人斬り

hitokiriop.jpg

この映画は80年代半ばにリバイバル上映された時に映画館で見ました。リバイバルにしては宣伝に力が入っており、当時テレビCMが流されたり、主演の勝新太郎が「笑っていいとも」に出演したりもしたものです(なお映画はフジテレビと勝プロの共同製作)。リバイバル時の劇場パンフに"革命戦士"長州力の推薦コメントが載っているのには時代を感じるというか、今見るとちょっと笑えます。

それはともかく私が何故これを見に行ったのかと言うと、三島由紀夫が出演しているから。そう作家のあの三島です。
映画の内容は、勝新演じる人斬り以蔵こと土佐の岡田以蔵を主役に、幕末の動乱期を描いた作品で、他の出演者には土佐勤皇党の指導者武市半平太役の仲代達矢、坂本竜馬役の石原裕次郎、そして倍賞美津子、山本圭など。監督は五社英雄で、オリジナル版の公開は1969年でした。
でもって三島の役どころは人斬り新兵衛こと薩摩の田中新兵衛。
o0300022512884238002.jpg
何で作家の三島がキャスティングされたのか知りませんが、もともと三島は「からっ風野郎」(1960年・大映)という主演作まである堂々たる?「俳優」の1人(他にも原作・製作・監督・主演を兼ねた思想映画「憂国」もある)。尤も演技はお世辞にも巧いとは言えませんが、この映画でも勝新と一対一で絡むシーンや得意の剣道を生かしての立ち回りなど、出番はそう多くないものの見せ場があります。
そして何と言っても最大の見所は切腹シーンです。
hitokiri0104.jpg

すなわち、公家の姉小路暗殺の嫌疑をかけられ京都奉行所に呼び出された新兵衛こと三島、やにわもろ肌脱いで自慢の筋肉美を披露するやいなや、切腹して果てるのです。
オリジナルが公開された当時の観客は三島がまた馬鹿な自己陶酔やってるとタレント作家の切腹演技を半分笑って観ていたのかもしれません。でもこの1年後に現実に三島がやったことを史実として知っている後世の我々からすると、何とも不気味です。ちなみに三島はこの出演を依頼された時、「弁解せず潔く切腹する田中新兵衛こそ私の役だ」と言って即座に快諾したのだとか。
三島由紀夫が市ヶ谷の自衛隊駐屯地に乱入して演説ののち自決したのはちょうど37年前の今日、1970年11月25日のことでした。
o0300022512884238082.jpg
演出中の五社監督と新兵衛役の三島。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 勝新太郎 三島由紀夫 仲代達矢 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR