からっ風野郎

karakkazeop.jpg

"映画俳優"三島由紀夫のデビュー主演作品!(1960年・大映・増村保造監督)

物語。対立する相良組の親分(根上淳)の足を刺して服役していた朝比奈一家二代目の武夫(三島由紀夫)は、出所予定の当日、相良組の雇った殺し屋に狙われる。ビビッた武夫は所長(三津田健)に頼み込み、出迎えに来ていた叔父貴の平山(志村喬)や兄弟分の愛川(船越英二)もまいてこっそり刑務所を出所。やがて朝比奈一家のシマにある映画館に身を潜めた武夫はモギリ嬢の芳江(若尾文子)と出会う…

作家の三島由紀夫が臆病で弱虫のチンピラヤクザを演じた、「俳優」としてのデビュー作。
「動いて喋っている」三島は映画「人斬り」(1969年)を始め既に何度も見ているのですが、これを見るのは初めて。
「人斬り」での演技がかなり大根だったので、これも相当なキワモノかと思いきや、予想外に三島は健闘していました。

勿論お世辞にも上手とは言えませんが(特に動きのあるシーンはかなりぎこちない)、不器用なりに役になりきろうとして一生懸命演じているのが伝わります。「だらしないヤクザ」というキャラクターも意外にはまっていたし、ど素人でこれだけやってくれれば十分でしょう。少なくともどこぞのアイドルタレントよりはずっと様になっているし、途中「三島」ということは忘れて見ていました。

とは言え、節々で三島の「存在感」を強烈にアピールしていることも事実。
例えば手を怪我しただけなのに何故かパンツ一丁になっていてその肉体美を誇示するシーンがあったり、船越英二が大卒の法学士の役なのに、実際に東大法学部卒の三島が小卒の設定だったりするのは笑わせます(ちなみに三島って、確かに引き締まったいい体をしているのですが、所謂ムキムキのマッチョマンをイメージしていると裏切られます。体格が小柄だし、何だかショボンとした感じに見えてしまうのです)。

映画の内容的にはゴダールの「勝手にしやがれ」を髣髴させるようなチンピラヤクザの場当たり的な生き様と情けない死に方を描いていてなかなか面白く、松竹ヌーベルバークよりこっちの方がよっぽど本家の作風に近かったんではないかという気もします。

出演俳優陣では、文学座の三津田健と神山繁が出演しているのは、当時文学座の座付き作者でもあった三島のためのサポート体制だったのでしょうか。
それにしても、三島と親交のあった若尾や大映専属の俳優はまだしも、あの「七人の侍」の名優・志村喬と三島が同じ画面に映って共演しているというのはかなりシュール。異星人との遭遇に近い感じがします(そう言えば志村さんって、「ゴジラ」や「稲尾投手」とも共演してるんだよなあ。。)
karakkaze01.jpg
karakkaze02.jpg
karakkaze04.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 三島由紀夫 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR