仮面ライダー 第3話

第3話「怪人さそり男」
rider0301.jpg
ショッカー秘密基地で新たな改造人間・さそり男が製造されました。ちなみに改造人間製造技術の源流はナチスの研究した移植手術だそうです。戦後26年、ナチスネタってのも、まだこの頃は定番ですな。
基地で強制労働を強いられていた人々がさそり男の実験に使われて殺されます。ただ一人、伊藤老人(美川陽一郎)が基地を脱出しますが、実は本郷猛(藤岡弘)をおびき寄せるためのエサでした。
rider0302.jpg
その頃、本郷は立花藤兵衛(小林昭二)を相手にライダーの能力テストを行っていました。その映写を見ながらあれこれ話し合う2人。そこへルリ子(真樹千恵子)がラジオを持って入って来て、長浜で起きた奇妙な漂流死体消失事件のニュースを教えます。
rider0303.jpg
ショッカーの影を感じた本郷は、同行したがるルリ子を残して長浜へ向かいます。交番に立ち寄ると、入れ替わりでさっきの老人が救急車で連れ去られます。実はその救急車はショッカーのもので、看護婦に化けていたのも女戦闘員たち。よく見るとけっこう童顔な人もいるのが笑えます。
ライダーに変身した本郷は伊藤老人をショッカーから奪います。
本郷が老人を保護した館山シーサイドホテルへルリ子と本郷の親友・早瀬五郎(渚健二)が応援に駆けつけます。
rider0304.jpg
しかし本郷が女戦闘員の網タイツ姿に気を取られている隙に…いや、戦闘員と戦っている隙に伊藤老人は人食いさそりの餌食となり、ルリ子は連れ去られてしまいます。
本郷と早瀬はショッカーを追い秘密基地に潜入。しかし早瀬の正体はさそり男でした。
ルリ子を連れて基地を脱出した本郷は仮面ライダーに変身。ライダーを取り囲んださそり男と戦闘員はなぜか前転運動。更に組体操。そして砂浜に潜りますが、戦闘員はライダーにモグラ叩きの如く粉砕されます。何がしたかったのかわかりません。最後にライダーは、ライダーシザースでさそり男を倒しました。ここまでの3話は全て決め技が違います。
rider0305.jpg
最後は本郷とルリ子が2人乗りバイクで砂浜を駆け抜ける青春ドラマ風のエンディングです。

親友がショッカーだったと言う設定が生かし切れていない中途半端な内容です。伊藤老人をエサに使ったりルリ子を誘拐して本郷をアジトにおびき寄せるだけなら早瀬が協力者の振りをする必要ないし、しかも本郷を倒すため進んで改造人間になった割にさそり男の戦い方は淡白なもので、殆ど戦闘員に任せっぱなしの挙句あっさり負けてしまいました。方や親友を殺さねばならなかった本郷の葛藤も描かれていないし、最後にナレーションで一言あると思ったらそれもなし。まさか美人の助手(ルリ子)を得たから親友はもうどうでもいいと言うわけじゃなかろうに、せめて最後に2人が笑っていないのが救いです。
スポンサーサイト

にほんブログ村

にほんブログ村

関連タグ: 仮面ライダー

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR