若親分乗り込む

市川雷蔵主演の任侠物「若親分」シリーズ第4作(1966年・大映・井上昭監督)。

物語。南条組二代目の武(市川雷蔵)は亡父の友人・磯田組の親分(荒木忍)を尋ねるが、親分は憲兵の拷問で殺されてしまう。更に親分の娘・柳子(藤村志保)から、柳子の弟が危険思想の持ち主として拷問され殺されていたことを聞かされる。真相を探るため磯田組に留まった武を憲兵隊が呼び出し、町を去るよう脅迫。一方、新興やくざの郷田組(北城寿太郎)は刺客として三次郎(本郷功次郎)を差し向ける…。

若親分を慕うやくざの娘に藤村志保!
若親分を狙う青年やくざに本郷功次郎!
その恋人には松尾嘉代!
…と言うキャスティングだけ見ると面白そうだった…いや確かに途中までは面白かったのですが、終盤メタメタで目も当てられませんでした。

まず、昔気質の老親分が殺され、若親分こと南条武がその裏を探ってみると新興やくざと結託して利権を漁る陸軍憲兵隊の不正が発覚、というのは、お決まりなストーリー。
一方、新興やくざの幹部の1人である三次郎・本郷功次郎は若いながらも一途で昔気質のやくざなので(ちなみにこのシリーズ、「昔気質」なら即「いい人」ってことになってます)組のあこぎなやり方には内心不満を持っています。しかも組の幹部が武を憲兵隊の力を借りて始末しようとしているのに反発。だったら自分がと、恋人のおみね・松尾嘉代が止めるのも振り切り、1人で若親分に対決を挑みます。しかし若親分にあっさり殴り倒され、更に組の幹部たちからリンチを受けていたところを若親分に助けられます。
三次郎は若親分の忠告で足を洗っておみねと故郷へ帰ることにしますが、裏切った三次郎に組から刺客が放たれます。ここで面白いのは、小雨の降る中を番傘を差した本郷と松尾嘉代が歩いていると、そこへ刺客が体当たりして来て…というシーンを上からの俯瞰図で撮っていること。同じ大映の「続・悪名」(1961年)でモートルの貞こと田宮二郎が刺殺された有名なシーンそっくりです。ただしこの映画での本郷は死ぬことなく、懐のドスで返り討ちします。
さて話は終盤にさしかかり、若親分は新興やくざどもをバッタバッタと斬り倒します。しかしまだ黒幕の憲兵隊が残っているのでこの元凶を倒さないと終わらないのですが…肝心のここからの展開がいただけません。
若親分はたまたま再会した旧友の竹村少佐(戸田皓久)に借りた軍服着こんで、海軍少佐と称して憲兵隊に乗り込み、東京から来ていた特別査察官の吉村少将(三島雅夫)に憲兵隊の不正を訴えます。しかし憲兵隊によってニセ海軍士官であることを暴露されてしまいます。若親分窮地に…と思いきや、この吉村少将が何故か妙に物分りが良くて、ニセ海軍のやくざ者の言い分を(竹村少佐の助言もあったとは言え)聞き入れて、憲兵隊の首魁どもはあっさり御用に。かくして、めでたしめでたし…というご都合主義の典型みたいな結末。
このシリーズでは雷蔵さんが海軍上がりの清く正しい渡世人、おまけに終盤では颯爽と海軍の軍服姿も見られるという、一粒で二度美味しいみたいな展開がウリ。しかし今回のように、本来はアウトローであるべきやくざがお上の権威を借りて事を解決するのはやり過ぎで、とたんに話がつまらなくなります。
若親分がもろ肌脱いで背中の彫り物を見せるシーン。やくざ映画ならではの見せ場ですが、雷蔵さんは撫で肩のせいか裸になった上半身が妙にしょぼんとして見えるので、イマイチ様にならないんですよねえ。。
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 市川雷蔵 藤村志保 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR