雅羅倶多館

1960~80年代のテレビドラマや映画を中心にあらすじや感想を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関連タグ:

宿無し犬

田宮二郎×天知茂=コメディ?(1964年・大映・田中徳三監督)

物語。女と拳銃に目のない一匹狼・鴨井大介(田宮二郎)が墓参のため故郷の高松に帰ってみると、墓は大興組に潰されゴルフ場になっていた。
大興組のライバル沼野観光の社長(佐々木孝丸)に雇われた鴨井はラブホテルの副支配人になって女中の柳子(坂本スミ子)とイチャイチャしながら結構楽しく暮らす。
或る日、鴨井が支配人の青井(水島道太郎)の命令で銀行から火事の保険金を受取った帰り道、高松でも出会った美女・麻子(江波杏子)を見掛けて言い寄るが、そこへ風采の上がらない小男(天知茂)が現れて…

田宮二郎主演の痛快アクション「犬」シリーズの第1作目。
シリーズ後半の作品は過去に観たことあるのですが1作目を初めて観ました。後にはカラーになりますが最初は白黒映画だったんですね(さほどヒットを期待されていなかったのか?)。
「昭和のクールガイ」田宮二郎と「永遠のニヒル」天知茂が共演(しかも成田三樹夫まで出てる!)…と聞くと、どんなにすごいハードボイルド映画なんだろうと思ってしまいそうですが、実際はコミカルタッチのアクション物です(尤もこの第1作目ではまだちょっと暗めでシリアスですが)
田宮演じる鴨井大介は、いわば「悪名」シリーズの朝吉と出会わなかった清次。お調子者と言う基本キャラは清次を踏襲していて、なおかつ朝吉のように押さえる者がいないので奔放度がより増している感じです。清次と違う特徴として拳銃の達人ということになっていますが、本作ではラストに撃ち合いがあるぐらいで、まだその軽妙なガンさばきを披露するには至っていません。
鴨井とコンビになるのが天知先生扮する木村準太で、鴨井の行く先々に現れる、ボサボサ頭に無精ひげ、よれよれのコート姿と言う刑事コロンボのようなくたびれた中年刑事。あのダンディな明智小五郎とは思えない二枚目半の役どころですが、そこはどんなにうらぶれていても(?)天知先生だけあって、大人の風格を漂わせているので何気に渋いです。
お話は田宮が、これも田宮に相応しいクールな美女・江波杏子を守って大活躍。派手な撃ち合いの後、この時点ではまだシリーズ化を前提としていなかったせいか最後は潔く天知先生に逮捕され一応きちっとした結末を迎えています。
成田三樹夫はこれがデビュー作だったようですが兄貴分格の非情なやくざの役で、出番は少ないですが最初から怪優たる成田三樹夫の片鱗を見せているのは嬉しい。
水島道太郎は東映とか日活のイメージがあるので大映にも出ていたとは知りませんでした。アンドロイド01こと小林夕岐子のお父さんですが、顔の造りなんかはよくよく見れば似てるかな?
余談ですけど、水島道太郎は晩年芸能界を引退して大島に住んでいたはずで、三原山が大噴火した時テレビのインタビューに答えていたのを見た記憶があります。
ちなみに製作が京都撮影所なので出演者にも須賀不二男、島田竜三、五味龍太郎など時代劇でお馴染みの面々が多いです。


関連タグ: 田宮二郎 天知茂 大映

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。