座頭市物語

zatoichi01op.jpg
勝新太郎主演の座頭市シリーズ第1作(1962年・大映・三隅研次監督)

物語。下総のやくざ・飯岡の助五郎(柳永二郎)の許へ草鞋を脱いだ風変わりな座頭・市は、盲目のやくざで居合い抜きの達人。
或る日、溜池に釣りに行った市はそこで労咳(結核)病みの浪人・平手造酒(天知茂)と知り合い、意気投合した2人は酒を酌み交わす。平手は助五郎と対立する笹川の繁蔵(島田竜三)に雇われた用心棒だった。
互いに心惹かれ合う市と平手。しかし運命に導かれるようにして、やがて対決の時を迎える…。

「勝新=座頭市」の長~い付き合いの始まりとなった作品。
この第1作では、後の「勝新ワンマンショー」的な超人ではない、綿密に練られた脚本・演出の上に人間くさい座頭市の姿が描かれています。曲芸のようにやたらと居合いを振り回すこともなく、見せるのは要所だけで斬るのも3人と控えめ。
サイコロ博打のイカサマや蝋燭斬りなど、後にシリーズで見慣れるシーンは出てきますが、それも「たかがメクラ」と侮る世間への強烈な反骨精神の表れ。
また、そうした市の生き様を見抜き、己れの死生観と対置させる平手造酒も単なる凄腕のライバルではなく、真にわかりあえる心の友として描かれています。
従ってその平手を最後に斬らねばならぬ市の辛さ、悲しみが切々と伝わってきます。
もし「座頭市」が安易にシリーズ化されることなくこの1作かせえぜえ2作で終わってたら「用心棒」「椿三十郎」の三船と仲代のように語り継がれたかもしれません。尤も、そしたら勝新の人生も随分変わっていたでしょうが。

天知先生は新東宝倒産後、初の大映出演作品。血を吐きながら斬りまくり「座頭市・・・待っていたぞ・・・」とニヤリと笑い、「つまらぬ奴の手にかかるより貴公に斬られて死にたかった…」と息絶えるニヒルな死に様のかっこよさは絶品。
柳永二郎の飯岡の親分もステレオタイプな悪党ではなく、一筋縄ではいかない肉の分厚いキャラを好演しています。
zatoichi0101.jpg
zatoichi0102.jpg
zatoichi0103.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 勝新太郎 天知茂 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR