続忍びの者

「忍びの者」の続編(1963年・大映・山本薩夫監督)

物語。忍者を捨て、妻のマキ(藤村志保)と生まれたばかりの子供の三人で平穏に暮らしていた五右衛門(市川雷蔵)だったが、織田信長(城健三朗、後の若山富三郎)の忍者狩りに襲われ、子供を殺されてしまう。
マキの故郷、雑賀の里に身を寄せた五右衛門の許へ徳川家康(永井智雄)の隠密頭・服部半蔵(伊達三郎)が訪れ、明智光秀(山村聰)が信長に反感を抱いていると教える。五右衛門は光秀の家臣にもぐりこみ、信長への叛意をそそのかす。やがて光秀は本能寺に信長を急襲、その際床下に侵入した五右衛門は火を放ち、更に信長の片手片足を叩っ斬って恨みを晴らす。
備中高松から取って返した羽柴秀吉(東野英治郎)は山崎の合戦で光秀を討つ一方、雑賀の里を攻め、五右衛門が根来衆に救援を求めに行っている間にマキを含め皆殺しにされてしまう。
愛妻を失い復讐に燃える五右衛門は聚楽第に忍び込み秀吉暗殺を狙うが失敗、捕らえられ釜茹での刑に処される。

前作「忍びの者」ではハッピーエンドを迎えた雷蔵&志保コンビでしたが、そうは問屋が卸さず、結局悲しい運命を辿ってしまいました。前作のラストシーンでの幸せそうな二人の顔を見ているだけにつらい展開ですが、元々正続編を以って完結するのが既定のことだったのでしょうから、仕方ありませんね。尤も、五右衛門の最期がはっきり描かれていないのがミソで、案の定復活し「新忍びの者」として第3作が作られシリーズ化。しかしもうそこまでは付き合いきれなかったのか山本薩夫はこの2作目までで降板しています。

物語は、まるで大河ドラマを凝縮したように密度が濃く信長から秀吉の時代まで一気に進みます。若富の信長は殆ど野獣状態ですが、悩める光秀・山村聰、小憎らしい秀吉・東野英治郎、怜悧な家康・永井智雄は適役で、ここだけ見ているとまるで別の歴史ドラマのような風格があります。その反面、主役であるはずの五右衛門は脇に追いやられてしまい、いささか影が薄いです。既に本能寺の変の時点で秀吉の側近に髭面の加藤清正と福島正則がいたりするのはご愛嬌ですが。

山本圭が森蘭丸役と言うのは笑ってしまいますが、この頃はデビューしてまだ間もない頃。当然ながら若く、後に得意とした左翼青年の如くには屈折することなく、本能寺では槍を振るって大奮戦しています。くノ一役の坪内ミキ子も後年「連想ゲーム」に出ていたオバサンの頃しか知りませんでしたが、この当時は若くて可愛かったです。
ちなみに服部半蔵役には本来、天知茂が予定されていた模様で、当時新聞広告やポスターにまで名前が載っていたにもかかわらず何故か出演していません。まさか天知先生のキャラが妖し過ぎるのでリアリストのヤマサツに嫌われた、というわけじゃないのでしょうが^^;
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 藤村志保 山本薩夫 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR