キングコング対ゴジラ

kingkongvsgojiraop.jpg
怪獣プロレスの決定版(1962年・東宝・本多猪四郎監督)

物語。TV番組「世界驚異シリーズ」の視聴率低迷に悩む宣伝部長・有島一郎は、ソロモン群島ファロ島の「巨大なる魔神」の情報をキャッチし高島忠夫と藤木悠を派遣。キングコングを捕獲し日本に輸送する。
その頃、北極に異変が起こり光る氷山の中からゴジラが復活、日本へ上陸する。動物の本能で互いの存在を察知したコングとゴジラは接近、遂に那須山中で遭遇する…

と言う訳で、日米二大怪獣による世紀の決戦と相成ります。
ストーリーなんぞはこの程度で十分。ここから現在まで続く怪獣対戦物が始まるわけですが、個人的には最初の、この肉弾相打つ両雄の決闘が最も面白いと思います。
そもそも放射能火炎を有するゴジラに対して、徒手空拳で戦うコングは分が悪いのですが、途中から高圧感電の影響で帯電体質になったというこじつけでハンディをカバーさせています。このあたりはなかなか工夫しているという感じ。またシーホーク号遭難から引っ張って焦らしてゴジラ出現に繋げる展開も観客をワクワクさせるツボを押さえた巧みな脚本演出です。
本編の方に目を移すと、視聴率に狂奔するテレビ業界という、映画会社にとってのライバルを出汁に使って皮肉っているところは面白いし、有島一郎らの軽妙な芝居でテンポ良く進み退屈させる部分がありません。
ただラストでの平田昭彦博士の台詞「人間は改めて動植物の自然に適応する生命力に学ぶべきだ」って、物語全体の締めとして一体何を意味してるんだかよくわからないのですが…まぁ、所詮天才の言うことは凡人には理解できませんね^^;
ちなみにゴジラが両腕を交差して脇をパコンパコンと鳴らす動作…これは当時の人気プロレスラー豊登の真似ですね。今では豊登自体が忘れ去られてしまったせいか、「怪獣大戦争」(1965年)での「シェー」ほど知られていないようですが。
kingkongvsgojira01.jpg
kingkongvsgojira02.jpg
kingkongvsgojira03.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: ゴジラ 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR