大映俳優列伝(50)花布辰男、丸山修、杉森麟

伊東光一、高村栄一、大山健二が重役クラスだとすれば、その下の中間管理職の印象があるのが花布辰男、丸山修、杉森麟の3人である。

namidagawa0512.jpg
花布辰男は1912年(大正元年)生まれ。30年(昭和5年)、中学を卒業して六代目尾上菊五郎が設立した日本俳優学校に一期生として入校。同期生には織田政雄、三津田健、植村謙二郎らがいた。
37年(昭和12年)、新興キネマ大泉撮影所に入社し「煙る故郷」でデビュー。42年、大映東京撮影所所属となり倒産まで在籍した。
大山が社長役の「黒の試走車」(62年)で自動車メーカーの技師長、「砂糖菓子が壊れるとき」(67年)でも大山の部下の映画プロデューサーを演じている。痩身と細い声が特徴的で、医者や大学教授など知的な役柄も多い。伊東や高村、大山と違い時代劇への出演も多く「日蓮と蒙古大襲来」(58年)、「大菩薩峠」(60年)、「なみだ川」(67年)、「怪談雪女郎」(68年)などに出演している。大映最後の出演作も時代劇の「狐のくれた赤ん坊」(71年)だった。
大映倒産後は映画2本、テレビに1本出たぐらいの記録しか見当たらず、あまり活動していなかったようだ。75年9月、徳間大映の「金環蝕」(山本薩夫監督)に民政党大会議長役で出演したのが最後だろう。

inazuma0411.jpg
丸山修は1915年(大正4年)生まれ。33年(昭和8年)、中学を卒業してカメラ会社に入社。36年、新興キネマのカメラマンを志すが欠員がなかったので同社の大泉俳優学校に入る。同期に須賀不二男、若原雅夫がいた。
まもなく中退して日活多摩川撮影所に入る。『日本映画俳優全集』によれば同年11月「高橋是清自伝・前後篇」がデビュー作である。ただし映画データベースには戦前の出演記録が見当たらない。41年兵役につき、44年復員して大映東京に入る。
50年代は文芸物の脇役として存在感を発揮した。高峰秀子の兄役を演じた「稲妻」(52年)では撮影所長賞を受賞したそうだ。溝口健二監督の遺作「赤線地帯」(56年)では失業して妻を赤線で働かせている夫を演じている。温和な顔立ちで、人が好く頼りない中年男がはまり役だった。医師や教師の役も多く、悪役は全くと言っていいほど見当たらない。
70年「ガメラ対大魔獣ジャイガー」を最後に大映を離れ、日活映画「女の警察 乱れ蝶」に出演したのちテレビに転じて71年7~10月に「太陽の恋人」(NET)でレギュラー出演したのを始め、72年「ターゲットメン」(NET)「パパと呼ばないで」(日本テレビ)「仮面ライダー」(NET)、73年「雑居時代」(日本テレビ)などにゲスト出演がある。75年の「伝七捕物帳」(日本テレビ)を最後に出演記録は見あたらない。

sugimoririn.jpg
大映現代劇で毎回のように顔を見かけるのが杉森麟である。生年月日やデビューの年月日など一切不明だが、1946年(昭和21年)3月公開の「街の人気者」には既に名前がある。ノンクレジット出演が多いので大部屋俳優だったようだ。「黒の報告書」(63年)の警察医、「黒の超特急」(64年)の公団係長など、クレジットがある場合でも1シーン1台詞ということが多い
何気にガメラシリーズの常連でもあり、クレジットがあるのは「大怪獣ガメラ」(65年)の警察署長役と「大怪獣空中戦ガメラ対ギャオス」(67年)の村人役だけなのだが、「ガメラ対大悪獣ギロン」(69年)では天文台所員、「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」(68年)「ガメラ対大魔獣ジャイガー」(70年)「ガメラ対深海怪獣ジグラ」(71年)にはそれぞれ対策本部のメンバーで顔を出していたりする。
倒産まで在籍していたらしく、大映東京最後の作品「悪名尼」にも出演している。
その後も大映テレビ制作のTV「なんたって18歳!」第45話(1972年8月8日放送)に出演歴があるので俳優活動を続けていたと思われるが、詳細は不明である。

大映映画の世界
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 大映

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR