大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス

gamera03op.jpg
昭和ガメラの第3作目(1967年・大映・湯浅憲明監督)

物語。富士山が噴火し、溶岩に惹かれてガメラが現れる。
高速道路建設工事の主任・堤(本郷功次郎)は工事への影響を懸念する。工事は立ち退き料の吊り上げを狙う地主たちの抵抗でただでさえ遅れがちだった。
やがて山中から謎の怪光線が目撃され、調査団のヘリも真っ二つにされる。村長(上田吉二郎)の孫の英一は記者を案内して山に入るが、コウモリの化け物のような怪獣が出現し記者は食べられてしまう。英一もピンチに陥るが、ガメラが現れ脱出。英一はガメラの背中に乗せて貰う。
怪獣は「ギャオ~って鳴くから」(by英一)という安直な理由でギャオスと命名される。また動物学の権威・青木博士(北原義郎)はもっともらしい顔で「ギャオスは強いて言えば『怪獣類』でしょう」とわかりきった見識を披露する。
自衛隊機はギャオスの超音波メスで悉く撃墜されてしまう。やがてギャオスは名古屋に飛来。そこへガメラも現れ中日球場(のちのナゴヤ球場)上空で大空中戦が繰り広げられるが、夜行性のギャオスは日の出とともに逃げ帰る。
対策本部は英一の発案でギャオスをグルグル回してめまいを起こさせ夜明けまで釘付けする作戦を敢行するが失敗。更に英一の言葉をヒントに村長は山火事を起こしてガメラを呼び寄せる計画を提案。その目論み通りガメラがやって来てギャオスと再び対戦。ガメラはギャオスを富士の火口に引きずり込んで勝利した。
ありがとうガメラ~!

昭和ガメラの中で最も人気のある怪獣ギャオスが登場。
超音波メスで何でも真っ二つに切ってしまい、黄色い眼に赤い目ん玉、鋭角的な風貌が恐ろしくもカッコよく、私も子供の頃はゴジラ、ガメラに次いでたくさんお絵描きしたものです(笑)
特にガメラとの大空中戦は圧巻で、これはゴジラ物には真似できなかった芸当(後にゴジラも「対ヘドラ」で飛んでみせ、そのカッコ悪さで当時のちびっ子たちをすら唖然とさせましたが)。日の出とともに赤く光り出すギャオスの頭頂部、その足を咥えて離さぬガメラの攻防戦は手に汗握ります。
ちなみにギャオスは平成ガメラにも登場しましたが、魔法使いのお婆さんのようにくしゃっと潰れたブサイクな顔になってしまいガッカリ。ああいうのはギャオスと認めません!

それはともかく、昭和ガメラは本作から子供向けになったと言われることが多いですが、私個人はその過渡期の作品と考えています。確かにガキがしゃしゃり出てきてウザイのですが、あくまで主役ではなく狂言回しの役割。映画そのものはさほど子供に媚びた作りにはなっていないと思います。
また、この映画では高度成長の社会情勢のもと、道路建設公団=善、立ち退きを拒む地主=悪という構図になっている点が時代を感じさせます。環境問題を背景に、今なら逆の描かれ方になるでしょうね。

大映特撮には東宝の佐原健二、平田昭彦のような常連役者が少ないですが、強いて言えば佐原的なポジションが本郷功次郎で、博士役に該当するのは北原義郎か(平田博士に比べるとかなりトンチンカンですが)。「ブヒヒヒ」と言う感じの喋り方が特徴的な上田吉二郎も印象深いです。
gameravsgyaos0101.jpggameravsgyaos0102.jpg
gameravsgyaos0103.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: ガメラ 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR