世界大戦争

全面核戦争が勃発して世界全人類が滅亡してしまうと言う、全くどこにも救いの無い話(1961年・東宝・松林宗恵監督)

物語。東京プレスクラブに所属する外国人記者ワトキンス(ジェリー伊藤)のお付き運転手・田村茂吉(フランキー堺)は、妻(乙羽信子)と3人の子供と暮らしている。長女の冴子(星由里子)は通信士の高野(宝田明)との結婚が決まり、ささやかな幸せに包まれていた。しかし世界を二分する同盟国と連邦国とは一発触発の冷戦状態にあり、やがて日本国総理大臣(山村聡)らの平和の努力も空しく、全面戦争へと突入。連邦国側である日本も攻撃対象となり、東京に向けて核ミサイルが発射される…

この映画、正直言ってちと退屈でした。
何がいけないのかと言うと、専ら「軍事」の描写のみに終始し、庶民を戦争の破滅に追いやるプロセス、つまり「政治」が全く描かれていないからです。
現実に戦争を起こすのは単なる即物的な軍事ではなく、愚かな為政者、大国同士のエゴの張り合いなどの「政治」です。
ところがこの映画では、そこに行きつく過程が全く描かれていません。
映画の公開当時は米ソ冷戦の真っ只中で、翌年には現実にキューバ危機も勃発していたような時代ですから、「言わずもがな」のことだったのかもしれません。
でも1個の作品としてその辺の描写がないとかなりドラマ性が弱いです。

しかも、国際政治は全く出てこないのに日本の政治家だけは登場し、至極お上品で善良で誠実で、ひたすら戦争回避に努力するという理想化された絵空事に描かれている点が話を甚だ嘘臭くしています。
政治家を奇麗事で描くのは、東宝の伝統カラーなんですかね?この後の「日本沈没」や「'84ゴジラ」でもそうだったんですが、いつも見ていて白々しい気分にさせられます。

一方で、戦争がまだ対岸の火事の時は株の投資で儲けようとしていたフランキー堺扮するしたたかな庶民の姿はかなりリアルで、さもありなんと思わさせられます。
また、「最後の晩餐」でお稲荷さんや海苔巻きをご馳走と言って喜んで食べている子供たちの姿には、胸を打たれます。
今の時代、家族が団欒を囲んでお稲荷さんや海苔巻きを美味しいと思えることがあるだろうか…?と考えると、疑問です。そういう「人の温かみ」が滅びてしまったことの方が、或る意味じゃ核戦争よりよっぽど怖いことかもしれません。。。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 東宝
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR