少年探偵 江戸川乱歩全集


先日、NHKの歴史番組「その時歴史が動いた」で江戸川乱歩が取り上げられていました。
http://www.nhk.or.jp/sonotoki/2007_05.html#03
この中で、生前の乱歩の映像と肉声が公開されていました。幼少期に「少年探偵団」シリーズに親しんだ者として、実際に動いている乱歩先生の姿と声に初めて接することができたのは、ちょっと感激でした。当時、私が愛読したポプラ社の「少年探偵 江戸川乱歩全集」は現在でも同社から出版されています。尤も、私が読んでいた時代とは外装はもとより、中身の方もだいぶ変わってしまっているようです。
一番大きな違いは、全体の分量です。以前、このシリーズは全46巻でしたが、現在では全26巻に削減縮小されています。もともと旧版の27巻以降は乱歩の大人向け通俗小説を別の人が子供向けに書き直したものでした。ただ、書き直した、と言っても、そもそもが探偵小説ですから必ず殺人事件が起こるし、また乱歩独特のエログロ趣味による猟奇的で残酷な場面(例えば死体をバラバラにして街のあちこちに陳列する、等々)も結構残っていました。なのでおそらく子供向け読み物としては教育上相応しくないと言う理由で、その後削除されてしまったのでしょう。しかし昔はその殺人描写を含む作品全体が小学校の図書館に平然と並べられていても、誰も目くじらを立てなかったんですけどね。考えてみれば随分おおらかな時代だったものです。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 江戸川乱歩
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR