動脈列島

田宮二郎対近藤正臣。新旧クールガイの知的対決!(1975年・東京映画・増村保造監督)

物語。新幹線騒音による衰弱で老婆が死んだ。老婆を看取った研修医の秋山(近藤正臣)は騒音を直ちに解消しなければ10日後に新幹線を破壊すると国鉄に予告。警察庁の切れ者科学捜査官・滝川(田宮二郎)は緻密なプロファイリングで秋山を割り出し犯人と断定するが、その間にも秋山の計画通り次々新幹線は事故を起こす。やがて予告の日は目前に迫る。果たして新幹線はどのような手段で破壊されるのか・・・?!

「新幹線大爆破」(東映)と同じ年に製作・公開されたことから、よく比較される作品です。ただ「新幹線大爆破」の方はスリルとサスペンスが中心で新幹線はあくまでその舞台に過ぎず、また犯人の動機など社会性はストーリーの背景にあるだけなのに対して、こちらの方はまず新幹線の騒音問題自体がテーマなのでサスペンスの度合いはやや低く、ストーリーも淡々と進みます。従ってこの当時、新幹線騒音公害のみならず、やれストで年中電車は止まるわ、やれサービスは悪く運賃だけ高いわと、民営化前の国鉄が社会の憎まれ者になっていた時代背景を知らないでただサスペンスだけ期待して見ても、あまり面白くないかもれしませんね。
また、犯人と行きずりの女(梶芽衣子)との孤独な者同士のつかの間の愛、なんてあたりの展開には、いかにも70年代的なテイストを感じます。

むしろ個人的にこの映画で辟易するのは犯人より権力側のぬるい描き方。
田宮二郎の捜査官が神の如き洞察力で1億人(!)の中からあっという間に犯人を割り出す・・・のは、まぁいいとしても(だって田宮だからw)、国鉄総裁・山村聡は実に高潔な人格だし警察長官の小沢栄太郎も何だかんだ言って責任を回避せず決断力に富む人物なのは、あまり現実離れし過ぎていてシラけます。現実の国鉄総裁やら警察庁長官なんてのは所詮役人に過ぎないわけで、責任逃れと優柔不断でオタオタしているのがオチでしょう。もっともそれじゃあ、映画と違ってあっさり新幹線が破壊されてしまいそうですが^^;

近藤正臣は新幹線騒音に静かな怒りを燃やす青年医師を好演。また梶芽衣子、犯人の恋人役関根恵子の両女優も色っぽくていいですネ。
ちなみに「新幹線大爆破」で捜査課長役だった鈴木瑞穂がこの映画では新聞記者、同じく鉄道公安課長役だった渡辺文雄が野党代議士、新幹線車両部長役だった山本清が国労の委員長など、両方で被っているキャスティングを比較して見るのも面白いです。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 田宮二郎 梶芽衣子 東宝
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR