長脇差忠臣蔵

市川雷蔵主演のやくざ版「忠臣蔵」(1962年・大映・渡辺邦男監督)

物語。幕末、遠州掛川の親分・次郎吉(宇津井健)は民百姓の幸せを願い、勤皇方の桂小五郎らとも気脈を通じていたため、対立するヤクザの藤兵衛(上田吉二郎)と老中・本多備前守(名和宏)に言いがかりをつけられて処刑されてしまう。
代貸の喜三郎(市川雷蔵)は亡き親分の仇を討つため表向き一家を偽装解散、ちりぢりになった子分たちはそれぞれ身を寄せた先で腰抜けと罵られ辛い思いをするが、清水次郎長(島田正吾)らの助力で耐え抜き、仇討ちの時期到来を待つ。
やがて有栖川宮(本郷功次郎)を総督に戴く討幕軍が江戸に向かっていることを知った喜三郎たちは、その期に乗じて備前守を討つべく遂に決起。大前田英五郎の名を騙り浜松に潜入するが途中で本物の英五郎(勝新太郎)と遭遇。しかし喜三郎の決意を知った英五郎は励まし、見逃してくれる。
まず藤兵衛を血祭りに上げた喜三郎たちは、更に討幕軍との交戦で手薄になった本陣に突入、見事備前守を討つ。有栖川宮からその功を称された一同は亡き親分の墓前に仇討ち本懐と新しい時代の到来とを報告するのだった。

と言う訳で、忠臣蔵をやくざの世界、そして時代を幕末に置き換えた任侠時代劇。一種のパロディ物ですが、雷蔵さんが尼になった姐さん(月丘夢路)に別れを告げに行く場面があったり垣見五郎兵衛を大前田英五郎に置き換えるなど忠臣蔵のツボを抑えて有名なエピソードをなぞっています。監督・脚本も傑作といわれる長谷川一夫の「忠臣蔵」(1958年)を撮ったのと同じ渡辺邦男です。

また忠臣蔵と言えばオールスター映画ですが、この映画にも雷蔵・勝新・本郷の大映生え抜き3スターに宇津井・天知茂の新東宝移籍組準スター、大御所島田正吾、中村鴈治郎、大女優月丘夢路、更に浦路洋子、阿井三千子、藤村志保らが豪華出演。
勝新は1シーンのみの出演ながら、雷蔵さんとのタイマン芝居でおいしいところをさらっています。
天知先生は備前守の家臣・小松伊織役。さしずめ吉良おける清水一学みたいな役どころで、悪役ですが雷蔵さんと一対一の対決シーンがあり見せ場もあります。何もそーまで三白眼を剥んでも、という例の形相で登場すると、一瞬にして話の雰囲気が変わってしまうオーラを発散しています。

さて藤村志保さんの役は袋井の太十親分(中村鴈治郎)の娘・おみね。喜三郎の弟分・新三(林成年)はおみねと許婚の仲なので頼って行きますが、太十はいっこうに仇討ちをしようとしない娘婿に怒って追い返し、しかしその後で真意に気づき・・・、という勝田新左衛門張りのエピソードで2シーンほど出演しています。雷蔵さんとの絡みもなく顔見せ程度の出演ですね。もう1、2年後だったらまた違う役柄だったかもしれませんが。
ちなみに、本物「忠臣蔵」の時の雷蔵さんは若手スターの定番・浅野内匠頭の役でしたが、もし元気だったら、いずれテレビドラマか何かで大石内蔵助を演じていたんでしょうねえ。その場合は志保さんが大石りく、天知先生に千坂兵部をやって欲しかったです(笑)
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 勝新太郎 天知茂 藤村志保 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR