座頭市と用心棒

zatoichi20op.jpg
時代劇版「ガメラ対ゴジラ」、或いは「ジャイアント馬場対アントニオ猪木」(1970年・勝プロ・岡本喜八監督)

物語。血で血を洗うやくざ旅に飽きた市は三年前訪れたことのある平和な里にやってくる。しかし里のまとめ役だった兵六(嵐寛寿郎)は落ちぶれ今では小仏の政五郎(米倉斉加年)というやくざに支配されて荒み切っており、優しい娘だった梅乃(若尾文子)も金で身を売る女になっていた。
座頭市が来たことを知った政五郎は、用心棒の浪人(三船敏郎)に百両で市殺しを頼む。政五郎は父親で対立する烏帽子屋弥助(滝沢修)が密かに隠し持っているという金を狙っていた。
更にそこへ烏帽子屋の末息子で金座の養子になっている三右衛門(細川俊之)、その用心棒で正体は幕府隠密の九頭竜(岸田森)らも現れ、やがて欲に取り憑かれた金の亡者どもの殺し合いが始まる…

この映画の音楽は「ゴジラ」でお馴染み、「座頭市」シリーズも大半を手がけている伊福部昭です。
でもこの映画じゃ控えめ、劇中でさっぱり目立たちません。なんとも中途半端で画面に合っていないというか、いつもはあれほど印象的な伊福部サウンドなのにねえ。。。と巨匠伊福部昭を以ってしても時代劇界の二大怪獣、座頭市と用心棒の競演につけるテーマ曲はなかったのかと、妙に納得してしまいました。
尤もこの映画での三船は「用心棒」と言っても「三十郎」ではなく、かなり嫌味でねちっこい性格。女にメソメソして情けないし、からっとして豪快だった三十郎をイメージしていると裏切られます。
一方座頭市はいつもの座頭市ですが、この頃の勝新はあまりにも太り過ぎ。当然殺陣にキレもなく、ただのコミカルなデブ。
物語は当然この2人を主軸に展開するのですが、顔をあわせれば「バケモノ」「ケダモノ」と罵り合っていて、少しは信頼しているのかそれとも嫌い抜いているのか要領を得ない関係がだらだら続くのは見ていて辛いです。
勝新、三船に加えて若尾文子、滝沢修、嵐寛寿郎らのビッグネーム、米倉斉加年、岸田森、細川俊之、神山繁、寺田農、草野大悟ら個性派が大挙出演。
と、キャスティングは大変賑やかですが、ストーリーの方はやはり登場人物が多過ぎたせいかごちゃごちゃとまとまりない感じ。
特に若尾文子と滝沢修はミスキャスト。若尾はどう見てもクールな悪女なのに描かれ方は薄幸なヒロインだし、滝沢修も上手いんですけど最後が新劇調の誇張された芝居になってしまうところが痛い。
唯一の儲け役は顔色の悪い殺し屋を演じた岸田森だけか。
いろいろ不満を言い出すとキリがありませんが、とは言え、「ガメラ対ゴジラ」や「ジャイアント馬場対アントニオ猪木」のように実現不可能で終わってしまうカードが数ある中では、まさかまさかの夢の顔合わせ。この映画の意義はそれだけで十分なのでしょう。
zatoichi2001.jpg
zatoichi2002.jpg
zatoichi2003.jpg
zatoichi2004.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 勝新太郎 三船敏郎
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR