八つ墓村(松竹版)

yatsuhakamuraop.jpg

公開当時、「たたりじゃ~」が流行語に(1977年・松竹・野村芳太郎監督)

物語。自分がどこで生まれ実の父親が誰なのかも知らない寺田辰也(萩原健一)はある日、新聞の尋ね人広告に導かれて母方の祖父と名乗る老人(加藤嘉)と会うが、老人は辰也の目の前で毒殺されてしまう。辰也は迎えに来た森美也子(小川真由美)の案内で初めて生まれ故郷・八つ墓村を訪れる。辰也は村の資産家・多治見家の血筋だったのだ。しかしここから尼子の落ち武者の祟りに纏わる恐るべき連続殺人事件が始まる…

この映画は公開時に見に行きました(横溝ファンだから)。
正直言って、何じゃこりゃ!?と思いましたね。石坂・市川コンビのスタイリッシュな金田一シリーズの方を先に見ていると、非常に野暮ったい感じ。
もともと原作自体が横溝作品の中でも伝奇色の強いものとは言え、「祟りを利用した完全犯罪」と言う原作の本格推理のコンセプトが「祟りそのもの」に摩り替わっているというのは唖然としました。それにただでさえ渥美清は寅さんに見えてしまうのに、麦藁帽に手拭い下げて出てこられたんじゃ笑うなと言うのは無理というもの。
洞窟の中で萩原健一が鬼女と化した小川真由美に追い回されている危急存亡の最中に、渥美清の方は洞窟の入り口にどっかと腰をすえて村人相手に能天気に一席ぶっている場面とか、燃え上がる多治見家を見下ろす丘の上で、白塗りの夏八木勲が声を立てずに哄笑している場面とか、こういうギャグみたいなことを大真面目にやられても、見ている方はどう反応していいのか困るところです。
ちなみにこれは名作「砂の器」と同じ野村芳太郎・橋本忍コンビの作品。社会派リアリズムの松本清張とは180度違う横溝の耽美的な世界に飛び込んで、暗闇に桜吹雪の舞う中での多治見要蔵(山崎努)の三十二人殺しシーンなどはかなり頑張っていると思いますが、根がお上品な松竹でこの題材はやはり無理だったかもしません。
それにしても、これはなんで「現代」の話にしたんでしょうかね?「本陣殺人事件」のATGと違って金がないわけじゃなし、そもそも大部分山村が舞台なんですから原作通り昭和20年代の話で困るわけじゃなし。その方がまだ不自然さが救われたと思うのですが。。。
yatsuhakamura11.jpg
yatsuhakamura02.jpg
yatsuhakamura08.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 横溝正史 渥美清 松竹
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR