雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

ガメラ対大魔獣ジャイガー

gamera06op.jpg
昭和ガメラの第6作目(1970年・大映・湯浅憲明監督)

物語。大阪万博の展示物としてウェスター島から巨大石像が運び出されようとしていた時、何故かガメラが現れて妨害しようとする。島の言い伝えで、石像を動かすと祟りがあると言われていたのだ。
やがて石像の発掘跡からジャイガーが出現、ガメラと格闘になるが、手足に吹き矢を刺されたガメラはひっくり返ったまま動けなくなる。
ジャイガーは大阪に飛来し大暴れ。そこへ復活したガメラがやって来て格闘となるが、ジャイガーに卵を産み付けられて真っ白になってしまい動かなくなる。
ガメラを救出すべく、弘とトミーの二少年が小型潜水艇でガメラの体内に入ると、卵から孵ったジャイガーの幼虫がいる。それをやっつけ、更にガメラの心臓に電流を流すとガメラは復活。ジャイガーを倒し、その死体を再び石像に封じ込めるべくウェスター島に運んでゆくのだった。ありがとうガメラ~!

大阪万博が開催された当時、その会場を舞台にした作品。建設途中のパビリオンが見られるのは貴重です。太陽の塔、三波春夫、人類の進歩と調和…嗚呼昭和は遠くなりにけり。
今回は過去のシリーズからの使いまわしもなくて予算環境は多少良くなっていた模様。脚本もなかなか練ってあって、特撮映画として一応見られる出来栄えになっています。ただジャイガーはバルゴン亜流でちょっと新味に欠けるか。考えてみれば、モスラ、キングコング、ガッパ…昭和の怪獣はとにかく「南の島」から連れて来れば済んだので、プロットが楽で良かったですね(笑)また、折角石像の運搬を止めに来たはずのガメラが、火山が噴火するとすぐそっちへ行っちゃったり、相変わらず意味不明な展開もあります^^;
のちの「仮面ライダーX」速水亮が炎三四郎という芸名で出演。平泉成も万博ガードマン役で出演しています。
gameravsjiger0101.jpg
gameravsjiger0102.jpg
gameravsjiger0103.jpg
スポンサーサイト


関連タグ: ガメラ 大映

FC2Ad