皇帝のいない八月

koteinoinaiop.jpg
「新幹線大爆破」「動脈列島」と並ぶ日本三大(?)鉄道パニック映画のひとつ(1978年・松竹・山本薩夫監督)

物語。某年8月14日未明、盛岡で不審なトラックを追跡したパトカーが機関銃で撃たれ炎上した。翌日、内閣調査室長の利倉(高橋悦史)からの連絡で事件を知った陸上自衛隊警務部長の江見(三國連太郎)は自衛隊内外の不穏分子を列記したリストに娘・杏子(吉永小百合)の夫・藤崎(渡瀬恒彦)の名を発見して愕然とする。
夫から東京へ行くとの手紙を受取った杏子は、東京へ向かう寝台車「さくら」に飛び乗る。そこで杏子は、かつての婚約者・石森(山本圭)と再会する。更に夫の藤崎が「さくら」に同乗しており、クーデターの実行首謀者であることを知る。
一方、佐橋首相(滝沢修)は鎮圧作戦を命令。クーデター同時多発は未然に鎮圧される。しかし藤崎一派だけは「さくら」に爆弾をしかけ、乗客を人質に政府へクーデターの黒幕、元首相の大畑(佐分利信)を首班とする内閣の樹立を要求。その間も列車は東京へと走り続け…。

この映画は内容グダグダ。自衛隊のクーデター、それも三島由紀夫にインスパイアされた青年将校が決起するなどという大嘘を描くなら、それ相応の風呂敷の広げ方がありそうなもの。ところが舞台は狭い列車の中と言うスケールの小ささ、しかも話の大半は渡瀬恒彦と吉永小百合と山本圭のジメジメした男女三角関係が中心というショボさ。
唯一ヤマサツらしさを感じさせるのは滝沢修の首相を中心とする政治劇で、本来ヤマサツがやりたかったのはこっちの方なんだんだろうなあというのは伺わせますが、クーデター側の描き方とうまくかみ合わないので話がちぐはぐ。ヤマサツはリアルな題材での政治エンターテイメントには無類の腕を発揮しますが、こういう一から十まで嘘っぱちなポリティカルフィクションには向かなかったんじゃないでしょうか。せめて森谷司郎あたりに撮らせていたら、もう少し纏まりの良いものになったんじゃないかという気もしますが。
内容の薄さに反してキャスティングだけは例によって無駄に豪華。ブレイク前の風間杜夫、伝説の女優岡田嘉子に渥美清まで出ています。
koteinoinai01.jpg
koteinoinai02.jpg
koteinoinai03.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 山本薩夫 渥美清 松竹
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR