眠狂四郎悪女狩り

kyoshiro12op.jpg
市川雷蔵の「眠狂四郎」シリーズ第12作目にして最終作。そして雷蔵さんと藤村志保さんの最後の共演作(1969年・大映・池広一夫監督)。今回の舞台は大奥です。

物語。江戸市中に偽狂四郎が現れ殺人強姦を繰り返す。その正体は、隠れ切支丹の川口周馬(江原真二郎)。大奥の権力争いに利用された周馬は切支丹たちをルソンへ逃がしてやるという約束で、大奥取締・錦小路(久保菜穂子)の邪魔になる人物を抹殺していたのだ。そんな周馬を妹の小夜(藤村志保)は止めようとするが・・・。

というわけで、最初のうちは「狂四郎が二人いてならぬという定めはない」などと半ば傍観を決め込んでいた狂四郎ですが、やがて事態に巻き込まれていきます。出演者は志保さん久保菜穂子伊達三郎という常連に加え朝丘雪路松尾嘉代吉田日出子小池朝雄など。
雷蔵はこの撮影前3ヶ月入院しておりこれが復帰作。
偽狂四郎を出して代わりに円月殺法をやらせたのは、病み上がりの体力を慮ってのことだったのでしょうか。
この時、既に病の進んでいた雷蔵さんの面やつれが指摘されることがありますが、もともと狂四郎は健康的なキャラではないのでさほど気にはなりません。むしろ藤村志保さんの方がげっそり痩せているように見えるのですが、それもそのはずで、当時彼女も体調を崩していたそうです。そのせいか、いつもにもまして儚げです。
原色を前面に押し出した映画の基調カラーは毒々しく、めまいがします。鳥装束の忍者や能面のくの一が踊り乱れる様はシュールですらあります。

それはさておき、隠れ切支丹を解放するという約束は真っ赤な偽りで、結局切支丹たちは捕縛され、更に志保さんの小夜も殺されてしまいます。いまわの際に狂四郎から十字架を握らされた小夜は呟きます。「狂四郎様、さようなら・・・」
って、実際にはこの半年後に雷蔵さんの方が死んでしまい、この撮影が志保さんとの今生の別れになってしまったんだよなぁと思うと、フィクションを通り越して思わず涙を禁じ得ません。
またラストの偽狂四郎との対決シーンでの狂四郎の台詞「今まで眠狂四郎が何人いてもかまわないと思っていたが、やはり狂四郎は一人でなければならん」がまるで既に己の寿命を悟っていた雷蔵さん自身の遺言のようにも聞こえてまた思わず(略)
kyoshiro1201.jpg
kyoshiro1202.jpg
kyoshiro1203.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 藤村志保 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR