二百三高地

203op.jpg
近代日本のターニングポイントとなった日露戦争における旅順攻防戦を描いたオールスター映画(1980年・東映・舛田利雄監督)。

物語。明治37年、中国大陸でロシアと利害の衝突する日本は明治天皇(三船敏郎)の裁可を得て遂に開戦。圧倒的に国力の劣る日本は勝敗を何とか引き分けの線まで持って行った上で有利な講和をはかるべく、元老の伊藤博文(森繁久弥)、参謀次長の児玉源太郎(丹波哲郎)らは苦慮していた。
旅順攻略のため新たに編成された第3軍司令官・乃木希典(仲代達矢)のもと、ロシアを愛しトルストイを愛読する小学教師・小賀(あおい輝彦)も召集され小隊長として満州に渡る…。

と言う訳で、伊藤、児玉、乃木ら政府・軍首脳側から見た戦局全般の動きと、あおい輝彦率いる小隊の無名の兵士たちの側から見た戦場の実態との両面から描かれています。
出演者の三船、森繁、佐藤允、平田昭彦…おまけに特撮が中野昭慶と言った顔ぶれだけ見ると、森谷司郎監督の東宝映画かと錯覚してしまいそうですが、これは東映製作の映画です。

戦後生まれの日本人にとっちゃ乃木将軍なんてどーでもいい存在で、名前も知らない人が大部分でしょう。しかし戦前までは教科書にも載っている偉人、軍神だったんですね。例えば私の母方の祖父なども、大の乃木ファンでした。
尤も私自身は司馬遼太郎の影響で愚将と思っていたので、この映画も昔見た時は期待通り?乃木が無能に、そして児玉源太郎がカッコ良く描かれていたことだけで満足していました。
しかし先日見返したら、「人」として乃木の優しさ、指揮官としての苦衷、悲哀…というものもしみじみ伝わってきました。年を取った証拠でしょうか^^;また、その機微を演じきった仲代の演技力はさすがですね。目ん玉ひん剥いて力演する時の仲代は好きになれないのですが、こういう静かな芝居をする時こそ際立つ表現力の豊かさは確かなものがあります。
一方、丹波哲郎はいつもいつも同じ芝居、同じ丹波。なのに、この映画を見て以来児玉大将というと必ず丹波の顔を思い浮かべてしまうのは不思議です。

三船敏郎の明治天皇はドスが効きすぎていて違和感がなくもないのですが(三船が司令官で戦地へ行けよと思ってしまうw)、ラストシーンで仲代の背中に手を置いて様になる役者は、やはり世界のミフネしかいないと納得。そういう俳優の格とか貫禄が役に反映されているのは、まだ映画黄金時代の余韻がかろうじて残っていた当時ならなのでしょう。
ただ独りよがりな主題歌は最悪。コイツの悲壮ぶった金切り声を聞くと悪寒が走ります。
出演は他に夏目雅子、天知茂、新沼謙治、佐藤允、他

20301.jpg

20302.jpg

20303.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎 仲代達矢 東映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR