刑務所破り

タイトルは「むしょやぶり」と読みます(1969年・大映・池広一夫監督)

物語。昭和の初め、九州戸畑。古田誠(松方弘樹)は父親を殺され、更にその仇を討とうとして納屋組(山本麟一)に追い詰められた急場を常太郎(田村高廣)に救われ大阪の大原組に草鞋を脱ぐ。
大原組は対立する天王寺組に縄張りを荒らされ、いきり立つ常太郎を老親分(北龍二)が抑えていた。やくざを嫌う親分の娘・香織(藤村志保)は父親の身を案じる。そんなさ中に常太郎が召集令状を受け、誠に大原組の後事を託す。
このまま軍隊入りして兵隊やくざになるのかと思われた常太郎こと田村高廣だったが(違)出征祝いの晩、天王寺組が殴りこみを計画していることを知った誠が単身天王寺組に乗り込む。誠を追って駆けつけた常太郎は天王寺組の組長と相打ちで果て、誠は刑務所行きになる。
九州から乗り込んできた納屋が天王寺組を取り仕切り大原組の親分の命を狙う一方、刑務所の誠にも殺し屋(五味龍太郎)をさし向ける…

松方弘樹の仁侠映画初主演作。
東映の松方が何で大映に出ているのかと言うと、当時市川雷蔵の病気療養の穴埋めで大映に移籍、これが第2作目でした。結局雷蔵さんは帰らぬ人となってしまい「眠狂四郎」「若親分」「忍びの者」などのシリーズ物を引き継ぎますが、松方に雷蔵さんの代わりが務まるはずもなかったのか大映はあえなく倒産、松方は2年足らずで東映に出戻りしています。
それはともかくとして、任侠物好きじゃないし松方も苦手なので、専ら藤村志保さんだけを目当てに我慢して見たのですが、この映画での松方は後年のアクの強さはまだなく、比較的物静かで淡々とした芝居していました。ただその分線が細く主役としちゃキャラが立っていない感じ。それまで他社(東映)で5番手か6番手だったものを連れてきていきなり看板に据えても貫禄不足は否めません。松方同様東映の悪役だった山本麟一が出ているのも大映カラーを薄めていますね。
またこの映画じゃやたらと血がドバドバ飛びます。やくざ映画だから当然といえば当然ですが雷蔵さんの「若親分」の時はそうでもなかった気がするので、この辺は主演者の個性の違いによるものでしょうか。

藤村志保さんは昔気質の老親分の娘の役ということで、「若親分」シリーズの時にも似たような役がありました。任侠物のヒロインというといつも同じ役になってしまいますね。ただこの映画ではか弱きヒロインでなくて、ややしっかりもののお姉さん的になっているのは年下の松方が相手だったからか。
田村高廣は松方の兄貴分のやくざの役。ドスを効かせた野太い声で凄んでいるのには笑ってしまいました。繊細なインテリからやくざまで結構役の幅が広い役者さんでした。
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 藤村志保 松方弘樹 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR