柳生一族の陰謀

yagyuichizokunoinboop.jpg
時代劇版「仁義なき戦い」(1978年・東映・深作欣二監督)

物語。将軍秀忠亡き後、三代将軍の座をめぐって長男の家光(松方弘樹)を推す松平伊豆守(高橋悦史)・春日局(中原早苗)と次男の忠長(西郷輝彦)を推す秀忠未亡人崇源院(山田五十鈴)・土井大炒頭(芦田伸介)らが対立。一方、京都の公家達(金子信雄、成田三樹夫、梅津栄)はその対立を煽り、混乱に乗じて王政復古を目論む。家光派の柳生但馬守(萬屋錦之介)は息子の十兵衛(千葉真一)らを使って策謀を張り巡らせる…

まるで勧進帳を読み上げる弁慶の如き大仰な台詞回しの錦之介、やたらと無駄に熱い男・千葉真一、そしてカン高い「おじゃる」言葉で喋る烏丸少将の成田三樹夫…はっきり言って出演者の濃いキャラクターだけでもっているような映画です。肝心のストーリーの方は、だらだらと長いだけで盛り上がりに欠けます。監督が深作だけあって、将軍家の跡目をめぐる抗争をヤクザ映画のノリで描いているわけですが、時代劇という制約があるので弾けっ振りが今ひとつ。しかし退屈しそうになるとタイミングよく錦之介が登場して眠気を吹き飛ばしてくれます。

とにかく、のっけから終始一人だけ別の世界で芝居をしているのが錦之介。序盤の高橋悦史との掛け合いなんて、全く演技が噛み合ってないので笑えます。違和感アリアリなのですが、しかしやがて見ているうちにだんだんと引きずり込まれてしまい、そのオーラに圧倒されてしまうから、あら不思議。「夢だ夢だ、ゆ~め~で~ご~ざ~るぅ~!!」と言うラストまで、まさに夢幻の錦之介ワールドが展開されます。
他にも三船敏郎、丹波哲郎、原田芳雄、夏八木勲ら個性の強烈な面々が続々登場し、得手勝手に大芝居。これは映画の出来云々より、オールスター演技合戦だと思って見た方がいいですね。

矢吹二郎(千葉真一の実弟)、志穂美悦子、真田広之ら当時の千葉ファミリーは勿論出演しています。この頃の真田広之なんて、まだまだあどけない感じです。
ちなみにこの手の時代劇に出てくる真田広之の住む村って、いつも焼き討ちに合っているような既視感があるのですが、、、気のせいでしょうか。
出演者は他に大原麗子、室田日出男、中谷一郎、工藤堅太郎、浅野真弓など。
yagyuichizokunoinbo01.jpg
yagyuichizokunoinbo02.jpg
yagyuichizokunoinbo03.jpg
yagyuichizokunoinbo04.jpg
スポンサーサイト

にほんブログ村

関連タグ: 松方弘樹 三船敏郎 千葉真一 東映
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR