太閤記(大河ドラマ)

taikokiop.jpg

今日のNHKアーカイブスで放送された、1965年の大河ドラマ「太閤記」の第42回「本能寺」を観ました。言うまでもなく、先日亡くなった緒形拳さんが豊臣秀吉を演じた、出世作です。
しかし…主役なのに秀吉が殆ど出ていない!
冒頭と最後で、信長が死んだのも知らず暢気に石田三成(石坂浩二)と談笑するシーンに登場するだけ。実際はまるで高橋幸治(信長)特集です^^;

本能寺の回だから当然と言えば当然なんですが、丸々1回分かけて、本能寺の変を実に丁寧に描いてるんです。
何せ、朝起きた信長が悠然と歯を磨き顔を洗うシーンまであって、かなり細かくてリアル。まさに「信長最期の日」を淡々としたドキュメンタリタッチで描いています。
音楽も控えめで、後年のドラマのように役者のヘタクソな演技を大仰なBGMで誤魔化そうなどというセコイ演出はありません。

高橋幸治は、さすがに「黄金の日日」の時よりまだ若くて細くて、精悍な感じですね。しかしあの天性の声の張りはこの頃から変わらず。
ねね役藤村志保さんのお若い頃は、大映映画でたくさん観て知っていますが、このドラマでもやはり清楚で可憐で素敵です。
できれば全編通して観てみたいものですが、映像がこの回しか現存していないとは、残念です。。。
taikoki01.jpg
taikoki02.jpg
taikoki03.jpg
スポンサーサイト


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連タグ: 藤村志保
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
管理人のサイト
土曜日の美女たち
管理者用
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR