雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

四谷怪談

「善人」の民谷伊右衛門(1959年・大映・三隅研次監督)

物語。無役の小普請組・民谷伊右衛門(長谷川一夫)は傘張りで生計を立て釣りで憂さを晴らす毎日。或る日、酔っ払いの侍にからまれていた大身の旗本伊藤家の娘・お梅(浦路洋子)を救う。
伊右衛門と一緒になりたいとせがむお梅のため父・喜兵衛(嵐三右衛門)は、伊右衛門の悪友・秋山(須賀不二男)、関口(杉山昌三九)と結託。伊右衛門の妻・岩(中田康子)と民谷家の小者・小平(鶴見丈二)の密通をでっちあげ、離縁させることを思いつく。
さらに秋山の中間・直助(高松英郎)が伊右衛門からの薬と偽って毒薬を岩に届ける。それを飲んだ岩の顔は醜く変色していく・・・。

普通「四谷怪談」と言えば、色と欲に目がくらんだ民谷伊右衛門が古女房のお岩に毒を盛って殺害、亡霊となって現れたお岩の姿に祟られ…というのが定番。
しかし演じるのが天下の二枚目大スターの長谷川一夫御大とくれば、悪人にするわけにはいかなかったのか、この映画での伊右衛門は基本的にいい人。
悪いのは周りの奴等で、伊右衛門の知らないところでお岩に罠をかけ殺害。真相を知った伊右衛門が「岩の怨み!」とか言いながら悪人どもを成敗するというお話。
お岩の顔のメイクもさほど怖いはないし、ラストシーンでは、息絶えた?伊右衛門の体の上にお岩の着物がそっとかぶさって、悲しいながらも純愛を貫くハッピーエンド(?)。
いや、こういう四谷怪談もアリなのか…と呆れるやら感心するやらの不思議な作品です。同じ年に新東宝でも天知茂主演の「東海道四谷怪談」(中川信夫監督)が作られ、当時興行的には長谷川御大を擁する大映の圧勝だったようですが、半世紀経った今日、名作の誉れ高いのは天知版の方…というのもうなづけます
お岩を演じた中田康子が大映・永田社長の愛人だったのは有名な話ですが、伊右衛門に尽くし尽くす一方ダンナの脱いだ着物に付いた他の女の残り香に嫉妬で震えるシーンなどを見ていると、実生活でもこうだったのかなと想像させたりして。それにしても長谷川御大のチャンバラシーン、まるでスローモーションで見るようなゆったりしたリズムですねえ。。。


関連タグ: 長谷川一夫 大映

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。