天国と地獄

tengokutojigokuop.jpg
サスペンス映画の傑作(1963年・黒沢プロ&東宝・黒澤明監督)

物語。横浜の高台に豪邸を構える製靴メーカーの常務・権藤(三船敏郎)は、密かに会社の株を買占め経営権掌握の工作を行っていた。
そんな最中、1人息子の純(江木俊夫@のちのフォーリーブス)を誘拐した、身代金3000万用意しろ、という脅迫電話がかかる。うろたえる権藤と妻・玲子(香川京子)。だが純は家にいた。犯人は運転手の息子を間違えてさらったのだ。しかし犯人は運転手の息子でもかまわない、身代金を払え、と言う。苦悩の末権藤はその要求に応じることにする。
犯人は、札束を詰めた鞄を持って特急第二こだまに乗車するよう権藤に命じる。洗面所の通風窓が7センチ開くはずだと言うのだ…。

映画は前半、権藤邸内部でのやりとりが長々続き、やがてそこから一転、いきなり疾走する特急こだまへと舞台が移ります。
この映画はリバイバル上映時に映画館で見たし、テレビやビデオでも何度も見ているにもかかわらず、この静から動への鮮やかな転換にいつもはっとさせられます。映画の何たるかを知り尽くした黒澤監督らしい見事な演出です。

後半では仲代達矢扮する警部を中心に、警察による地道な犯人捜索の模様が細かに描かれていきます。
川辺を歩く刑事たちの姿が画面から切れていくと、今度は向こう岸を歩いてくる犯人・山崎努が現れ、途中からは観客に犯人が明かされた上で刑事たちがその姿に徐々に迫っていくという倒叙的な手法がとられます。

盛り場のむせ返るような熱気は「生きる」を、暗闇に咲く花は「姿三四郎」を、そして犯人逮捕の場面で流れる明るい音楽やラストシーンの慟哭は「野良犬」を彷彿させるほか、往年の黒澤映画の主役・藤田進と志村喬が贅沢にもチョイ役で出演するなど、黒澤映画の集大成的な側面も見られます。

ちなみに駆け出し刑事役の木村功はこの当時40歳のベテランで既に名優の地位を築いていたにもかかわらず、黒澤の頭の中ではいつまでたっても若僧のままだったのか、「七人の侍」(1954年)の若侍の頃から一向に成長させてもらえていないのが可笑しいです。
tengokutojigoku01.jpg
tengokutojigoku02.jpg
tengokutojigoku03.jpg
tengokutojigoku04.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 三船敏郎 黒澤明 仲代達矢 東宝
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR