若親分

東映の任侠映画に影響された大映が看板大スター市川雷蔵主演で作った「若親分」シリーズの第1作(1965年・大映・池広一夫監督)。

物語。時は明治末期。南条組の親分が滝沢組に草鞋を脱いでいた男に斬殺された。海軍士官の身分を捨てて跡目を継いだ一人息子の武(市川雷蔵)は襲名披露の夜、単身、滝沢組に決闘を挑み、相手の巳之助親分(石黒達也)の片腕を切り落として仇を討つ。
先代親分の供養のため浪曲師・桃中軒雲右衛門(三波春夫)の興行を計画していた南条組だが、大田黒組の伊蔵(佐藤慶)の策謀であわや横取りされそうなる。しかし若親分はまたしても単身、大田黒組へ乗り込み、伊蔵と差しの花札勝負を挑み勝つ。更に若親分は、伊蔵に金と力ずくで妾にされていた芸者の千代梅(藤村志保)を助けて、無事恋人の高瀬(山下洵一郎)と駆け落ちさせてやる。面子を丸潰れにされた伊蔵は刺客を放つ。実は伊蔵こそ先代を殺した黒幕だったのだ・・・。

と言う訳で、真相を知った若親分が巳之助親分に詫びると、巳之助は笑って許してくれるのですが、片腕を切り落とされても寛容な人がいるのか?!って、かなり無茶苦茶な筋立てです。まぁ、そこが任侠世界の論理なんだということになるのでしょうが、こういう話に見慣れていないとついていけない展開です。また、大勢の子分を従えながら再三の出入りを悉くたった一人で片付けてしまうなんて若親分あまりにも強すぎ。こうも完全無欠過ぎてはキャラクターとしての面白みに欠けます。愛社精神から会社のために引き受けたのでしょうが、雷蔵さんにとってあんまり必然性のあった役とは思えないですね。

また、残念ながら今作での藤村志保さんはヒロイン(雷蔵の相手役)ではなく、出演シーンも少なくて顔見せ程度という感じ(大河ドラマ『太閤記』のレギュラーで忙しかったせいか?)それはいいとしても雷蔵さんの恋人役が朝丘雪路というのはどうも。こういうベタベタしたタイプは私の苦手な女優さんなので、イマイチしっくり来ません。
それはともかく、志保さんが伊蔵の追及から逃れるシーンでは、なんと頭を剃って尼姿、丸坊主になっています。と言っても顔と頭が同時に映らないので、おそらく代役か何かでしょう。でも観ている方としては笑っていいシーンなのかどうかと悩むところです^^;

若親分の母親役には原泉。あの妖怪婆からどうすれば爽やかな雷蔵さんが生まれてくるのかと小1時間。
あと、怪優・成田三樹夫が南条組の子分役で出ていますがこの映画じゃ至ってノーマル。この頃はまだ悪役じゃなかったんですネ。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 藤村志保 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR