病院坂の首縊りの家

byoinzakaop.jpg
石坂浩二主演の金田一耕助シリーズ第5作目にして最終作(1979年・東宝・市川崑監督)。

物語。昭和26年初冬。
渡米の挨拶のため旧知の老推理作家(横溝正史@本人)を訪ねた金田一は、その足でパスポート用の写真を撮りに本條写真館を訪れる。そこで金田一は、主人の徳兵衛(小沢栄太郎)から、先日殺されかけたので調査してくれと依頼される。
その晩、徳兵衛の息子・直吉(清水紘治)と助手の黙太郎(草刈正雄)は謎めいた美しい娘(桜田淳子)から、病院坂の法眼家の空き屋敷で婚礼写真を撮影して欲しいという注文を受ける。
数日後、再び同じ場所で「風鈴」の撮影をして欲しいと依頼され法眼家の屋敷を訪れた徳兵衛親子、黙太郎、そして金田一は、そこでシャンデリアの鎖に吊るされた無残な生首を発見する…。

原作小説を読んでもイマイチよく呑み込めない、横溝作品の中の錯綜する人間関係。まして読み返しの効かない映像となれば尚更。特にこの作品ではそれが顕著です。東宝も気が咎めたのか、公開時の劇場パンフには系図が掲載されていました。でも、そんなもん、上映中にいちいち見ちゃいられませんわね。

前作「女王蜂」から1年余の間を置いて公開された、シリーズ最終作。
この映画は過去の4作とは、かなり趣きを異にしています。
まず、あの独特の明朝体によるキャストロールがありません。出演者の順番も佐久間良子が最初で、金田一・石坂浩二の名前は最後に紹介されます。
物語の舞台が田舎から都会に移っています(原作は東京が舞台ですが、映画では「吉野市」と言う地方都市を設定しています)。
金田一の影は薄く、従って推理物としての要素はシリーズの中で最も薄いです。
その分、入江たか子、佐久間良子、萩尾みどり、桜田淳子と四代?にわたる女性の、運命に翻弄される哀しい姿を今まで以上にたっぶり描くことの方に主眼がおかれています。

本格ミステリーとしての醍醐味を犠牲にしても動機の解明に重き置いた点で、前作「女王蜂」で極まったストーリーのグダグダ感はかなり払拭されていますが…、それにしても2時間半は長過ぎ。やはり「獄門島」で止めておくのが、ベターでしたね。

シリーズ犯人役女優が総出演した「女王蜂」に対して、本作にはあおい輝彦、小沢栄太郎、ピーター、岡本信人らシリーズの男優陣が再出演。
桜田淳子は難しい二役を演じたことで、当時この作品で女優開眼と評価されたような記憶がありますが、残念ながらその後大成することなく宗教に走ってしまいました。。
常連の小林昭二はシリーズ中、最も出番が少なく台詞が少なかったにもかかわらず、最も印象に残る役を好演しています。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 横溝正史 市川崑 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR