雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

座頭市喧嘩旅

zatoichi05op.jpg
勝新太郎の当たり役、「座頭市」シリーズの第5作目(1963年・大映・安田公義監督)。

物語。市は旅の途中に、藩士どもから追われる娘・お美津(藤村志保)を助けた。お屋敷づとめをしていたお美津は若殿に手篭めにされそうになって抵抗して、逃げて来たのだ。市はお美津を江戸まで送り届けてやろうとするが、そこへお美津が大店の娘であると知った悪女(藤原礼子)やら駕籠屋(吉田義夫)やらが金目当てに絡んで来て争奪戦になる・・・。

というわけで、終盤には宿場の真ん中で、対立するヤクザ同士を市がまとめて片付けてしまうという、黒澤明監督の『用心棒』張りの展開があります。
この映画にはビッグネームの極悪人も屈強なライバルも出てこないので、専らヒロインである藤村志保さんと市の関わりが話のメインとなっています。しかしただひたすらか弱く、あっちへ連れ去られこっちへ連れ去られ、そのたびにめそめそしているだけの志保さんの存在感は、どうも希薄です。むしろ峰不二子チックな感じのする藤原礼子の悪女振りの方がヒロインとして強烈なインパクトを残しています(ちなみにこの藤原礼子って若山富三郎、つまり勝新の実兄の元奥さんなんだとか)。
zatoichi0501.jpg
zatoichi0502.jpg
zatoichi0503.jpg
スポンサーサイト


関連タグ: 勝新太郎 藤村志保 大映

FC2Ad