新選組始末記(映画)

近藤でも土方でも沖田でもなく、平隊士の1人である山崎烝から見た新選組を描いた異色作(1963年・大映・三隅研次監督)。

偶然出会った近藤勇(城健三朗、後の若山富三郎)の人柄にほれ込んだ浪人の山崎蒸(市川雷蔵)は、恋人の志満(藤村志保)の制止を振り切って新選組に入隊する。
しかしいざ入ってみると、理想と現実は大違い。
近藤と土方歳三(天知茂)は、卑怯な闇討ちで局長・芹沢鴨(田崎潤)を暗殺して新選組を乗っ取る。しかも葬儀では空涙を流す大芝居を打って、真相を知っている山崎を唖然とさせる。
以来、隊の行き方には批判的な山崎。
それでも近藤はまだ山崎に目をかけているのだが、山崎を憎む土方は沖田総司(松本錦四郎)を使って罠に嵌め切腹させようとする。しかし近藤の計らいで山崎は表向き脱走したということにして、勤皇派の探索の任に就く。
やがて古道具屋に化けていた古高が捕らえられ土方による拷問の末、勤皇派がクーデターを起こすという計画を自白する・・・

ということで、以下池田屋襲撃までが描かれて行きます。
純粋な若者が組織の論理に揉まれて葛藤するという設定は雷蔵&志保コンビの前作「忍びの者」と少し似ています。ただ「忍びの者」での主人公は、組織の歯車であることに飽き飽きして恋人との自由な生活に幸せを見出すのに対して、この作品では逆に、恋人を捨てて組織の一員であることの方を選択します。

志保さんは雷蔵をひたすら想う恋人で女だてらに医者という役柄。知性、純情・・・とくれば、まさに志保さんのためにあったような役。
そして雷蔵には、やはり清潔で一途な若者役が実によく似合う。眠狂四郎も悪くはないのですが、個人的にはこういう雷蔵さんの方が好きです。

また、この映画で主役二人以上に強烈なのは、新選組のダークな面々。
特に天知先生の、これでもかこれでもかと嫌味ったらしい土方は秀逸。若山富三郎もふてぶてしい近藤を好演しています。
更に、山南敬助役がいつもは悪役でお馴染みの伊達三郎というのも凄い配役。策謀、裏切り・・・「誠」の精神なぞはどこへやら。新選組ファンが見たら目を三角にするかもしれません(笑)
ちなみに当時若山33歳、天知31歳(雷蔵も同年)でした。今時こんなに貫禄ある33歳や31歳はいませんな。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 天知茂 藤村志保 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR