雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

座頭市果し状

zatoichi18op.jpg
座頭市の歌が聞えます(1968年・大映・安田公義監督)

物語。秩父にやって来た座頭市(勝新太郎)は医者の順庵(志村喬)と娘のお志津(三木本賀代)の家に世話になる。その頃手配中の強盗一味(小松方正、井上昭文、野川由美子ら)が江戸から逃げてきて松五郎(土方弘)一家に潜伏する。一味の浪人(待田京介)は順庵の息子だった…

シリーズ第18作目。
シリーズもここまで来ると、だいぶ当初とは様変わりしていますね。

勝新太郎が主題歌を歌っています。
五社協定も既に有名無実化していたのか、大映以外の様々な顔ぶれが出演しています。
ストーリーが劇画チックで、かなり殺伐として来ています。

本作の見所は、座頭市と強盗一味&松五郎一家との壮絶な戦い。やや小粒でこれと言った大物はいないものの、待田京介、小松方正、井上昭文ら個性的なキャラでストーリーの薄さを補っています。
鉄砲で撃たれて片腕の使えない市の、力任せに殴りつけるような殺陣が見ものです。

志村喬は、口は悪いが患者思いの「酔いどれ天使」的な医者の役で存在感を発揮。
野川由美子は格から言ってもただの悪女で終わるはずがないと思ったら、案の定最後は改心して市を助ける役。ただ、その改心の仕方があまりにも唐突で、人物描写が杜撰です。
主要キャストの中で三木本賀代は唯一の大映専属。割と好きな女優さんなのですが、イマイチ個性が弱かったのか今まで見た中ではあんまりいい役を貰っていませんでしたが、この作品ではヒロイン格なのは嬉しいです。
zatoichi1801.jpg
zatoichi1802.jpg
zatoichi1803.jpg


関連タグ: 勝新太郎 大映

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。