君よ憤怒の河を渉れ

kimiyofundoiop.jpg
逃亡者・健さん(1976年・永田プロ&大映・佐藤純弥監督)

物語。現職検事の杜丘(高倉健)は身に覚えのない強盗・強姦の罪で訴えられる。隙を見て逃亡した杜丘は自分を強盗犯だと証言した女(伊佐山ひろ子)を探しに能登へ飛ぶ。だが女は既に殺されていた。殺人の罪まで着せられた杜丘は、警察から逃れながらも事件の鍵を握る男(田中邦衛)を追い続ける…

「新幹線大爆破」(1975年)に続く、佐藤純弥&高倉健コンビの作品。これもいろんな意味で(?)負けず劣らず傑作です。

冒頭、いきなり伊佐山ひろ子と田中邦衛から強盗犯として指差される健さん。上司の検事正(池部良)や捜査一課の警部(原田芳雄)は健さんを全く信用せず、家宅捜索の結果、証拠品が発見され容疑は決定的に。そこで隙を見た健さん、マンションのトイレの窓から逃亡。東京、能登、北海道、そしてまた東京。行く先々で、何故か彼を指名手配犯と知りながら庇ってくれる善意の人々の助けを受け、警察の捜査の手をかいくぐりながら日本列島を縦断、遂に核心に迫ります。
事件の背後には、健さんが担当していた代議士(神田隆)の謎の死亡事件に絡む政界の黒幕(西村晃)の陰謀が渦巻いていたのでした。
…と、まるでヒッチコック張りのスリルとサスペンスで、最初から息をもつかせません。

一方で、ご都合主義的な展開もてんこもり。
山中を逃亡中、熊に襲われていたお金持ちの令嬢(中野良子)を助けた健さんは、令嬢の手引きで逃走。しかし、あとをつけて来た原田芳雄に逮捕されてしまい、あわや一巻の終わり…と思いきや、またしても熊が現れ(!)原田を襲い、辛くもピンチを逃れる健さん(この熊がいかにも着ぐるみ然としていてチープです)。
かと思えば、一度も飛行機を操縦したことがなかったのに(!)セスナで北海道から東京までの大飛行を敢行する健さん。
そして極めつけにド肝を抜かれるのは、健さんを救いに来た令嬢がなんと、新宿の街中で馬の大群を暴走させるという荒業!(慣れないアスファルトの上なんか走らせるもんだから、可哀想に馬が転倒しています)。
いやはや、もう無茶苦茶やってるなという感じですが、しかしこのぐらい荒唐無稽じゃないとこの手の話は面白くありませんね。
ただ終盤にきて急激に失速し、陰謀の正体もかなりショボくてつまらないのは残念。
明らかに「第三の男」を模したと思える音楽が、全く話の雰囲気に合っていないのも笑えます。
ちなみにこの映画、日本じゃさほど知られていませんが、中国では「全人口の8割が見た」と言われるほど何故か大ヒットし、健さんと中野良子は中国で最も有名な日本人なのだとか。
出演者は他に大滝秀治、岡田英次、内藤武敏、倍賞美津子、大和田伸也ら。
kimiyofundoi01.jpg
kimiyofundoi02.jpg
kimiyofundoi03.jpg
kimiyofundoi04.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 大映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR