妖怪百物語

yokaiop.jpg
「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の併映作(1968年・大映・安田公義監督)

物語。但馬屋利右衛門(神田隆)は寺社奉行の堀田豊前守(五味龍太郎)と結託して長屋を取り壊し、岡場所を作ろうと目論む。その余興に備前守らを招き噺家(八代目林家正蔵、後の彦六)の百物語の会を催す。百物語の終りには必ず憑き物落しのまじないを行う作法になっていたが、利右衛門はまじないを施さず、客たちに土産の小判を渡して帰してしまう。すると帰途についた客たちはおいてけ堀の不気味な声に脅されて、小判をすべて堀の中に吸い込まれてしまった…。

所謂大映の「妖怪三部作」の第1作目。悪人たちが妖怪たちに祟られ取り殺されるという話ですが、さほど怖くはありません。但馬屋の少し頭の弱い息子・新吉(ルーキー新一)が描いた傘のお化けが動き出して来て(アニメーションの合成&操演)、新吉と戯れる描写などユーモラスな面も強いです。
併映の「ガメラ対バイラス」が大幅に予算を削られチープな作りになっているのに比べると、こちらはさすが時代劇作りの伝統ある京都撮影所の製作だけあって、美術や特撮はきちんと造られています。
妖怪たちの造形も今から見れば他愛もありませんが、CGでは表せない手作りの温かみが感じられます。
yokai0106.jpg
yokai0102.jpg
yokai0101.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR