同期には伊丹一三(十三)や村上不二夫がいた。
なお公式プロフィールには「大映京都撮影所の専属俳優」と書いてあるが、入社当時の所属は東京撮影所であろう。初クレジット作はたぶん60年4月公開の「勝利と敗北」だと思うが、その前に3月の「からっ風野郎」で既に愚連隊の一人としてノンクレジットで顔を出している。
以後クレジット作だけで100本近く出演しているが、俳優としては素人で、台詞廻しもうまくないので殆どが端役である。コワモテでガタイがいいので、やくざや酒場の用心棒、刑事の役が多い。格闘シーンも多く、「黒の超特急」(64年)では田宮二郎をボコボコにするやくざ、逆に「悪名市場」(63年)「兵隊やくざ」(65年)では勝新太郎にボコボコにされている(ウィキペディアには「『悪名市場』で、バーテンの役で田宮二郎に殴られる出番があり」と書いてあるが、本編にそういうシーンはない)。
そんな橋本に初めての"主役"が巡って来たのが、66年の「大魔神」三部作である。体力と目の迫力を買われて大魔神役に抜擢され、1度も瞬きをしない目の演技で昭和のちびっこ(死語)を震え上がらせた。68年の「妖怪大戦争」でもダイモンのスーツアクターを演じている。
ちなみにガメラシリーズにも第4作「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」(68年)に出演している。こちらはスーツアクターではなく、役名は「医者風の男」(となっているが、要するにバイラス人の人間体の一人)である。
大映倒産後は勝プロに所属。72年には香港映画「ドラゴン怒りの鉄拳」に出演し、敵役としてブルース・リーと共演している。
85年、永田雅一の死去をきっかけに俳優を引退するが、近年も大魔神やブルース・リー関係のイベントやインタビューに顔を見せていて健在のようである。

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(54)宮川和子

kuro0341.jpg
前回で取り上げた「一刀斎は背番号6」(1959年)には宮川和子がキャバレーのダンサーの役でワンシーン出演している。
『日本映画人名事典』の記述では39年(昭和14年)生まれなのだが、ウィキペディアでは37年になっている。いずれにせよ松竹音楽舞踊学校に在学中の57年に大映の「踊子」にダンサー役の一人で出演したことがきっかけで大映に入社し、同年「透明人間と蠅男」の婦警役でデビューしている。当初の芸名は三宅川和子だったが60年の「好き好き好き」から、宮川和子となっている。
「好き好き好き」は叶順子、野添ひとみとのトリオが川口浩を巡って争う恋愛コメディである。タイトルはフランク永井の同名流行歌に由来し、本編のタイトルクレジット上も単に「好き好き好き」なのだが、プログラムやポスターでは何故か「セクシーサイン 好き好き好き」になっていて各種の文献でもそちらが正式タイトルのように扱われていることが多い。
続く「嫌い嫌い嫌い」では野添が抜けて叶順子と宮川が金田一敦子の花婿選びに絡む話である。ちなみに伊丹十三(当時は一三)のデビュー作で、ポスターには「新スタア」のカッコ書きがある。61年の「投資令嬢」 では再び叶順子・野添ひとみとのトリオで出演している。
一方で弓恵子、仁木多鶴子ともトリオを掛け持ち(?)で「お嬢さん三度笠」「東海道ちゃっきり娘」「銀座のどら猫」(60年)等に主演した。後に脇役に回るが、ひとくせのあるOLや水商売系の役が多かった。63年の「黒の札束」では、後述する高松英郎の内妻役である。
64年「アスファルト・ガール」を最後に大映を退社してフリーとなり、「特別機動捜査隊」(NET)などのドラマにゲスト出演。変わり種では「ウルトラセブン」第41話(69年、TBS)にも出演している。71年「可愛い悪女」(日活)を最後に女優を辞めたようである。
80年刊の『日本映画俳優全集』には、その後は「赤坂でクラブを経営するかたわら高松英郎のマネージャーをしている」と書いてあったのだが、同書の改版である96年の『日本映画人名事典』にはこの部分がない。
その代り近年になって現れたのが、「高松と結婚した」という情報である。
元大映社員中島氏のブログやウィキペディアにそう書いてあるのだ。
だがウィキの高松の記事中にもあるように、高松は62年に別の女性と結婚したはずだし、その後再婚したと言う公の情報もない。念のため中島氏にメールをして直接尋ねてみたところ、情報源は確かなようだったが、直接確認をとったわけではないらしい。なのでもう少し事情がわかるまでは何とも言えないように思う。

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(53)仁木多鶴子


大映はプロ野球チームを所有していた。最初は大映スターズだったが、1957年(昭和32年)開幕前に高橋ユニオンズと合併して大映ユニオンズ、更に同年11月には毎日オリオンズと合併して大毎オリオンズとなり、オーナーは引き続き大映の永田雅一が務めていた。当時毎日側の選手だった須藤豊(後に大洋監督)によれば、帝国ホテルで行われた大毎の結団式には永田が山本富士子や市川雷蔵ら「スクリーンでしか見たことがない」映画スターを引き連れて現れ、選手たちを驚かせた。オフの日には調布の大映撮影所に行って女優さんとおしゃべりするのが楽しみだったと言う。言わば映画俳優とプロ野球選手が系列会社の社員同士だったわけだ。その大毎オリオンズの選手と"社内結婚"したのが、仁木多鶴子である。
39年生まれ。父親はジャズトロンボーン奏者で、その影響か国立音楽大付属中学、同高校を経て国立音楽大ピアノ科に進む。化粧品のPR雑誌に写真が載ったことをきっかけに中退し、57年に大映第11期ニューフェイスとして入社。同期には藤巻潤や丸井太郎がいた。東京撮影所所長だった永田秀雅(雅一の息子)によれば、新人の頃から撮影所内では若尾文子に似ていると評判だったらしい。
同年12月、本名の鶴田和子で「十七才の断崖」に出演しデビュー。58年、仁木悦子の江戸川乱歩賞受賞ミステリー原作の「猫は知っていた」に主演し、原作者に因んで仁木多鶴子に改名している。
59年にはメロドラマの「たそがれの東京タワー」に主演するが、なまじ若尾文子に似ていることが個性を削いでしまったのか、この路線ではスターになれなかったようである。
次に出演したのが野球映画「一刀斎は背番号6」である。五味康佑の原作はジャイアンツが舞台だが映画ではオリオンズに変更され、当時の主力である田宮謙二郎、山内和弘、榎本喜八、荒巻淳、小野正一らオリオンズの選手たちに加え、西鉄ライオンズの稲尾和久らも出演している。仁木多鶴子がオリオンズの選手と共演するシーンはないが、撮影中に顔を合わせる機会はあったのだろう。後の伴侶である小野正一との出会いはこの映画がきっかけとされている。
小野正一と言っても今では殆ど誰も知らないだろうが、当時の大毎のエースで、通算184勝、通算2244奪三振を記録した左腕投手である。
余談だが58年のオープン戦では当時のゴールデンルーキー長嶋茂雄にホームランを打たれているのだが、新聞に「同じ左腕の小野を打ち込んだからには、開幕で対戦する国鉄の金田正一を打ち込んだも同然」などと書かれ、それを読んだ金やんが「同じ"正一"だからって一緒にすんな!」といきり立ったと言う逸話がある。「一刀斎は背番号6」の劇中でも、菅原謙二演じる一刀斎の打撃練習に登板しホームランを打たれる役割である。
話を仁木多鶴子に戻すと、60年には市川雷蔵主演の「濡れ髪喧嘩旅」で妖艶な女間諜に扮し、以後は弓恵子、宮川和子とのトリオで「お嬢さん三度笠」「東海道ちゃっきり娘」「銀座のどら猫」などの明朗映画に主演した。一方、小野もこのシーズンに最多勝、最優秀防御率、最高勝率の投手三冠を獲得する活躍でオリオンズに合併後初のリーグ優勝をもたらした。その年の暮れに2人は結婚したのである。
その後も女優を続けたが徐々に出演が減り、68年の「セックス・チェック 第二の性」を最後にスクリーンを去り、引退した。
83年、44歳の若さで他界した。

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(52)見明凡太朗


伊達三郎が大映京都の顔なら、大映東京の顔は見明凡太朗だろう。
1906年(明治39年)生まれ。見明と言う姓は本名で、下の名は「先」を二つ重ねて書いて「すすむ」と読む珍しい名前である。
23年(大正12年)、下関商業学校を卒業後に上京し日本映画俳優学校に入学。ちなみにこの学校は六代目尾上菊五郎が設立した日本俳優学校や戦時中に存在した日本映画学校、75年(昭和50年)に今村昌平が設立した日本映画学校(現・日本映画大学)とは全く別のものである。坪内逍遥門下の水口薇陽が独力で設立し、舞台俳優とは一線を画した映画俳優の養成を目指した学校で、見明は2期生、同期には小杉勇や南部彰三、後に監督に転じる島耕二らがいた。
苦学をしながら卒業し26年、日活代将軍撮影所に入社。芸名を見明凡太郎(のちに凡太朗)とする。デビュー作として『日本映画俳優全集』では27年(昭和2年)3月の「彼をめぐる五人の女」(阿部豊監督)を挙げているが、日活作品データベースによれば2月の「競争三日間」(内田吐夢監督)の方が先に公開されている。
28年、喜劇「松竹梅」で初主演。29年、日活太秦撮影所に移り、32年からは不二映画に移籍するが、同社の解散で新興キネマに入社。35年に日活に復帰して日活多摩川撮影所に所属。42年、大映設立により大映東京撮影所に所属する。
生涯で400本、大映だけでも300本近い作品に出演している。未見だが終戦直後には「瓢箪から出た駒」(46年)と言う潮万太郎とともに主演した喜劇もあったらしい。個人的に印象に残っているのは「幻の馬」(55年)と「大菩薩峠」三部作(60~61年)である。前者は大映社長・永田雅一が馬主として所有していたダービー優勝馬・トキノミノルを生涯を描いた作品で、牧場主を演じている。後者は中里介山の原作を市川雷蔵主演で映画化したもの。机竜之介(雷蔵)に祖父を殺され孤児となったお松(山本富士子)を養育し、彼女を助けて仇の竜之介の行方を追う裏宿の七兵ヱを好演している。ほかにも「残菊物語」(56年)の守田勘弥、「大怪獣決闘ガメラ対バルゴン」(66年)の自衛隊司令官、「白い巨塔」(66年)の岩田医師会長など、時代劇、文芸物、特撮まで幅広く活躍した。
大映には最後の作品「悪名尼」(71年)まで出演しているが、それ以前に退社していた模様で67年からは日活、東映のヤクザ映画を中心に出演している。テレビにも「鬼平犯科帳」 (NET、八代目松本幸四郎版)や「水戸黄門」(TBS)、「破れ傘刀舟悪人狩り」(NET)などに多数出演。78年の映画「最も危険な遊戯」(東映)を最後に出演作はない。

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(51)伊達三郎


今回は「大映京都の顔」とも言うべき脇役中の脇役の伊達三郎である。大映後も長くテレビ時代劇の悪役として活躍したので、その面長で鋭い眼光、しゃくれた顎が特徴的な顔に見覚えのある人が多いはずである。
1924年(大正13年)生まれ。家業の材木業を手伝っていたが召集されて北支を転戦。45年(昭和20年)に復員し10月に大映京都撮影所に入社。倒産まで300本近い作品に出演している。
本名は桜春太郎と言う旅芝居一座の役者のような名前である。デビュー作は45年12月の「最後の攘夷党」で、続く「滝の白糸」「国定忠治」にも本名で出演している。46年10月、「おかぐら兄弟」に出演した際に監督の稲垣浩から伊達三郎と命名され、これが公式デビューとされているようである。
大映京都に欠かせない脇役として時代劇から文芸物までありとあらゆるジャンルに出演している。中でも「続・忍びの者」「新・忍びの者」(63年)で演じた服部半蔵ははまり役で、代表作のひとつだろう。
悪役専門と思われがちだが、一方で市川雷蔵のデビュー作「花の白虎隊」(54年)では雷蔵の家僕、「破戒」(62年)で部落民、「新・悪名」(63年)で気の弱い三国人、「大魔神」(66年)で忠義の家臣、「十代の妊娠」(70年)で南美川洋子の父親役など、意外と善人役も結構やっていたりする。
68年末から一時芸名を「伊達岳志(たけし)」に改名していたことがある。これは姓名判断に凝っていた市川雷蔵の勧めによるものだと言う。同じ大映に伊達正がいるので、タケシとタダシでは紛らわしかったと思うが、雷蔵の死後また元の名前に戻している。ちなみに2人の伊達は東西の撮影所に分かれて在籍していたため、同一作品に出演したのは大作映画の「日露戦争勝利の秘史 敵中横断三百里」(57年)と「秦・始皇帝」(62年)ぐらいで、直接の共演はなかったようである。
『日本映画人名辞典』には70年にフリーになったとあるが、その後も倒産まで映画は大映作品にしか出ていない。大映京都最後の配給作品「蜘蛛の湯女」にも出演している。
倒産後もテレビ、映画で憎々しい悪役として活躍し、特に「水戸黄門」(TBS)には悪徳商人、やくざの親分役などで毎シリーズ必ず1回は出演していた。晩年は枯れた老人役を演じることもあり、個人的には映画「台風クラブ」(85年)の老用務員役が印象に残っている。
91年に67歳で死去。
taifuclub0112.jpg

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

大映俳優列伝(50)花布辰男、丸山修、杉森麟

伊東光一、高村栄一、大山健二が重役クラスだとすれば、その下の中間管理職の印象があるのが花布辰男、丸山修、杉森麟の3人である。

namidagawa0512.jpg
花布辰男は1912年(大正元年)生まれ。30年(昭和5年)、中学を卒業して六代目尾上菊五郎が設立した日本俳優学校に一期生として入校。同期生には織田政雄、三津田健、植村謙二郎らがいた。
37年(昭和12年)、新興キネマ大泉撮影所に入社し「煙る故郷」でデビュー。42年、大映東京撮影所所属となり倒産まで在籍した。
大山が社長役の「黒の試走車」(62年)で自動車メーカーの技師長、「砂糖菓子が壊れるとき」(67年)でも大山の部下の映画プロデューサーを演じている。痩身と細い声が特徴的で、医者や大学教授など知的な役柄も多い。伊東や高村、大山と違い時代劇への出演も多く「日蓮と蒙古大襲来」(58年)、「大菩薩峠」(60年)、「なみだ川」(67年)、「怪談雪女郎」(68年)などに出演している。大映最後の出演作も時代劇の「狐のくれた赤ん坊」(71年)だった。
大映倒産後は映画2本、テレビに1本出たぐらいの記録しか見当たらず、あまり活動していなかったようだ。75年9月、徳間大映の「金環蝕」(山本薩夫監督)に民政党大会議長役で出演したのが最後だろう。

inazuma0411.jpg
丸山修は1915年(大正4年)生まれ。33年(昭和8年)、中学を卒業してカメラ会社に入社。36年、新興キネマのカメラマンを志すが欠員がなかったので同社の大泉俳優学校に入る。同期に須賀不二男、若原雅夫がいた。
まもなく中退して日活多摩川撮影所に入る。『日本映画俳優全集』によれば同年11月「高橋是清自伝・前後篇」がデビュー作である。ただし映画データベースには戦前の出演記録が見当たらない。41年兵役につき、44年復員して大映東京に入る。
50年代は文芸物の脇役として存在感を発揮した。高峰秀子の兄役を演じた「稲妻」(52年)では撮影所長賞を受賞したそうだ。溝口健二監督の遺作「赤線地帯」(56年)では失業して妻を赤線で働かせている夫を演じている。温和な顔立ちで、人が好く頼りない中年男がはまり役だった。医師や教師の役も多く、悪役は全くと言っていいほど見当たらない。
70年「ガメラ対大魔獣ジャイガー」を最後に大映を離れ、日活映画「女の警察 乱れ蝶」に出演したのちテレビに転じて71年7~10月に「太陽の恋人」(NET)でレギュラー出演したのを始め、72年「ターゲットメン」(NET)「パパと呼ばないで」(日本テレビ)「仮面ライダー」(NET)、73年「雑居時代」(日本テレビ)などにゲスト出演がある。75年の「伝七捕物帳」(日本テレビ)を最後に出演記録は見あたらない。

sugimoririn.jpg
大映現代劇で毎回のように顔を見かけるのが杉森麟である。生年月日やデビューの年月日など一切不明だが、1946年(昭和21年)3月公開の「街の人気者」には既に名前がある。ノンクレジット出演が多いので大部屋俳優だったようだ。「黒の報告書」(63年)の警察医、「黒の超特急」(64年)の公団係長など、クレジットがある場合でも1シーン1台詞ということが多い
何気にガメラシリーズの常連でもあり、クレジットがあるのは「大怪獣ガメラ」(65年)の警察署長役と「大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス」(67年)の村人役だけなのだが、「ガメラ対大悪獣ギロン」(69年)では天文台所員、「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」(68年)「ガメラ対大魔獣ジャイガー」(70年)「ガメラ対深海怪獣ジグラ」(71年)にはそれぞれ対策本部のメンバーで顔を出していたりする。
倒産まで在籍していたらしく、大映東京最後の作品「悪名尼」にも出演している。
その後も大映テレビ制作のTV「なんたって18歳!」第45話(1972年8月8日放送)に出演歴があるので俳優活動を続けていたと思われるが、詳細は不明である。

大映映画の世界
にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR