忍びの者

shinobinomono01op.jpg
市川雷蔵主演で以後人気シリーズとなった「忍びの者」第1作目。
社会派の山本薩夫が監督した忍者物という異色作です(1962年・大映)。

時は天正年間。織田信長(城健三朗、後の若山富三郎)の破竹の勢いに脅威を抱いた伊賀忍者の頭目・百地三太夫(伊藤雄之助)は配下の忍者たちに信長暗殺を命じるが、誰一人戻ってきた者はなかった。
その頃、下忍の五右衛門(市川雷蔵)は三太夫の妻(岸田今日子)と密通しているのが三太夫にバレてしまい、罪を許す代わりに信長暗殺を命じられた。
五右衛門は京に上り信長を狙うが果たせない。そして更に信長を追って堺に来た時、マキという遊女(藤村志保)に出会った・・・。

と、ここで漸く藤村志保さん登場。雷蔵と並んで名前がクレジットされているヒロインなのに、映画が1時間近く経過してもなかなか出てこないので少しイライラさせられますが(まあ話が面白いからいいけど)それはともかく、マキの純真さに惹かれた五右衛門は「もう、忍者なんかや~めた!!」と(ってそんな軽くはないが^^;)マキと山小屋でささやかに幸せな生活を始めます。
しかしそこへ三太夫と側近の葉蔵(これが加藤嘉。精悍な感じで、爺さん役の時とはイメージが全然違う)がやってきて、マキを人質にあくまで信長暗殺を強要。仕方なく安土城に忍び込んだ五右衛門は毒薬を信長に飲ませることに成功しますが、一命を取り留めた信長は電光石火で伊賀の里を奇襲し全滅させます。
かくして目の上のたん瘤だった三太夫がいなくなり、五右衛門は晴れ晴れとした表情でマキのところへ帰って行きましたとさ。メデタシメデタシ。

というわけで、左翼のヤマサツが監督した忍者物というから白土三平みたいな重苦しい話を想像していたら、意外とあっさりしたストーリー。むしろモーレツな上役に虐げられる下層サラリーマンの悲哀を描いた風刺娯楽時代劇です。アクションや派手な爆破シーンなどもありお金もかかっています。

志保さんは、この作品がデビュー作「破戒」に続く雷蔵の恋人役。雷蔵さんとは17本共演してその大半で相手役を演じてますが、ハッピーエンドで終わるのは、おそらくこれだけでは?(続編もありますが、それはまた別の話)まだあどけなさの抜けていない、まん丸なお顔が可愛いです。
雷蔵さんは、眠狂四郎とか「炎上」「破戒」のような文芸物でのシリアスな演技、また、若くして亡くなった悲運から何となく暗いイメージもありますが、むしろ本来の個性は爽やかなところにあったのだと再認識。
それと伊藤雄之助。一人ニ役を演じているので声色なども巧みに使い分けているのですが、あんなに特徴的な顔では、どんな変装をしようと誰が見たって同一人物です(笑)
shinobinomono0101.jpg
shinobinomono0104.jpg
shinobinomono0106.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 藤村志保 山本薩夫 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR