悪魔の手毬唄

temariutaop.jpg
石坂浩二主演の金田一耕助シリーズ第2作(1977年・東宝・市川崑監督)。前作「犬神家の一族」は角川事務所の製作で東宝は配給だけでしたが、これ以降は東宝の製作・配給となっています。

物語。岡山県鬼首村。亀の湯旅館に逗留する金田一は、旧知の磯川警部(若山富三郎)からこの宿の女主人リカ(岸恵子)の夫が20年前殺害された事件の再調査を依頼される。
村出身の歌手・別所千恵(仁科明子、現・亜希子)が帰郷した日の夕刻、金田一は調査のため総社の町へ赴く途中、仙人峠で老婆とすれ違う。ここから手毬唄にまつわる連続殺人事件の幕が切って落とされる…。

この映画は私がリアルタイムで見た最初の金田一シリーズ作品、と言うより、怪獣とアニメ以外で初めてスクリーンで見た一般映画でした。金田一が老婆とすれ違うシーンで戦慄が走ったことは今でも覚えています。そういうこともあって非常に印象深いのですが、公平に見てもシリーズ中一番の傑作はたぶんこれでしょう。

原作は言うまでもなく「本格探偵小説」なので、一見怪奇な謎が緻密な推理で解明されることに醍醐味があります。ただ映画でこれをそのままやると謎解き部分のぐだぐだ感がどうしようもなく、しまりのない結末になってしまう恐れがあります。しかしこの作品では、リカに寄せる磯川警部の想いというサイドストーリーの存在がそれを救っています。つまり事件は解決しても悲劇は終わらない(皮肉にも解決することが磯川警部にとっての悲劇となってしまう)というドラマ性が生きているので、この作品を奥深いものにしているのです。
また、原作では真夏に設定されていた季節を冬に変えたのは成功で(単に撮影時期の都合でしょうが)、冬枯れの寒村、どんよりと曇った冬空、暗く濁った沼と言った風景描写がこの作品を情感豊かなものにしています。このシリーズでは「犬神家」が秋、「手毬唄」が冬、そして「獄門島」が夏…と作品ごとに季節感が上手く生かされています。「犬神家」の時はまだぎこちなく感じた独特のカット割りや殺人シーンの間を笑いで繋ぐ手法なんかもかなり手馴れてきています。ただ岸恵子はミスキャスト。リカにはもっと翳りがあるべきなのですが、岸恵子の場合どうしても華やかさが出てしまうのが致命的です。
temariuta01.jpg
temariuta31.jpg
temariuta21.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川崑 横溝正史 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR