太陽を盗んだ男

taiyoop.jpg
若くて細かった頃のジュリーのヌードもあり(1979年・キティフィルム製作/東宝配給・長谷川和彦監督)

物語。中学の理科教師・城戸誠(沢田研二)は、東海村の原子力発電所に潜り込みプルトニウムを強奪、小型原子爆弾を作り上げる。彼はその原爆を盾に、日本政府へ破天荒な要求を突きつける…。

警察庁長官(北村和夫)に電話をかけたジュリーが「あんたイモだから」と言うシーンで笑ってしまいました。公開当時の映画館内では大爆笑だったんでしょうか?(知らない人は「イモジュリー事件」で検索してみそ)。他にも菅原文太の「日立ビーバールームエアコン」とか、ギャグとパロディが随所にちりばめてあります。

爆弾犯人が警察(政府)に要求…と言うと一見70年代前半に流行ったパニック物めいていますが、我らがジュリーの要求はなんと「ナイター中継の延長」。当時のナイター中継は9時終了延長なしだったんですね。延長どころか地上波での野球中継自体が少なくなってしまった今では、隔世の感ですが。

それはともかく、原爆と言う世界で8つの国家(当時)しか所有していなかった巨大な力を持ったにもかかわらず、ジュリーの犯行には基本的に何の動機も目的もありません。
映画の序盤でジュリーたちの乗った修学旅行のバスがジャックされ、犯人の老人(伊藤雄之助)が「天皇との会見」を要求します。この時、勇猛果敢に犯人を逮捕したのが菅原文太の刑事。
この2人にはそれぞれ命を賭けてもやりたいこと、守りたい信念があったのですが、ジュリーには何もありません。言い換えると生きる目的が何もないこと自体が犯行の動機になっているわけで、この辺は「シラケ世代」と言われた当時の気分を映し出していように見えます。

スケールの大きさ、派手なアクションの一方で人物像の描写などが全くされないためメリハリがなく、波長の合う人はハマるでしょうが、そうでない人には退屈かもしれません。見る人を選びそうな映画です。
出演者はほかに池上季実子、神山繁、佐藤慶、水谷豊、風間杜夫など

taiyio01.jpg

taiyio02.jpg

taiyio03.jpg

taiyio04.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 東宝
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR