大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

gamera02op.jpg
昭和ガメラの第2作目(1966年・大映・田中重雄監督/湯浅憲明特撮監督)

物語。戦時中、平田一郎(夏木章)がニューギニアで隠したオパールを探しに、小野寺(藤山浩二)、川尻(早川雄三)、そして平田の弟の圭介(本郷功次郎)がニューギニアのジャングルに赴く。だが欲に目の眩んだ小野寺はオパールを独り占めしようと図る。実はそのオパールは、怪獣バルゴンの卵だった。
九死に一生を得た圭介と、ニューギニアの酋長の娘カレン(江波杏子)は災いを食い止めようと日本へ向かう。だが卵から孵ったバルゴンは神戸、大阪を襲う。
バルゴンは背中から虹色の殺人光線を放つ。その光に惹かれてガメラが飛んでくる。ガメラはバルゴンと格闘するが、バルゴンの冷凍光線で動きを止める。
カレンと圭介の提案で実行された「ダイヤモンド作戦」「反射作戦」は悉く失敗。しかし、冷凍の解けたガメラが飛んできて、バルゴンを琵琶湖に引きずり込んで勝利する。その後も飛び回るガメラを尻目に、圭介とカレンは二人だけの世界に浸るのだった。

前作「大怪獣ガメラ」の世界観を引き継ぐ正統な続編。
冒頭、前作のラストでガメラを封じ込めたロケットが妖星ゴラス(違)と衝突して破壊。自由になったガメラは地球へ舞い戻ってきます。ところが肝心の本編では添え物の扱い。すぐさま行方をくらましてしまい、以後の物語にはあんまり絡みません。中盤とラストで取ってつけたようにバルゴンと闘うだけ。事実上バルゴン対人間の話になっています。

欲に目のくらんだ人間が災厄をもたらすというのはSF・怪獣物によくあるパターンですが、とりわけこの映画はハードでダーク。前作でのドラマ部分の薄さを補って余りあるほど、これでもかこれでもかと描写されます。
また、怪獣を自衛隊がただ闇雲に攻撃するのではなく、相手の弱点や習性を利用した緻密な作戦を展開するあたりは東宝怪獣物にあまり見られなかった点。特撮も上々の出来で、東宝にも劣りません。そういう意味ではかなり内容の濃い作品となっています。

ただ個人的には、その割りに何かイマイチ面白味が足りない気がするんですよね。
「ダイヤモンド作戦」や「反射作戦」は常識的で、「ガメラ対ギャオス」における「回転ぐるぐる作戦」のような奇抜さ、突拍子もなさには欠けます。
バルゴンには爬虫類的な生々しさがあって不気味は不気味なんですが、怪獣としては地味なので、この点でもギャオスほど魅力がありません。
と言う訳で、私個人は「対ギャオス」がシリーズ最高傑作だと思っていますが、この作品もよく出来ていることを否定するものではありません。

極悪人・小野寺を演じて強烈な印象を残した藤山浩二は普段の大映作品でも悪役の俳優ですが、他のガメラシリーズでは、「大怪獣ガメラ」の俊夫少年を助けるコンビナート職員、「ガメラ対バイラス」の自衛隊司令官、「ガメラ対ジグラ」に至ってはヘレンちゃんの優しいパパ(しかもガイジン役)と、多彩な役を演じていましたね。
本作と次の「対ギャオス」で博士役を務めた北原義郎は、東宝の平田昭彦博士に比べると劇中であまり活躍していない(素人の発想を追認しているだけの役)ですが、その秀でた額と重々しい口調で存在感を発揮しています。
出演はほかに藤岡琢也、菅井一郎、見明凡太郎、北城寿太郎など。
gameravsbarugon0101.jpg
gameravsbarugon0102.jpg
gameravsbarugon0103.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: ガメラ 大映
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR